海外FX ゼロカット

海外FX ゼロカット カテゴリー記事

ゼロカットとは海外FXならではの優れたサービスです。
証拠金以上の損失が発生しても海外FX業者が追証を免除することから「追証なしサービス」とも呼ばれています。

証拠金以上の損失が発生すると口座残高がマイナスとなり、マイナス分の追証が発生しますが、
追証はFX業者に支払わなければいけないため、追証が発生すると借金を負うことになります。

海外FXではロスカットに加えてゼロカットも導入されているので、追証という借金を負うリスクがなく、ロスカットしか導入されていない国内FXよりも安全なトレードを行うことが可能です。

ゼロカットのカテゴリー記事では、主に以下のテーマにについて解説しています。

  • ゼロカットがロスカットだけよりも安全であること
  • 海外FXのゼロカットが必要不可欠である理由
  • ゼロカットを確かに実施してきている海外FX業者

などを丁寧に解説しています。

海外FX ゼロカット

スイスショック時 海外FXと国内FX各社の対応比較

海外FX業者はゼロカットによって追証を発生させませんでしたが、国内FXでは巨額34億円(1,229件)の追証が発生しました。追証を必ず請求する国内FXのロスカット制度の仕組み、海外FXではゼロカットが実施されてきている実例などを紹介し、海外FXの安全性を解説します。
海外FX ゼロカット

海外FXの救世主 追証なしのゼロカット VS ロスカット

海外FXの人気が高い理由の一つがゼロカットです。証拠金以上の損失が免除されて追証が発生しないため、ロスカットだけの国内FXよりも安全かつスムーズに利益を増やせます!国内FXで問題となる追証の負担を解消できるのがゼロカットなのです。
XM(XMTrading)

XM(XMTrading)のスイスフランショック直後のゼロカット実施

海外FX XM(XMTrading)はゼロカットを実施しています。FXではロスカット遅延により思わぬ損失が発生し追証が発生するリスクがありますが、海外FXでは追証なしサービスと呼ばれているゼロカットが導入されています。ここでは、スイスフランショックの際にXMが実施したゼロカットの詳細を解説します。
タイトルとURLをコピーしました