【海外FX】FCA(金融行為監督機構)ライセンスとは?

更新日:

FX 用語 LANDFX

FCA(金融行為監督機構)とは

英国では、2012年に金融サービス法によりFSA(金融サービス機構)が解散し、金融システムの安定化の促進に責任を持つこととなったイングランド銀行(BOE)によって新たにFCA(金融行為監督機構)が設立されました。

FCA(金融行為監督機構)は、全ての金融機関や金融サービス事業会社に対する『金融行為規制』に責任を持ち、金融サービスの効率化を進め、消費者保護システムを強化・保証し、英国の金融システムの誠実性を強化することで、英国の金融システムと金融機関等の信認を維持・強化する目的で運営されています。

グローバル経済社会の進展に合わせて、世界における英国の金融機関等の信用面でのプレゼンスを高める目的でFCAの規制システムはFSA時代よりも強化されています。

イギリスの金融監督システムを担うFCA

英国 金融監督体制 FCA解説

FCAの金融行為規制の対象は銀行、保険会社、投資会社等であり、一般個人むけに金融サービスを提供しているFX業者も含まれおり、FCAは保険監督機関であるPRA(健全性規制機構)によって規制を受けない金融機関の健全性を確保するための規制を担っています。

FCAは、海外FX業者も含む金融機関等に対する審査行っており、FCAライセンスは、世界で最も厳格かつ取得が難しことで知られています。

海外FX LAND-FXでは5万ポンドまで資産が保護される

LAND-FX(ランドFX)はFCAの金融ライセンスを取得しています。

FCAの金融ライセンスを保有する海外FX業者の取引口座に資金を入金して取引しているトレーダーの資金は、FSCS(金融サービス補償機構)により最大5万ポンド(約700万円)まで保護されます。

なので、LAND-FXの取引口座に預けているトレーダーの資産も保護されるので安全でおすすめです。。

FSCSの詳細は、下記リンクの記事をご覧ください。

 

-FX 用語, LANDFX
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.