安全な海外FX業者の見分け方

更新日:

海外FX 初心者講座

海外FXの安全性は?

海外FXにはハイレバレッジやゼロカットなどの魅力的な取引環境が用意されていますが、海外FX業者の『安全性・信頼性』の確認方法が分かりにくいという理由から、海外FXで口座開設することを躊躇していませんか?

大切な資金を海外FX業者の取引口座に預けても大丈夫なのか...といった不安などを抱えたまま諦めてしまっているのでしたらこの記事をぜひ読んでみてください。

ここでは信頼性が高い海外FX業者を安心して選ぶためのポイントを解説していきます。

安全な海外FX業者の見分け方 

金融ライセンスを取得しているか?

必ず金融ライセンスを持っているかを確認しましょう。

どの国においても金融ライセンスを持っている業者は、政府認可のブローカーとして信頼に足る業者として認められているからです。

突然、出金ができなくなった、といったトラブルは金融ライセンスを取得していない業者が引き起こしているので、金融ライセンスを持っている海外FX業者を選びましょう(金融ライセンスを取得していない業者は絶対に避けましょう)。

海外FX業者各社の金融ライセンスの取得情報を下記関連記事内にまとめてあります。

海外FX業者は、日本の金融ライセンスを取得すべきか?

海外FX業者は日本における金融庁からの金融ライセンスを取得する義務はありません。

したがって、日本の金融庁からライセンスを取得していない海外FX業者との取引は問題となりません。
海外FX業者の海外拠点からのサービスであり、海外に設置されている海外FX業者のシステムサーバー経由で行われている取引であるため海外FX業者は日本国内での金融ライセンスの取得する必要はありません。

トレーダーとしては海外FX業者と取引しても問題はありませんが、当然なことですが、海外FXで利益を上げたら確定申告して税金を納めなければなりません。


海外FX が日本の金融ライセンスを取得しない別の理由

海外ではレバレッジ規制がありませんが、日本では規制されています。FX業者は、上記で解説したとおり日本での金融ライセンスの取得義務がないことだけでなく、日本の最大25倍のレバレッジ規制の対象にならないように『あえて』日本の金融庁に登録していないのです。

海外FX業者はレバレッジ規制がない海外では金融ライセンスを取得していますが、レバレッジ規制がある日本で金融ライセンスを取得してしまうと最大25倍のレバレッジしかサービス提供できなくなってしまうため『あえて』日本では取得していないのです。

海外FXに多い分別管理

日本国内のFX業者は信託保全の義務がありますが、海外FXでは信託保全は義務ではありません。

海外FXでは信託保全が義務化されていない一方で金融ライセンスを取得した海外FX業者に対して金融規制当局は分別管理を義務化しています。

そのため、金融ライセンスを取得している外FX業者の多くは、安全な資金管理のために「分別管理」という方法を採用しています。
トレーダーから預託された資金を海外FX業者の固有財産から分離させて分別管理専用の銀行口座で管理することでFX取引以外の目的に資金が流用されないようにしています。

分別管理は有効か?

仮想通貨ビットコインが大量消失した事件が起こりましたが、分別管理を怠り、顧客と会社の資金を一括管理していた状況を悪用して消失させたことは有名な話です。

このようなトラブルを発生させないために分別管理は有効です。

主に銀行や会計監査法人が資金管理者となって海外FX業者から切り離された口座を管理するので、 分別管理を採用している海外FX業者が顧客資金を消失させた、というトラブルは過去に起きていません。 

例えば、AXIORY(アキシオリー)とTraderstrust(トレーダーズトラスト)では世界最大の会計監査法人であるPWC(プライスウオーターハウスクーパース)が分別管理口座を監査チェックしているので極めて安全に守られています。

キプロス系、FCA金融ライセンス保有の海外FX業者がおすすめ

キプロス系海外FXでは、ICFにより最大20,000ユーロまで損失補償される

ICF: Investor Compensation Fundsとは投資家補償基金のことであり、万が一FX業者などが倒産や支払不能に陥った場合、投資家に対する債務をICFが肩代わりするもので、投資家に対し最大20,000ユーロまでの資金を補償します、2万ユーロ(約250万円)までという条件ですが、資金が保護されるという点は信託保全と同じです。

キプロスの海外FX口座がおすすめ

キプロスの金融サービス会社はICFに加盟する義務があり、当サイト厳選5社の内、XM(エックスエム)、HotForex(ホットフォレックス)、Traderstrust(トレーダーズトラスト)はキプロス証券取引委員会から金融ライセンスを取得しており、投資家補償基金による補償対象なので万が一のことがあっても安心です。

FCAの金融ライセンス保有の海外FX業者では損失補償制度がある

FCA(英国金融行為監督機構)から金融ライセンスを取得している海外FX業者の口座に資金を預託している場合、その海外FX業者に万が一のことがあって預託資金を返還できない場合には『FSCS(金融サービス補償機構)』による損失補償制度が適用されます。

FSCS(金融サービス補償機構)により5万ポンドまで損失補償される

FCA(金融行為監督機構)から金融ライセンスを取得している海外FX業者を利用している場合、預託している資産はFSCS(金融サービス補償機構)により最大5万ポンド(約700万円)まで損失補償されます。

当サイト厳選5社の内、LAND-FX(ランドFX)はFCA(金融行為監督機構)から金融ライセンスを取得しているのでFSCSの対象なので万が一のことがあっても安心です。



まとめ

  • 金融ライセンスを取得し、分別管理を採用している海外FXを選びましょう。
  • 海外FXは日本のレバレッジ規制の対象とならないために『あえて』日本の金融ライセンスの取得と登録を行っていないので問題はありません。
  • XM、HotForexとTraderstrustはキプロス証券取引委員会(CySec)のライセンスを保有している。
  • LAND-FXはFCA(金融行為監督機構)のライセンスを保有している。
  • キプロス証券取引委員会(CySec)のライセンスを保有し、投資家補償基金に加盟している海外FX業者では、最大2万ユーロまでの資金が補償されるので安心。
  • FCA(金融行為監督機構)のライセンスを取得している業者ではFSCS(金融サービス補償機構)により5万ポンドまで資金が補償されるので安心。

 

-海外FX 初心者講座
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | おすすめ海外FX業者を独自調査し厳選! , 2019 All Rights Reserved.