【海外FX】XMの無料VPSがMT4の自動売買におすすめ!

更新日:

XM(XMTrading) キャンペーン情報 海外FX おすすめ情報

海外FX業者 XMのMT4で使える無料のVPSがおすすめ

海外FXで自動売買(EA)取引を行う場合、MT4を24時間365日稼働させなければなりません。

自宅環境でMT4を24時間稼働させようとすると停電やパソコンの不具合、また、スプレッドにも影響する通信速度といった環境リスクが伴います。

そのため、VPS(仮想専用サーバー)を利用するべきなのですが、VPSはスペック次第ですが月々2,000円~5,000円位の費用がかかります。

しかし、なんとか、無料でVPSを利用できないものか?

と考える方もいることでしょう...

そんな方には、海外FX業者 XM (エックスエム)が提供している無料のVPSがおすすめです。

ここでは、XMの無料VPSの利用条件とスペック、なぜ自動売買におすすめなのか、そしてVPSの接続方法を解説します。

XMの無料VPSの利用条件/スペック

利用条件

XMのVPSは以下の条件をクリアすれば無料で利用できます。

  • 条件① 口座残高が5,000ドルあるいは相当額以上
  • 条件② 毎月取引量が5ロット(往復)以上

口座残高5,000ドルは同じメールアドレスで登録されている取引口座の残高を合算した額となっています。

なお、上記をクリアしていなくても月額使用料として28ドルを入金すれば利用で可能です。

上記条件を満たしていれば、会員ページ内で「口座」⇒ 「VPS」 ⇒ 「VPSをリクエストする」の流れで利用を開始できます(リクエスト登録からVPSへの接続方法は下の方で説明します)。

XMのVPSサーバーのスペック

VPSサーバーはロンドンにあるXMのデータセンターからわずか1.5kmのところに配置されており、VPSはデータセンターと光ファイバーで接続されているので超高速通信が実現されています。

XMのVPSを利用すると、世界最大のVPSサーバープロバイダーである「Beeks Financial Cloud社 (Beeks社)」が提供するサーバーにて下記のスペックのVPSが割り当てられます。

  • RAM:1.5 GB
  • ハードドライブ容量: 20GB
  • CPU電源: 600 MHz

様々なVPSが提供されていますが、Beeks社のVPSがXMのデータセンターから最も近いので通信速度は最も優れていると言えます。また、上記のスペックならば、特別に容量が大きな自動売買(EA)がなければ10個くらいまでを同時稼働させても十分に使用できるVPSだと言えます。

XMの有料VPSもお得

XMに口座残高5,000ドル以上あれば無料で利用できるので比較は要りませんが、無料条件をクリアできない場合に28ドルの使用料を払う場合、お名前.comの1GBと2GBの料金と比較すると以下のとおりです。

お名前.com「デスクトップクラウド for FX プラン」

RAM 1GB   2,400円/月 25,920円/年

RAM 2GB   4,660円/月    55,920円/年

XMはちょうど中間の1.5GBなので、無料VPSでなくても、月額使用料28ドルはお名前.comよりも安くおすすめです。

XMのVPSを利用するメリットを説明する前にVPSについて簡単に説明しておきます。

VPSを用いた自動売買とは?

VPSとはVirtual Private Serverの略で「仮想専用サーバー」のことです。

VPSは実際には共用サーバーでありながら仮想的に専用サーバーと同等のスペックを備えているもので、VPSにMT4をインストールして使用するのでインターネット上に専用のパソコンを持つことと同じとなります。

安全な自動売買取引が可能となる

自動売買(EA)を組み込んだMT4をサーバー上で、つまり、インターネット上で稼働させるため、パソコンを起動させていなくても自動売買(EA)を行うことができます。

自動売買でポジションを保有している時に停電やパソコンに不具合が生じたとしても思わぬ損失を被る心配がなく、VPSを使用していれば24時間365日、安全な自動売買取引が行えるのです。

XMでVPSを利用するメリット

VPSは自動売買において安全な取引環境を構築できことだけでなく以下のメリットがあります。

約定スピードがアップする!

VPSを利用しない場合、通常、海外FX業者のサーバーは海外に設置されているので、

日本にあるPCや他のVPSサーバー 海外FX業者の海外サーバー (XMのデータセンター内)

という通信経路をとります。

一方、XMのVPSを利用すると、

MT4がインストールされているXMのVPS(海外) XMの取引サーバー(海外)

という通信経路となり、VPSは取引サーバーからわずか1.5kmという至近距離に配置されているので通信速度が「超」早くなり約定スピードが飛躍的にアップします。

具体的には、日本国内のPCやお名前.comなどのVPSからXMのデータセンターにMT4を接続すると、距離があるため200ミリ(0.2秒)以上の遅延(レイテンシー)が生じますがXMのVPSを利用すればこの遅延を解消することができます。

スプレッドが安定する!

約定スピードが飛躍的にアップするということは、スプレッドが広がらないようになるわけなのでスプレッドが安定し取引コストを抑えるのにも有効となります。

特に自動売買は一度に複数のポジションを保有しながら取引を繰り返すことも多いので、スプレッドを安定させることは極めて重要な施策となります。

自動売買(EA)の本来の運用能力を引き出せる

自動売買(EA)の開発者は下記のような運用実績を公開していますが、通常、VPSサーバーを用いた運用実績となっています。

自動売買の運用実績通りに利益があがらないという話を耳にしますが、VPSを利用しないと運用実績通りにならないことが多いのです。

XMのVPSにより約定スピードを高速化させてスプレッドも安定させると自動売買の運用実績とほぼ変わらない結果を出せるようになるメリットがあります。

XMでのハイレバのスキャルピングにも有効!

VPSを利用すると約定スピードがアップしスプレッドが安定するわけですが、XMでハイレバ取引を行う場合、ちょっとした約定遅れによって利益が減ったり損失が発生してしまうリスクはゼロではありません。特に、超短期売買を繰り返し取引回数が多くなるスキャルピングを行うトレーダーにとって、約定スピードとスプレッドの安定力も極めて重要です。

もちろんXMの約定力は優れていることで定評がありますが、それに加えてVPSを利用すればさらに約定スピードが速くなり安定した取引環境を築くことが可能なのです。

XMでVPSに接続する方法

5,000ドル以上の口座残高ある場合、もしくは28ドル相当額を入金してからであれば、

  1. XMの会員ページからVPSをリクエストし登録
  2. Beeks社から接続に必要な情報のメールが届く
  3. RDPファイルをダウンロード&保存
  4. 各接続作業を行う

の順でVPSに接続できます。

XMの会員ページからVPSをリクエストし登録

まず「口座」内の「VPS」をクリック。

「VPSをリクエストする」をクリックすれば登録が完了し、Beeks社からメールが届きます。

Beeks社のメールを受信

Beeks社からVPSへの接続に必要なメールが届きます。

  1. IP Address(接続先のIPアドレス):
  2. Port Number(接続先のポートナンバー):
  3. Username(ユーザー名):Administrator(管理者)
  4. Initial Password(初期パスワード):Beeksfx_VPS

RDPファイルをダウンロード

メール内の「Click Here to Open/Download RDP File」をクリックし、RDPファイルをダウンロードして開きます。

パスワード入力とパスワードの変更

メールに記載されている初期パスワードをコピーして入力し、OKをクリックします。

するとWindows Server 2012のデスクトップ画面が立ち上がります、初期パスワードを独自のものに変更する必要があるのでOKをクリックします。

赤枠内の上段に独自のパスワードを入力したら下段に確認用に再入力します。

Unable to update the password.
パスワードを更新できません
the value provided for the new password does not meet the length, complexity, or history requirements of the domain.
新しいパスワードとして指定された値は、ドメインの長さ、複雑さ、または履歴要件を満たしていません。

という警告が表示されたらOKをクリックし再度別のパスワードを入力しましょう。その際、英数字の組み合わせを大文字、小文字を混ぜながら長めのパスワードにしましょう。

新しいパスワードの設定が完了すると以下の画面が表示されます。OKをクリックするとリモートデスクトップに接続されVPSに接続されます。

リモートデスクトップ画面からMT4を起動する

するとWindows Server 2012のリモートデスクトップ画面が立ち上がり、今回のようにXMからリクエスト登録した場合はXMのMT4が最初から表示されているのでそれをクリックすればMT4が起動します。

MT4の後の-1(ハイフンと数字)はVPSに接続されているMT4であることを示しています。XM内の別口座でVPSをリクエスト登録して接続すると数字が2、3..となります。

XMでのVPSへの接続方法は以上で完了です。

まとめ

  • 口座残高が5,000ドル以上、毎月5ロット以上の取引を行っていればXMの無料VPSを利用できる
  • 利用できるVPSのスペックは充実している
  • Beeks社のVPSとXMのデータセンターは至近距離にあり超高速の通信スピードを享受できる
  • 口座残高5,000ドル以上なくてもリーズナブルな月使用料28ドルを入金すれば利用できる
  • 国内のお名前.comのVPSサービのスペック・料金よりもコスパが優れている
  • 約定スピードが飛躍的に向上、スプレッドが安定するので自動売買だけでなくスキャルピング系のトレーダーにもおすすめ
  • VPSの利用によって自動売買が持つ本来の運用実績に限りなく近づけるメリットがある
  • XMの会員ページからVPSへのリクエスト登録を始められてVPSへの接続方法も簡単

以上のことからVPSを利用した海外FXでの自動売買を検討している方はXMで口座開設することを、すでにXMにて5,000ドル以上の口座残高がある方はXMの無料VPSの利用をおすすめします。

【おすすめ】この記事を読んだ人によく読まれている記事

XMTradingの口座開設はこちら

 

 

-XM(XMTrading), キャンペーン情報, 海外FX おすすめ情報
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.