【海外FX】 ハイレバレッジで稼ぎましょう!

更新日:

FX 手法 海外FX レバレッジ

海外FX口座を使う最大のメリットはハイレバレッジです、海外FXでは400倍・500倍~1,000倍のレバレッジを効かせることができます

海外FXのハイレバレッジは資金効率が高い

海外FXのハイレバレッジの人気が高いのは、資金効率(投資効率)が高いからです。

国内FXでは、金融庁は「レバレッジ=損失リスク」と考えており、個人トレーダーに対し、レバレッジを最大25倍に規制しています。

しかし、なぜ、海外FXではレバレッジ規制がないのでしょうか?

その理由は、レバレッジは、高くても低くても利益と損失は同じで、損益が変わらない、からです。

レバレッジ25倍、100倍、200倍…500倍であっても損益は同じなので、ハイレバレッジで必要証拠金を少なくしながら大きな取引を行えば、より大きな利益を狙えるので海外FXの人気は高いのです。

海外FXのハイレバレッジ、損失リスクは高くない

国内FXでは「レバレッジ=損失リスク」と考えられていますが、レバレッジが高いほど損失額が大きくなる、というのは本当でしょうか?

トレードの損益は、レバレッジの倍率によって決まるわけではなく、ハイレバであっても損失は大きくなりません。

以下の例で説明します。

レバレッジで損益は決まらない

例えば、 1ドル=100円の時、10万通貨(1ロット)分のドルを購入すると、必要証拠金と損益は以下となります。

国内FX レバレッジ25倍の場合

必要証拠金=取引額1,000万円÷25倍 = 必要証拠金40万円
1ドル =100円 ⇒ 99円
損失額 = 損失1円 x 10万通貨 =▲10万円

海外FX レバレッジ888倍の場合

必要証拠金=取引額1,000万円÷888倍 = 必要証拠金11,261万円
1ドル =100円 ⇒ 99円
損失額 = 損失1円 x 10万通貨 =▲10万円

ご覧のとおり、888倍という「超ハイレバレッジ」であっても25倍の損失と同じであり、必要証拠金額だけが35分の1で済むだけです。

レバレッジの高低は損益と無関係であり、必要証拠金が、レバレッジによって決まっているだけなのです。

ハイレバは、資金効率(利益率)が高い

上記と同じ条件で1円の利益が出た場合の利益率は以下となります。

国内FX レバレッジ25倍の場合

必要証拠金=取引額1,000万円÷25倍 = 必要証拠金40万円
1ドル =100円 ⇒ 101円
利益 = 利益1円 x 10万通貨 =+10万円(利益率25%)

海外FX レバレッジ888倍の場合

必要証拠金=取引額1,000万円÷888倍 = 必要証拠金11,261万円
1ドル =100円 ⇒ 101円
利益 = 利益1円 x 10万通貨 = +10万円(利益率888%)

このように、海外FXのハイレバレッジでは、少額資金によって利益率が高い取引が可能なのです。

レバレッジ取引では「投資する額」が重要

ハイレバはロスカットしやすくなるが...

レバレッジ倍率が高いほど、必要証拠金に対する損益の割合が高くなるので、ロスカットしやすくなる、と言われてます。

上記の例では、

  • 25倍の損益の割合=利益 10万円 ÷ 必要証拠金 40万円=25%
  • 888倍の損益の割合=利益 10万円 ÷ 必要証拠金 11,261円=888%

888倍の損失の割合の方が元手である必要証拠金に対して大きくなります。

そして、10万円の証拠金があり、証拠金40%以下でロスカットになる場合、 10万円-4万円= 6万円の損失が発生し、ロスカットするレート変動は、

  • レバレッジ25倍: 6万円÷250万円(10万円X25倍)= 2円40銭の変動でロスカット
  • レバレッジ100倍: 6万円÷10百万円(10万円X100倍)=60銭の変動でロスカット

となるので、一見すると、レバレッジが高い方がロスカットしやすいことは確かです。

ハイレバレッジの方が、リスク分散できる

レバレッジ取引では「レバレッジの倍率」と同時に「投資する額」が重要なのです。

もし余裕資金が10万円あった場合、1万円の証拠金を使って9万円が残るのと、4万円を使って残高6万円になるのとでは、どちらがよいでしょうか?

「すべてのタマゴを1つのカゴに入れるな」という投資の格言のように、1つのポジションに多額の資金を入れなくて済むハイレバレッジは「リスク分散」になるのです。

例えば、100万円の資金を持っており、レバレッジ300倍と25倍で1,000万円の取引を行う場合、

  • 300倍での必要証拠金=33,333円   残高966,667円
  • 25倍での必要証拠金=400,000円  残高600,000円

となり、300倍の方が、366,667円も多く手元に残ります。

ハイレバ、断トツはHotForex 1,000倍、XM 888倍

以下のレバレッジ比較ランキングのとおり、海外FXのレバレッジ最大の平均は400倍~500倍ですが、HotForexは1,000倍、XMは888倍です。

業者名 最大レバレッジ 米ドル/円
平均(ECN)
ロスカット水準 ゼロカット
有無
HotForex
hotforex_logo
1,000倍 0.9 (0.2) 10%~20% あり
XM Trading
XM_logo
888倍 1.7 (0.4) 20% あり
TitanFX
TitanFX_logo
500倍 1.0 (0.1) 20% あり
LAND-FX
LandFX_logo
500倍 1.2 (0.9) 30% あり
AXIORY
AXIORY_logo
400倍 0.9 (0.4) 20% あり

国内FXの最大25倍の資金効率と比較すると、

  • HotForexは、国内FXよりも、最大40倍も資金効率が高い
  • XMは、同、最大35倍も資金効率が高い
  • 標準500倍の海外FX業者は、最大20倍も資金効率が高い

ということになります、少なくても、海外FXの方が、20倍以上も資金効率が優れているのです。

まとめ

海外FXは、国内FXよりも資金効率の高い取引ができるわけですが、

  • レバレッジの高低にかかわらず損益は変わらない。
  • 海外FXでは必要証拠金を少なくできて、利益率が高くなる。
  • ハイレバを活用すれば、手元に資金を多く残しながら分散投資できる

といったメリットがあることから、海外FXのハイレバレッジの人気が高いのです。

 

海外FX業者選びに迷ったら、おすすめ業者をチェック!

海外FX口座比較まとめ 海外FX おすすめの業者

 

-FX 手法, 海外FX レバレッジ
-, ,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.