FX基礎講座『FXって何?』

更新日:

海外FX 初心者講座

人気がどんどん高まっているFX

近年、人気が高まっている外国為替証拠金取引(FX)のことです。

他の投資商品と比べて、最大の特徴は少ない資金で大きな取引ができることです。

そのため、機関投資家(金融機関など)や個人の専業トレーダーだけでなく、副業としてFXを始める主婦や会社員などが増えてきています。

まず、FXの成り立ちについてお話ししましょう。

FXの成り立ち

日本では、1998年に外為法が改正されるまで外国為替取引は国から認可を受けた銀行だけに限られていましたが、個人への外国為替取引の解禁によって、個人向け取引サービスを提供するFX業者が続々と登場し、少ない元手資金で外貨預金を大きく上回るリターンが期待できるFX(タト国為替証拠金取引)が人気を集めるようになりました。

FXでは各通貨は一般的に3文字のアルファベットで表示されます。また、ある通貨を他通貨に交換することになるため、その組み合わせでUSD/JPY(米ドル/日本円)といったように表示されます、通貨の組み合わせを通貨ペアと呼んでいます。

等価交換、現物取引でないのがFXの魅力である

FX以外の外貨取引では等価交換が基本であり、例えば、海外旅行などで外貨両替するときは、100万円を100万円相当の外貨に交換したり、外貨預金も同様に、交換する外貨と等価の日本円を持っていないといけませんが、FXならレバレッジを利用することによって、例えば少ない日本円で大きな額の外貨を売買できます。

日本ではレバレッジ規制によって最大25倍なので、4万円で約1万米ドル(約100万円相当)もの外貨を売買できます。

海外ではレバレッジ規制はないので、海外FXでは最大500倍くらいは当たり前となっており、レバレッジ250倍であればたった4千円で約1万米ドルもの外貨を売買できてしまいます。

なぜこのようなことができるかというと、FXとは、外貨そのものを取引する『現物取引』ではなく、一定額の証拠金を預けて売買の権利を買う『証拠金取引』だからなのです。

またFXでは、現物株取引では禁止されている『差金決済』を行えることが特長となっています。

差金決済とは反対売買による差金(利益または損失)で決済をする取引方法です。
たとえば、円で米ドルを買ったら必ず売りで決済する方法です。110円でドルを買って115円で売れば5円の差金(利益)が発生し(その逆もあり得る)、差金として
発生する利益または損失を証拠金に加減していく方法です。

これらの特長を活用しながら利益を上げ、儲けて行こうとするのがFXであるといえます。

-海外FX 初心者講座
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.