厳選 海外FX5社の金融ライセンス登録情報

更新日:

海外FX業者の評判・評価レビュー

海外FX業者のライセンス(認可)の保有状況

海外FX業者の信用度を評価する上で金融ライセンスを取得しているかどうかのチェックは欠かせません。

国内海外を問わず規制当局の監視・監督の下で厳格な規制やルールに従いながら営業しているFX業者であるかを確認しましょう。

『〇〇規制当局のライセンスを取得しています』といった文章だけの解説では分かりにくいので、各国の規制当局の公式サイトで入手したライセンス情報を画像付きで解説いたします。

ライセンスを与えている規制当局が公表しているライセンス情報を確認できれば、百聞は一見にしかず、でしょう。

海外FX業者のライセンス取得一覧

各社のライセンス取得状況は以下の通りです、金融規制当局が公開している各業者の詳細情報はこの一覧表の下に載せておりますのでご確認ください。

海外FX業者 登録ライセンス
XM TradingXM_logo ・金融行為監督機構 (FCA)
・キプロス証券取引委員会 (CySec)
・セーシェル金融庁 (FSA)
・欧州10ヶ国で金融業者登録済み
TitanFXTitanFX_logo_wp ・ニュージーランド証券投資委員会 (NZFSP)
HotForexTitanFX_logo_wp ・キプロス証券取引委員会 (CySec)
・南アフリカ金融セクター行為監督機構 (FSCA)
・モーリシャス金融サービス委員会 (FSC)
LAND-FXTitanFX_logo_wp ・英国金融行為監督機構(FCA)
・ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
AXIORYAXIORY_logo_wp ・ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

XM(エックスエム)の金融ライセンス

母体であるTrading Point of Financial Instruments Ltd(XM.COM)はイギリスの金融行為監督機構(FCA)とキプロス証券取引委員会 (CySec)のライセンスを保有しています。FCAとCySecは規制が厳格なライセンスであり、さらに、欧州主要10ヶ国でも金融サービス業者登録済みです。また、Trading Point (Seychelles) Ltdはセーシェル金融庁からライセンス取得しています。

(英国)金融行為監督機構(FCA)からのライセンス取得

XMはFCA(英国の金融行為監督機構)のライセンスを保有し、預託されている資産は最大5万ポンド(約700万円)まで補償される

FCAライセンスを取得しているXMの取引口座に預託されている資産は、FSCS(金融サービス補償機構)により最大5万ポンドまで補償されます。

キプロス証券取引委員会(CySec)からのライセンス取得

海外fx xm (xmtrading)のキプロス証券取引委員会(cysec)の金融ライセンス

キプロスにおける金融サービス事業登録業者はICF(投資家補償基金)への加盟が義務付けられており、XMのトレード口座に預託されてる資産は最大2万ユーロ(約250万円)まで補償されます。

セーシェル金融庁からのライセンス取得

XM XMTradingのセーシェル金融庁からのライセンス

MiFID:金融商品市場指令に準拠、欧州各国での金融業者登録済み

MiFIDは欧州の規制であり、米国の規制であるNMSと並び世界で最も厳格といわれており、XMは欧州10ケ国で業者登録しているので非常に安全だといえます。

MiFIDの詳細は以下でご確認ください。

MiFID(金融商品市場指令)とは?

MiFIDとは?(金融商品市場指令:Markets in Financial Instruments Directive、ミフィッド)

  • EU域内における証券市場及び投資サービスを規定する規制のことで、米国の規制であるNMSと並ぶ『規制のグローバルスタンダード(世界標準)』です。
  • 2004年4月に採択され、2007年11月より国内法化された規制がEU 加盟国で順次施行されています。
  • MiFIDは、投資家が一層容易にEUの境界を超えて投資を実行できるようにすること、投資サービスが受けられるようにすること、証券会社がEUの域内単一免許を利用する際の障害を取り除くこと、欧州における取引所間の競争を促進し取引分野を拡大すること、欧州全域にわたり投資家と投資サービスの利用者の適切な保護を確保することを目的とし、内資本市場の自由化と統一へ向けてより踏み込んだ内容に改正され、投資家保護をより強化した内容となっています。
  • 投資家保護は、主に下記の『利益相反の防止の義務化』『投資業務規律を明示』『最良執行の定義』において強化されています。

海外FX業者の中にはキプロス証券取引委員会(CySEC)から金融ライセンスを取得している業者が多く、キプロス証券取引委員会はこのMiFIDの規制に準拠していることで知られており、キプロス証券取引委員会から金融ライセンスを取得している海外FX業者の信頼性は高く評価されています。

MiFIDの主な内容

以下の3ポイントが投資家保護の中核をなしており、グローバルスタンダードとして国内FXよりも投資家保護を強化しています。
規制対象範囲の拡大されており、投資アドバイス業務や、コモディティ(商品)デリバティブ等などが新たな規制対象となっています。

MiFIDでは主に以下の点が強化されています。

利益相反防止の義務化

相対取引を禁止するものです。これにより海外FXは顧客からの注文をダイレクトに電子商取引市場(ECN)に流すNDD方式を採用し、不正操作等ができないようになっています。
一方、国内FXは注文をダイレクトに流さないDD方式を採用しており、利益相反取引となる相対取引が標準となっています。

投資業務の規律

FX業者は顧客からの注文を取り次ぐ仲介業者であることから、海外FX業者はこの規制に従い、顧客との取引において仲介手数料を主な収益源としなければなりません。海外FX業者は、ディーラーが取引に一切関与しないNDD方式を採用し、顧客からの注文をインターバンク市場に直接流すことでこの規制を遵守しています。
一方、国内FX業者はDD方式を採用しているので仲介手数料以外から収益を得ることが可能となっています。

最良執行の義務

FXでは、この規制は顧客からの注文を最大限約定させることを義務・責務とするものです。最適な決済システムの採用や構築、顧客からの注文を操作できないNDD方式を採用することで規制を遵守しています。
一方、国内FX業者はMT4のような汎用システムではない独自のシステムを投資家に使用させており、DD方式により顧客からの注文を社内に抱えることができるため、顧客からの注文とおりに約定させないリスクが発生します。

その他、以下も強化されています。

  • EU域内の「共通パスポート」制度の改善(本国(EU 域外の金融機関は、最初の受入国)当局の監督の下でEU域内において自由に投資サービスを提供できる制度)
  • 投資家の分類(プロと一般投資家)基準の制定
  • 取引所集中義務撤廃
  • 規制取引所、及び、多角的取引施設(MTF)の基準制定
  • 株式取引の事前、及び、事後の透明性要件の定義

以上のことから、グローバルスタンダードであるミフィッドによる規制を遵守している海外FX業者を選ぶ方が安心・安全であると言えます。

当サイトが推奨するXM(XMTrading)とHotForex(ホットフォレックス)は、MiFID管轄下のキプロス証券取引委員会(CySEC)から金融ライセンスを取得しているので信用面で安心です。

キプロス証券取引委員会(CySEC)の詳細は以下の記事でご確認ください。

海外fx xm (xmtrading)は欧州各国でfx業者として登録されている

TitanFX(タイタンFX)の金融ライセンス

ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)から認可登録を得ている海外FX業者です。
TitanFXは上記の金融ライセンスを取得の上、トレーダーの運用益を含む資金をNAB(ナショナル・オーストラリア銀行)の信託口座に分離管理して信託保全が図られているので資金リスクの不安は少ないです。

NZFSPからのライセンス取得

TitanFXの金融ライセンス

HotForex(ホットフォレックス)の金融ライセンス

HotForexは欧州の中でも厳格と言われているキプロス証券取引委員会(CySec)のほか南アフリカ金融セクター行為監督機構(FSCA)とモーリシャス金融サービス委員会(FSC)からライセンスを取得しています。

キプロス証券取引委員会(CySec)からのライセンス取得

海外FX HotForex(ホットフォレックス)はキプロス証券取引委員会(cysec)からライセンスを取得している

南アフリカ金融セクター行為監督機構(FSCA)からのライセンス取得

海外fx hotforex ホットフォレックスは南アフリカ金融セクター行為監督機構(fsca)からライセンスを取得している

モーリシャス金融サービス委員会(FSC)からのライセンス取得

海外fx hotforex ホットフォレックスはモーリシャス金融サービス委員会(fsc)からライセンスを取得している

LAND-FX(ランドFX)の金融ライセンス

最も厳格なFCA(英国金融行為監督機構)から金融ライセンスを取得しており、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)からも認可登録を得ています。

FCAライセンスを取得している海外FX業者に預託されている資産は、FSCS(金融サービス補償機構)によって5万ポンド(約700万円)まで補償されます、LAND-FXに預託している資産もFSCSの対象です。

FCA(英国金融行為監督機構)からのライセンス取得

海外FX LAND-FX(ランドFX)はFCA(金融行為監督機構)から金融ライセンスを取得している

ニュージーランド証券投資委員会からのライセンス取得

海外FX LAND-FX ランドFXはニュージーランド証券投資委員会(FSP)の金融ライセンスを取得している

金融ライセンスを取得していない海外FX業者は、詐欺や出金拒否などのトラブルを起こすので、必ず金融ライセンスを取得している海外FX業者を選ぶようにしましょう。

AXIORY(アキシオリー)の金融ライセンス

ベリーズにおいてInternational Financial Service Commission (IFSC)から金融ライセンスを取得しています。

ベリーズのIFSCからのライセンス取得

海外FX AXIORY(アキシオリー)はベリーズ国際金融サービス委員会(ifsc)から金融ライセンスを取得している

 

-海外FX業者の評判・評価レビュー
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | おすすめ海外FX業者を独自調査し厳選! , 2019 All Rights Reserved.