【海外FX】 ハイレバレッジで稼ぎましょう!

更新日:

FX 手法 海外FX レバレッジ

海外FX口座を使う最大のメリットはハイレバレッジです、海外FXでは400倍・500倍~1,000倍のレバレッジを効かせることができます

海外FXのハイレバレッジは大きな利益を狙える

海外FXのハイレバレッジの人気が高いのは、資金効率(投資効率)が高いからです。

国内FXでは、金融庁は「レバレッジ=損失リスク」と考えており、個人トレーダーに対し、レバレッジを最大25倍に規制しています。

しかし、なぜ、海外FXではレバレッジ規制がないのでしょうか?

その理由は、レバレッジは、高くても低くても利益と損失は同じで、損益が変わらない、からです。

レバレッジ25倍、50倍、100倍、200倍…500倍であっても損益は同じなので、ハイレバレッジで必要証拠金を少なくしながら大きな取引を行えば、より大きな利益を狙えるので海外FXの人気は高いのです。

ハイレバは、資金効率(利益率)が高い

例えば、 1ドル=100円の時、10万通貨(1ロット)分の1,000万円の取引取引を行う場合、1円の利益が出た場合の利益率は以下となります。

国内FX レバレッジ25倍での利益率

必要証拠金=取引額1,000万円÷25倍 = 必要証拠金40万円
1ドル =100円 ⇒ 101円
利益 = 利益1円 x 10万通貨 =+10万円(利益率25%)

海外FX レバレッジ400倍での利益率

必要証拠金=取引額1,000万円÷400倍 = 必要証拠金25,000円
1ドル =100円 ⇒ 101円
利益 = 利益1円 x 10万通貨 = +10万円(利益率400%)

このように、海外FXのハイレバレッジでは、少額資金によって利益率が高い取引が可能となります。

ハイレバレッジの損失リスクは高くない

国内FXでは「レバレッジ=損失リスク」と考えられていますが、レバレッジが高いほど損失額が大きくなる、というのは本当でしょうか?

トレードの損益は、レバレッジの倍率によって決まるわけではなく、ハイレバであっても損失は大きくなりません。

以下の例で説明します。

レバレッジで損益は決まらない

例えば、 1ドル=100円の時、10万通貨(1ロット)分のドルを購入すると、必要証拠金と損益は以下となります。

国内FX レバレッジ25倍の場合

必要証拠金=取引額1,000万円÷25倍 = 必要証拠金40万円
1ドル =100円 ⇒ 99円
損失額 = 損失1円 x 10万通貨 =▲10万円

海外FX レバレッジ888倍の場合

必要証拠金=取引額1,000万円÷888倍 = 必要証拠金11,261万円
1ドル =100円 ⇒ 99円
損失額 = 損失1円 x 10万通貨 =▲10万円

ご覧のとおり、888倍という「超ハイレバレッジ」であっても25倍の損失と同じであり、必要証拠金額だけが35分の1で済むだけです。

レバレッジの高低は損益と無関係であり、必要証拠金が、レバレッジによって決まっているだけなのです。

低レバレッジも利用できるから安心できる

海外FXのハイレバレッジというと高い倍率でトレードするもの...というイメージが先行しているようですが、実際は低レバレッジからハイレバレッジまで倍率を自由に設定できるので常にロスカットリスクが高いのではありません。

国内FX業者でのレバレッジは原則固定25倍ですが、多くの海外FX口座では、1倍、5倍、10倍、20倍、25倍、50倍、100倍、200倍、300倍、400倍、500倍...といった倍率設定ができるので、相場状況、ポジションや損益の状況に応じたリスク管理などは海外FXの方が有利かつ扱いやすいことを理解しておきましょう。

ハイレバはロスカットしやすくなるが...リスク分散にもなる

レバレッジ倍率が高いほど、必要証拠金に対する損益の割合が高くなるので、ロスカットしやすくなる、と言われてます。

上記の例では、

  • 25倍の損益の割合=利益 10万円 ÷ 必要証拠金 40万円=25%
  • 888倍の損益の割合=利益 10万円 ÷ 必要証拠金 11,261円=888%

888倍の損失の割合の方が元手である必要証拠金に対して大きくなります。

そして、10万円の証拠金があり、証拠金40%以下でロスカットになる場合、 10万円-4万円= 6万円の損失が発生し、ロスカットするレート変動は、

  • レバレッジ25倍: 6万円÷250万円(10万円X25倍)= 2円40銭の変動でロスカット
  • レバレッジ100倍: 6万円÷10百万円(10万円X100倍)=60銭の変動でロスカット

となるので、一見すると、レバレッジが高い方がロスカットしやすいことは確かです。

必要証拠金を抑えることはリスク分散である

しかし、レバレッジ取引では「レバレッジの倍率」と同時に「投資する額」が重要なのです。

もし余裕資金が10万円あった場合、1万円の証拠金を使って9万円が残るのと、4万円を使って残高6万円になるのとでは、どちらがよいでしょうか?

「すべてのタマゴを1つのカゴに入れるな」という投資の格言のように、1つのポジションに多額の資金を入れなくて済むハイレバレッジは「リスク分散」になるのです。

%e5%8d%b5%e3%82%921%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%82%b4%e3%81%ab%e3%81%84%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%81%aa

%e5%8d%b5%e3%82%921%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%82%b4%e3%81%ab%e3%81%84%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%81%aa2

例えば、100万円の資金を持っており、レバレッジ300倍と25倍で1,000万円の取引を行う場合、

  • 300倍での必要証拠金=33,333円   残高966,667円
  • 25倍での必要証拠金=400,000円  残高600,000円

となり、300倍の方が、366,667円も多く手元に残りリスク分散になるからです。

さらに、同時にもう一つ1,000万円の逆のポジションを保有し、両建てでリスクヘッジする場合でも、333,334円も多く手元に残るので、リスクヘッジしながらリスク分散できるメリットがあると言えます。

ハイレバレッジによるリスク分散メリット

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8%e3%81%ae%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

上図のように余力資金を温存できるというのは、リスク分散できるということでもあり、バレッジ無し/レバレッジ25倍/ハイレバレッジのリスク分散率は、

  • レバレッジ無し(現物取引) = 全額(全ての卵)を1トレード(カゴ)に入れてしまっている= リスク分散率ゼロ
  • 国内FX最大25倍 = 現物取引よりもやや少なめの資金(かなりの数の卵)を1トレード(カゴ)に入れてしまっている= リスク分散率は高くない
  • ハイレバレッジ = 上記1と2よりも極めて少額の資金(極めて数が少ない卵)を1トレード(カゴ)に入れている= リスク分散率が高い

と考えれば、レバレッジを用いた方がリスク分散となることがお分かりになるでしょう。

ハイレバレッジにゼロカットが絶対に必要、そのワケは...

投資では、利益を出しながら損失をいかに最小限に抑えることができるかが鍵です。

海外FXのゼロカットは、証拠金残高以上の損失が出ても、損失をゼロに戻し、損失は証拠金残高だけとなるため、ゼロカットは、損失を抑えながら儲けるための『武器』だと言えます。

Bさんは国内FXのロスカット制度で損をした経験のある人で、海外FX口座を開設して国内FX口座にあった資金を海外FX口座に移動させてハイレバッレジ主体でトレードを行っています。

現在、海外FX口座を2つ持っており、A口座の証拠金残高は約15万円、B口座の同残高50万円です。

不幸にしてロスカットが間に合わずA口座の取引で50万円の損失が発生し、証拠金残高15万円以上の損失が50万円となってしまいました。

しかし、幸いにも海外FX口座であったので、ゼロカットによって損失50万円がゼロに戻されて、損失はA口座の証拠金残高の15万円だけとなりB口座は無傷で済みました。

もしこれが国内FXであったなら、証拠金残高15万円+損失50万円=65万円が丸々損失となり、損失50万円分の追証を支払うためにB口座残高もすべて失うところでした。

ゼロカットがないと追証=借金によって今までの稼いだ利益が吹き飛ぶこともある

海外FXと国内FXではこんなにもリスクに違いが生じるのです。

海外FXでは、ゼロカットによって損失を抑えながらハイレバレッジで儲けることができるので、スピーディーに利益を増やせるのです。

まとめ

ここまでの内容をまとめると、

  • ハイレバレッジは資金効率が良く、少ない証拠金で大きな利益を狙うことも可能
  • レバレッジの高低にかかわらず損益は変わらない
  • ハイレバレッジだけでなく、低レバレッジも利用できるので常にリスクが高いわけではない
  • ハイレバレッジではロスカットしやすくなるが、資金のリスクを分散できる
  • 海外FXのゼロカットはハイレバレッジにおいて損失を抑える機能も備えている

といったことから、海外FXのハイレバレッジの人気が高いのです。

ハイレバレッジでおすすめはHotForex 1,000倍、XM 888倍

以下のレバレッジ比較ランキングのとおり、海外FXのレバレッジ最大の平均は400倍~500倍ですが、HotForexは1,000倍、XMは888倍です。

業者名 最大レバレッジ 米ドル/円
平均(ECN)
ロスカット水準 ゼロカット
有無
HotForex
hotforex_logo
1,000倍 0.9 (0.2) 10%~20% あり
XM Trading
XM_logo
888倍 1.7 (0.4) 20% あり
TitanFX
TitanFX_logo
500倍 1.0 (0.1) 20% あり
LAND-FX
LandFX_logo
500倍 1.2 (0.9) 30% あり
AXIORY
AXIORY_logo
400倍 0.9 (0.4) 20% あり

国内FXの最大25倍の資金効率と比較すると、

  • HotForexは、国内FXよりも、最大40倍も資金効率が高い
  • XMは、同、最大35倍も資金効率が高い
  • 標準500倍の海外FX業者は、最大20倍も資金効率が高い

ということになります、少なくても、海外FXの方が、20倍以上も資金効率が優れているのです。

 

-FX 手法, 海外FX レバレッジ
-, ,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | おすすめハイレバ海外FX口座で稼ぐ! , 2019 All Rights Reserved.