海外FX スキャルピングのコツと注意点!

更新日:

FX 手法 海外FX スキャルピング

スキャルピングとは?

FXのスキャルピングとは短期的な売買を繰り返す手法であり、1時間で10回や20回、もっとトレードを行うことも珍しくありません。

レートの変動が激しい時間帯や経済指標の発表前後などで超短期売買を繰り返すスキャルピングの場合、「10秒、数十秒」の間隔で発注~決済注文を完了させることもあります。

トレード時間が短く多くのトレードチャンスを狙えるので、さまざまなトレーダーのライフスタイルに適しており、たとえば、仕事から帰宅して就寝するまでの数時間で稼ぐことも可能です。

ここでは、スキャプピングに適した海外FX業者を選ぶコツ、海外FXでスキャルピングを行うためのコツ、スキャルイングのメリットとデメリットも解説します。

海外FX  スキャルピングに適した業者とは?

スキャルピングを行うには以下のような海外FX業者を選びましょう。

スプレッドが狭い海外FX業者

スキャルピングはトレード回数が多くなりトレードコストが嵩むので、できるだけスプレッドが狭い海外FX業者を選ぶ必要があります。

たとえば、スプレッドに0.3pipsの差がある場合、10万通貨のトレードを100回行うとトレードコストの差は以下となります。

  • 1回のトレードコスト差=0.3pips×10万通貨 = 30,000pips = 300円
  • 100回のトレードコスト差=300円 x 100回=30,000円

このようにトレード回数が多いスキャルピングでは、スプレッドしだいでトレードコストが変わってしまうのでスプレッドッが狭い海外FX業者を選びましょう。

約定力に優れている海外FX業者

また、約定力が優れているかも重要です。
約定力が劣っているとエントリー時のレートがずれてしまい結果としてスプレッドが広くなる可能性があります。

約定スピードが遅いと、決済レートもずれてしまい利益が少なくなることもあるので約定力が優れている海外FX業者を選びましょう。

海外FX  スキャルピングにオススメの業者

スプレッドが狭く、約定力が優れていてスキャルピングに適しているオススメの海外FX業者はTitanFX、AXIORYとHotForexです。

取引手数料が3ドル~3.5ドルと安く、ECN口座の取引手数料込みのスプレッドも狭く、約定力にも優れておりスキャルピングに適しています。

TitanFX、AXIORYとHotForexのスプレッド

※ECN変動の(   )内は手数料込み平均スプレッド

海外FX業者 口座種類
(スプレッド種類)
取引手数料
(片道)
米ドル/円
最小/平均
ユーロ/円
最小/平均
英ポンド/円
最小/平均
TitanFX スタンダード口座
(STP変動)
無料 0.8/1.3 0.9/1.6 1.6/2.3
TitanFX ブレード口座
(ECN変動)
3.5ドル 0.1/0.2
(0.8)
0.1/0.6
(1.2)
0.2/1.4
(2.0)
AXIORY スタンダード口座
(STP変動)
無料 0.7/1.1 0.7/1.5 0.9/1.6
AXIORY ナノスプレッド口座
(ECN変動)
3ドル 0.0/0.3
(0.9)
0.0/0.7
(1.3)
0.0/0.8
(1.4)
HotForex マイクロ口座
(STP口座)
無料 0.7/0.9 1.0/1.6 1.3/2.3
HotForex ゼロ口座、VIP口座
(ECN口座)
3ドル 0.0/0.2
(0.8)
0.1/0.8
(1.4)
0.5/1.4
(2.0)

スプレッドについては以下の記事がおすすめです。

TitanFX、AXIORYとHotForexの約定力

海外FX業者 執行率 約定スピード
(平均:秒)
約定スピード
(最高:秒)
TitanFX 99.70% 0.450 0.266
AXIORY 99.84% 0.326 0.298
HotForex 100% 0.355 0.298

スキャルピングにオススメの海外FX業者の詳細は以下の記事を参考にしてください。

海外FXでもスキャルピングのルールを守ろう!

スキャルピングでは、多くの売買を的確に繰り返さなければならないので、トレーダーによっては精神面での負担が掛かるなどの理由から損切りが上手く行かず想定外の損失・含み損を抱えることもあり得ます。

海外FXを利用してスキャルピングを行う場合も、以下のルールに徹しましょう。

  • 機械的にトレードをこなす(決めたルールを徹底する)
  • 損切りを徹底/決めたルールでの利益確定の徹底
  • スプレッドの狭い業者/口座、約定力が優れた業者を利用する(取引回数が多いため、安いコストが有利)
  • やみくもにトレードしない(勝ちやすい相場でエントリーする、根拠なく衝動的にエントリーしない、ポジポジ病は絶対にダメ)

スキャルピングでトレードしやすい通貨ペアは?

スキャルピング適した通貨ペアは、値動きがあることが第一条件。

値動きのある通貨ペアを選ぶことがスキャルピングのコツです。
上昇と下降の回数が多いほどエントリーと決済のチャンスが増えるので儲かるチャンスが増えるからです。

値動きが大きいポンド/円は儲かるチャンスが多い、スプレッドの広さをしっかりチェックを!

ポンド/円は「殺人通貨」と呼ばれるくらい値動きが大きいことで知られています。
上記はポンド/円の1分足のチャートですが、約1時間の短時間でもかなりの値動きをしており、ポンド/円はスキャルピングに適しています。

値動きが激しい分儲かるチャンスが多いですが、一般的にポンド/円のスプレッドは広いので(変動幅が広い)、スプレッドが狭い海外FX業者を選択する必要があります。
平均スプレッドで1.4 pips(ECN手数料込)あたりがオススメでしょう。

しかし、ポンド/円は経済指標発表などのイベントによる変動要因がない場合でも変動が大きいので、初心者や経験の浅いトレーダーはドル/円あたりから経験を積んでからポンド/円に挑戦した方が良いでしょう。

ドル/円のスプレッドは狭く、相場が動いているときを逃さずトレード!

ドル/円は比較的値動きが少なく安定しており、ポンド/円よりもエントリーのチャンスが少ない傾向ですが、動くときはけっこう動きます。
多くの海外FX業者のドル/円のスプレッドは狭いのでスキャルピングに適しています。

ドル/円は米国の経済指標発表時などのイベントによる変動要因があるときに変動が大きくなる傾向が強く、別の手法からスキャルピングに転向したいようなトレーダーや初心者は、まずは「ドル/円相場が動いている時を狙う」と良い結果が得られるでしょう。

ポンド円、ドル円のスプレッドをしっかり比較してから選ぶのがコツ

上記のとおりスキャルピングに向いている/向いていない通貨ペアがあり、まずはポンド/円とドル/円に注目して海外FX業者のスプレッドを比較してみましょう。

スキャルピングを検討する際は、最小取引単位が低く1000通貨から取引できるという点だけでFX口座を選ばず、トレードコストを重視しましょう。

比較のポイントは、最小スプレッドと平均スプレッドに出来るだけ開きがないFX業者を選ぶのがコツです。

スキャルピングのメリットとデメリット

最後にスキャルピングのメリットとデメリットをまとめておきますのでトレードのための参考にしてください。

スキャルピングのメリット

  • 1日で資産残高を大幅に増やせることがある(好調な時、勝ちが続けば資産がものすごく増える
  • ポジションを長く持ちたくない、ポジションを持つとFX口座が気になり過ぎてしまうトレーダーに向いている
  • 帰宅後の夜間1時間といった短時間で結果を出せるので、勤め人や主婦など兼業トレーダーにも適している
  • 5分足などで短期的なレンジ相場などにおいて利益を出しやすい(数回の取引でトレンドが変わらない間にやめることが重要)
  • レンジブレイクが『騙し』であっても、数pipsの利益確定注文が通っていることがあり得る

スキャルピングのデメリット・注意点

  • デイトレードなど他の手法よりスプレッドのコスト負担が大きくなりやすい(したがって、出来るだけスプレッドの狭い業者を選ぶべき)
  • 短時間で連敗してしまうと金銭的、精神的ダメージが大きい(メンタル面で悪循環に陥ることもある)
  • 損切りを徹底できないと損失が増えてしまうことがある(1取引当たりの発注ロット数が多くなるため)
  • 誤発注・うっかりミス(買いと売りを逆にしてしまったり)により予想外の損失を出してしまうリスクがある

スキャルピングに適しているAXIORYとTitanFX

スキャルピングは短期売買を繰り返すのでエントリーごとの証拠金を少なくできるハイレバレッジを活用できる方が有利ですが、トレード回数が多いほどコストがかさむので、スプレッドが狭く、取引手数料が安い、

  • AXIORY(アキシオリー)
  • TitanFX(タイタンFX)

がおすすめです。

AXIORY

AXIORY(アキシオリー)

  • スプレッドの低さは業界ナンバーワン!
  • リアルタイムの平均スプレッド、最小スプレッド、最大スプレッドを開示、取引の透明性を重視している!
  • 提携リクイディティプロバイダー名を全て開示、取引の透明性を重視している!
  • NDD方式、ECN方式の注文を採用しておりリクォート(約定拒否)が一切ない!
  • トレーダーの資金は全額信託保全される!
  • ECN口座(ナノスプレッド口座)の取引手数料は1ロット片道3ドルと安く業界トップクラス!

圧倒的な低スプレッド、高い約定力が強み!
顧客資金が全額返還される信託保全が導入されている!確かなゼロカット制度がある!(追証ゼロサービス)

AXIORY 口座開設

AXIORY(アキシオリー)は、2013年設立の新興FX会社ですが、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)とキプロス証券取引委員会(CySEC)からライセンスを取得しており、低スプレッドと高い約定力によって評価が高まっています。

カスタマーサポート対応が良く、優れた約定力、最狭スプレッドレベルが売りです。リアルタイムの最少・平均・最大スプレッドやすべてのリクイディティプロバイダー(注文カバー先)をウェブ上で公表するなど情報公開に積極的で透明性を重視している業者です。

総合評価 最大レバレッジ ドル円(ECN口座) 最低入金額 ボーナス
88点 400倍 1.3pips
(0.3pips)
10,000円~ なし

TitanFX

TitanFX(タイタンFX)

  • 「信託保全」を導入、トレーダーの資産が全額保護される
  • 注文執行率99.7%で安定した約定力
  • ECN口座スプレッド0.0pips/0.0銭~は業界トップレベル(米ドル/円0.1pips~)
  • 両建てトレード、スキャルピングもOK

トップ水準の低スプレッド!
ナショナルオーストラリア銀行信託口座での信託保全!高水準の約定力、安定したトレード環境!

TitanFX 口座開設

TitanFXは、2014年設立、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)から金融サービス業の認可を得ています。日本での人気が急上昇中で、今後大きな成長が期待できる海外FX業者です。

業界トップクラスの「優れた約定力」と「有利なスプレッド」を武器に日本での知名度と人気が上昇しています。

総合評価 最大レバレッジ ドル円(ECN口座) 最低入金額 ボーナス
89点 500倍 1.0pips
(0.1pips)
20,000円~ なし

 

-FX 手法, 海外FX スキャルピング
-, ,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | おすすめハイレバ海外FX口座で稼ぐ! , 2019 All Rights Reserved.