海外FX スプレッド

海外FX スプレッド カテゴリー記事

海外FXのスプレッドは取引口座タイプにより異なっています。
一般にスタンダード口座(STP口座)とECN口座(業者ごとに呼び方が違う)ではスプレッドが異なり、ECN口座のスプレッドの方がSTP口座よりも狭くなっています。

STP口座は国内FX業者と同様にスプレッドに業者の仲介手数料が上乗せされており、ECN口座では0.0pips~の狭いスプレッドに手数料が別途かかります。

海外FXでの最近のスプレッドは、業者によっては国内FXとそん色ないレベルまで狭くなってきており、業者ごとに通貨ペアによってはスタンダード口座のスプレッドの方が狭い場合もあればECN口座の方が優れている場合があります。

スプレッドに関するカテゴリー記事では、主に以下のテーマについて解説しています。

  • 業者・通貨ペア別のスプレッド・スワップポイントの比較
  • 海外FXと国内FXのスプレッドが異なる理由
  • スプレッドが突然急激に広がる業者とその理由
  • 海外FXのスプレッド比較ランキング

などを丁寧に解説しています。

XM(XMTrading)

XM(XMTrading)の通貨ペア、スプレッド、スワップポイントの一覧

海外FX XM(エックスエム)で取引可能の全ての通貨ペア、スプレットとスワップポイントをSTP/ECN口座ごとに紹介中!おすすめのスワップポイント、スワップ金利もピックアップしています。
海外FX スプレッド

主要10社、海外FX業者のスプレッドを比較!リアルタイムスプレッド付き

スプレッドはFXにおける取引コストなので「スプレッドが狭い業者」を選ぶべきですが、なにを基準に海外FX口座を比較すればよいのか、といった疑問や悩みを解決し、おすすめの海外FX業者の通貨ペア別スプレッドを紹介いたします。
XM(XMTrading)

XMのスプレッドは広がるという評判は本当か?真実を明らかにする!

相場急変時や相場の流動性が低い時には、当然ながらXMでもスプレッドが広がります。ここでは、XMではどんな時にスプレッドが広がるのか、異常に広がることがあるのか?フラッシュクラッシュでどのように広がったのか?対策なども解説します。
タイトルとURLをコピーしました