海外FXの救世主 追証なしのゼロカット制度 VS ロスカット制度

更新日:

海外FX ゼロカット 海外FX 初心者講座

海外FXのゼロカットは追証なし、ロスカットだけよりも安全

ゼロカット(追証なしサービス)とは、ハイレバレッジと並び海外FXならではのサービスであり、証拠金以上の損失が発生しても追証が免除されます。
海外FXではロスカットに加えてゼロカットが導入されていますが、国内FXはロスカットだけなので、ゼロカットを決め手にして海外FXで口座開設するトレーダーは少なくありません。

ここでは、ゼロカットとロスカットを比較し、ゼロカットのメリットと必要性などを詳しく解説します。

海外FXのゼロカット(追証なしサービス)対 ロスカット

FXでは、ロスカットが間に合わないと証拠金以上の損失が発生し「追証」が発生しますが、海外FXでは、ゼロカットによって、証拠金以上の損失をゼロに戻すので「追証」が発生しません。

一方、国内FXでは、ロスカットだけなので必ず追証を負担しなければなりません。

FXでは百戦錬磨はありえないため、利益を増やすには、できるだけ損失を抑える必要があることから、追証なしの海外FXの方がスムーズに利益を増やせるメリットがあり、ゼロカットは、FXに不可欠なサービスだと言えます。

海外FX ゼロカットはロスカットより損失が小さくなるので安心

「ロスカット」だけのリスク、ゼロカットが必要な理由

ロスカットとは、証拠金残高がゼロになる前に証拠金維持率が一定以下になると、ポジションを強制的に決済させて、損失の拡大を防ごうとするものです。

しかし、為替相場が急変する時には強制ロスカットによる損切りが間に合わず、口座残高がマイナスになり、「追証」が発生するリスクがあります。

相場が急変すると為替市場での取引量が急増・激増し、FX業者のトレードシステムのサーバーが不安定となり、設定していた損切りが間に合わなかったり、ロスカットが発動しないリスクがあります。

ロスカットが発動しない間に、口座残高がマイナスとなり巨額の「追証」が発生するリスクがあるのです。

ロスカットだけでは追証を完全に防ぐことはできないので、利益を効率よく増やすために、ゼロカット(追証なしサービス)が必要なのです。

海外FX の「ゼロカット(追証なしサービス)」のメリット

FXトレードにおいて利益を増やすためには、勝ち続けるか、負けを少なくすればよいのですが容易なことではありません。

常勝・百戦錬磨はあり得ないFXにおいて、通算利益を増やすには、損失のリスクを抑えるしかありません。

海外FXでは、ゼロカットが証拠金以上の損失をゼロに戻し追証が発生しないことから、損失を抑えながら利益を増やしやすいメリットがあり、FXトレードに必須の「救世主」だと言えます。

海外FXのハイレバレッジ+ゼロカットのメリット

海外FXでは、ゼロカットによって追証が発生しないことに加え、ハイレバレッジによって、国内FXよりも少ない証拠金で取引ができるので、トレードに失敗しても損失を小さくすることができるメリットがあります。

海外FXでは「ハイレバレッジ+ゼロカット」によって、損失リスクを抑えるメリットがあるのです。

ゼロカットにデメリットはないのか?

ゼロカットは証拠金以上の損失を免除し、追証を発生させないサービスなのでデメリットはないと言えます。

しかし、ゼロカットを導入していると言っている海外FX業者がゼロカットを実施しないリスクはあるでしょう。したがって、今までにゼロカットを確実に実施してきている海外FX業者であるかどうかは重要です。

たとえば、一瞬にして3,800pipsも大暴落したFX史上最大の出来事であったスイスフランショックでは、FXDDなどはゼロカットを導入していましたが、追証を免除するための負担額に音を上げてしまい、ゼロカットを実施できなかったことは有名な話です。

巨額の追証が発生したスイスフランショック時にゼロカットを実施した海外FX業者は、今後もゼロカットを確実に実施してくれる可能性が高く、当サイトが紹介しているXM(エックスエム)、TitanFX(タイタンFX)、AXIORY(アキシオリー)、HotForex(ホットフォレックス)、LAND-FX(ランドFX)はスイスフランショックやチャイナショックなどにおいてもゼロカットを実施してきているのでおすすめです。

ロスカットだけだと大損し、借金を負うリスクがある

FXトレードでは、相場の急変によりロスカットが間に合わないと証拠金以上の損失によって追証が発生します。つまり、ロスカットだけでは大損し借金を負い、今までの利益が一瞬にして消えてしまうリスクがあるのです。

たとえば、米国の雇用統計などの大きな経済指標の発表がある時には、一瞬で100 pipsくらい変動することもあり、思惑と逆の方向にレートが動くと口座残高が一瞬にしてマイナスになるリスクがあります。
また、土曜日早朝に為替市場が終了してからポジションを持ち越すと、月曜日の市場開始時に100 pipsくらい「窓が開いたり窓が埋まる」こともあります。

一瞬にして3,800pipsも大暴落したスイスフランショック、短時間で円相場が6円も急落したチャイナショック、英ポンド/円相場が27円近く暴落したEU離脱ショックほどではなくても、常日頃から、瞬時に数100pipsくらい急変するリスクにさらされており、ロスカットだけの国内FXでは、「追証という借金」を負うリスクがあるのです。

国内FXの巨額の追証(ロスカット未収入金)

下記の画像は、金融先物取引業協会が発表している国内FXでの追証(ロスカット未収金)のデータです。

表1.の2015年1月のスイスフランショック時には34億円(1,229件)、1件当り約280万円の「追証」が発生、表2.の2015年7月~2016年6月までの1年間でも約20億円、1件あたり約20万円ものの追証が発生しています。

このように国内FXでは、多くのトレーダーが巨額の追証によって一瞬にして資産を減らし、中には自己破産を余儀なくされたケースもあったほどです。

表1.  スイスフランショック時のロスカット未収金

ゼロカットがない国内FXでは、スイスショック時に巨額の追証(ロスカット未収金が発生した

表2.  2015年7月~2016年6月 12ヶ月間のロスカット未収金

国内FXでは巨額の追証(ロスカット未収金)が発生している

ロスカットだけでは上記のような「追証」のリスクを防ぐことはできませんが、ゼロカットが導入されてい海外FXを利用すれば『追証』を負担せずに済むのです。

「追証」を負担したご経験があるトレーダーやこれからFXを始めようとする方は、利益をスムーズに増やすために損失を抑えてくれる「ゼロカット(追証なしサービス)」を導入している海外FX口座の開設をおすすめします。

まとめ

  • ゼロカット制度とは、海外FXならではのサービスであり、証拠金以上の損失をゼロに戻し、損失を証拠金の範囲内に限定する『追証ゼロサービス』のことです。
  • 国内FX業者は証拠金以上の損失が発生すると必ず『追証』を請求しますが、海外FXではゼロカットにより追証が発生しなので、『損失リスクを抑える機能としてトレーダーにとって強い味方』であり、安全なトレードのための『救世主』だと言えます。
  • ゼロカット制度があるおかげで、高い投資効率によってスピーディーに利益を増やすことができます。
  • ロスカットは絶対的な安全弁ではなく、本当の安全弁は『ロスカット+海外FXのゼロカット』なのです。

海外FX業者選びに迷ったら、おすすめ業者をチェック!

海外FX口座比較まとめ 海外FX おすすめの業者

 

-海外FX ゼロカット, 海外FX 初心者講座
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.