FX基礎講座 FXでは、『売り』と『買い』の両方でトレードできる

更新日:

海外FX 初心者講座

FXでは、買ったら売る、売ったら買い戻す、が基本

FXで、1ドル = 100円のときに、1万通貨 = 1万ドルを買ったとします。
相場が105円に上がった時に(ドル高円安)売れば5万円の利益が、逆に95円で売れば5万円の損失が発生します。

このように、FXでは買ったら必ず売らなければいけません、買いに対し売る、売りに対し買うことを、反対売買といいます。

FXでは、反対売買を行わないことには損益が確定できないからです。
つまり、買いと売りが必ずセットになっていて、買った時点のレートと売った時点のレートの差額が損益になるのです。

FXの人気が高い理由は、買ったら売る、売ったら買い戻すという単純なトレードなので理解しやすいからです。

FXは、売りから入れるのが特長

FX以外の投資では、例えば株式ならば買ったら売るだけですが、FXではいきなり『売り』からトレードできるのです。

普通に考えたら、どうして何も買っていないのに売れるの?という疑問が生じるでしょう、下記の米ドル/円の例によってその理由を理解できるでしょう。

冒頭の『買い』からのトレートの例では、まず1万通貨 = 1万米ドルを買いました。この場合、証拠金を担保に1万米ドル分の日本円を借りて米ドルに交換して米ドルを買ったことになります。

ここからが重要です。

『売り』から入るトレードでは、証拠金を担保に1万米ドルを借り、そのままその米ドルを『売り』、日本円を『買う』パターンとなります。

決済するときには、買った円を『売り』、米ドルを『買い戻し』、最初の売った時点のレートと買い戻した時点のレートの差額で損益が決まります。

1ドル=100円時のトレードなので、ドル高となり105円に上がった時に買い戻せば5万円の損失、逆に95円に下がった時に買い戻せば5万円の利益が発生します。

買いからの場合と同じで、『売り』から入る場合でも外貨は必ず『買い戻す』ことがセットになります。

FXの、買い売りの表現、証拠金取引のメリット

『買い』『売り』と表現されているので混乱しやすいですが、米ドル/円の通貨ペアの場合だと、米ドルを買う場合を『買い』、日本円を買う場合を『売り』と便宜的に表現しているだけで、いずれの場合でも通貨を買ったら、その通貨を売っているに過ぎないのです。

日本人ならFX業者の口座に日本円を入金してそれを証拠金としてトレードを始めます。FX業者は証拠金という担保があれば、外貨/円の通貨ペアの、その時点で換算した日本円相当額の外貨も貸してくれるので、いろいろな通貨ペアでのトレードができるのです。

まさに、証拠金取引だからこそそのようなトレードが可能で、外貨預金や外貨両替ではできない証拠金取引の大きなメリットであるのです。

-海外FX 初心者講座
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.