スイスショック時 海外FXと国内FX各社の対応比較

更新日:

海外FX ゼロカット

スイスショックとは

2015年1月15日の夕方、それまでスイス中央銀行が対ユーロの無制限為替介入を突然撤廃した途端、日本でもユーロ/スイスフランなどのFX取引やFXオプション取引を行っていた多数のトレーダーに巨額の損失が発生しました。

  • EUR/CHFペアでは約20分で3800 pipsも暴落
  • その他の通貨ペアにおいても2000~3500 pipsも変動

FX史上、最も相場が大変動したのが『スイスショック』であり、短時間での大暴落だったので、証拠金を上回る巨額の損失が発生しました。

国内FX業者はロスカットしか導入していないため『追証』を請求しましたが、海外FX業者はゼロカットを実施して『追証』を請求しませんでした。

スイスショックで発生した追証について

追証とは?

FXトレードでは、取引を行うには一定以上の証拠金を維持(証拠金維持率)しなければなりませんが、為替変動の含み損が増えると、証拠金維持率を割ってしまうこともあります。
相場の急変時には強制ロスカットが間に合わず証拠金を上回る損失が発生することがあります。国内FX業者はゼロカットを導入していないので必ずトレーダーに追加の証拠金の入金を請求します、この追加の証拠金のことを『追証』と呼びます。追証を払わないと強制ロスカットによってポジションは解消されてしまいます。

つまり、『追証』とは、トレーダーにとっては負債(借金)であり、国内FX業者にとっては債権者なのです。

スイスショックでも相場の急変動でスリッページが発生して強制ロスカットが間に合わなかったため、国内FXでは、以下の巨額の追証が発生しています。

国内FXで発生した追証の件数/金額

発生件数:1,229件、追証発生額:33億8800万円

国内FXでは1人あたり平均約280万円の追証が発生、中には数千万円の追証が発生しました。

海外FXではゼロカットによって追証はゼロになるので、このような借金を背負うリスクがないので安心です。

ゼロカットが導入されていない国内FXではスイスフランショックで34億円の巨額の追証が発生

ロスカットだけでは追証を防げない

ロスカットは、証拠金維持率が一定水準まで低下すると自動的に反対売買が行われ証拠金以上の損失を防ぐ機能なのですが、相場急変時には「ロスカットが発動しない」ことがあります。

相場がある方向に大きく動き始めると、『FX業者のサーバー』に負荷がかかりすぎてロスカットが間に合わなくなる『すべり=スリッページ』という現象が起こることや、スイスショックでは単なるスリッページではなく配信停止がしばらく続き、配信が再開した時には価格レートが大幅にずれてしまい、証拠金以上の損失によって追証が発生しました。

国内FXでは追証が発生する仕組みがある

残念なことに、日本の国内FX業者は、トレーダーに追証を要求しました。

なぜ国内FX業者は追証を請求できたのか?

国内FX業者の『取引規約』では、取引システムやサーバーなどの不具合に起因するトレーダーの損失に対する一切の責任を免責しています。
そのため、国内FX業者のシステムやサーバーの不具合によってロスカットが間に合わない場合に生じたトレーダーの損失に対しても『追証』を請求できるのです。

国内FX業者は、免責条項によってトレーダーに追証を要求できるので、ロスカットしかない国内FXでは『追証を避けることはできない』のです。

 国内FXのロスカット制度の危険性については、以下の記事をご覧ください。

ゼロカットを実施した海外FX業者

スイスショックとギリシャショックにおいてXM(XMTrading)とAXIORY(アキシオリー)の実施したゼロカットを紹介します。

海外FX業者は『取引規約』において、証拠金以上の損失=追証が発生したら『追証をゼロに戻す』ことおを約束しています。

XMのスイスショック時のゼロカット

下記はスイスショック直後に当サイト管理人がXMから受けたお知らせです。

CHFに関する最新情報:
大切なお客様、スイス国立銀行がEUR/CHFの上限撤廃の決定したことによって引き起こされた最近の市場での非常に大きな値動きによって、XMはスイス国立銀行による大混乱の影響は受けての暴落の影響は受けていないことをお客様に保証致します。
XMは常にマイナス残高の自動的な保護を提供していることをお客様に再度ご案内申し上げます。
当社は、このたびのEUR/CHF通貨ペアの異例な値動き等の混乱時には、特にお客様に対する当社の忠誠心の表れとして、マイナス残高の自動的な保護を継続していく所存です。先週中にマイナス口座残高が発生した全てのお客様は、当社の評判と強みへのお約束を果たすために、マイナス残高が起こりうる他のケース同様に、それらのマイナス残高は既にリセットされています。

『お約束を果たすために』とありますが、XMも『取引規約』で追証をゼロにすることを約束しているのでゼロカットを実施しています。

XM(XMTrading)が実施したゼロカットの詳細は、以下の記事をご覧ください。

AXIORYのギリシャショック時のゼロカット

下記のコメントも当サイト管理人がギリシャショック時にAXIORYから受けたお知らせです。

『2015年7月5日 ギリシャ問題解決のためギリシャにてEU離脱の是非を問う国民投票が行われ、7月6日相場開始早々から対ユーロ通貨だけではなく、その他通貨ペアに関しましても、為替レートの急激な変動や断続的な配信の停止、スプレッドの大幅な拡大がみられ、結果約13分にわたり、「新規オーダーができない」「保有ポジションの決済ができない」という状況が断続的に発生し、外国為替市場が一時大混乱になる事態が発生しました。

これにより、多くのお客さまの口座残高がマイナス残高となりましたが、当社ではお客様に対し、一切の追証金を請求することなく、マイナス残高を抱えている全ての口座を、7月6日8:00(日本時間)を以て、ゼロリセット(マイナス残高を"0"にする)する処置を行いました。 今回のゼロカット実施は、顧客との契約に基づき、顧客への義務の履行として実施したものであります

『今回のゼロカット実施は、顧客との契約に基づき、顧客への義務の履行として実施したものであります』とある通り、AXIORYも『取引規約』でマイナス残高をゼロに戻し追証を無くす約束をしており、規約通りに義務を履行しています。

AXIORYが実施したゼロカットの詳細は、以下の記事をご覧ください。

海外FX業者は、いかなる状況でもゼロカットを実施するので安心

上記のAXIORYのように、海外FXでは『為替レートの急激な変動や断続的な配信の停止、スプレッドの大幅な拡大がみられ、結果約13分にわたり、「新規オーダーができない」「保有ポジションの決済ができない」という状況が断続的に発生し』口座残高がマイナスになってもゼロカットが実施されます。

海外FX業者は『取引規約』でゼロカットを約束しているので、いかなる相場状況でもゼロカットを実施するのです。

一方、国内FX業者の取引規約では『取引システムやサーバーなどの不具合に起因するトレーダーの損失に対する一切の責任を免責する』ことになっているので必ず追証が発生します。

スイスショックでゼロカットを実施した海外FX業者

一旦マイナスとなった口座残高をすべて『ゼロ』に修正し、損失を証拠金だけにしてトレーダーを保護した海外FX業者は以下のとおりです。 

【当サイト おすすめ 海外FX業者】

【その他】

  • ThinkForex
  • ICFMarkets
  • FXGLOBE

など...です。

まとめ

  • 日本の国内FX業者の全てが追証を要求しました。
  • 国内FX業者の取引規定では、取引システムやサーバーなどの不具合に起因するトレーダーの損失に対する一切の責任を免責とし、トレーダーに追証を要求します。
  • ロスカット制度とは、スイスショックのような一大事においては、トレーダーを保護する機能を果たさない制度であるといえます。
  • ゼロカット制度を導入している海外FXであれば『追証』が発生しないので安心です。

海外FX業者を選ぶ際は、確実にゼロカット制度を導入している業者の口座を開設しましょう!

 

-海外FX ゼロカット
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | おすすめ海外FX業者を独自調査し厳選! , 2019 All Rights Reserved.