海外FX 無料VPSで約定力・約定スピードを上げる方法

更新日:

XM(XMTrading) 海外FX おすすめ情報

海外FXの取引方法はインターバンク直結のNDD方式なので、リクオート(約定拒否)がなく約定力の高さに定評がありますが、約定スピードはスプレッドに影響するため、今以上に安定した取引環境を構築し、約定力を高めることは重要です。

自動売買(EA)でポジションを保有している際にパソコンに不具合が発生してしまい思わぬ大きな損失が発生したり、また、取引回数が多いスキャルピングでは、約定の遅延により想定以上のスプレッド(取引コスト)が発生してしまうリスクもゼロではありません。

そんなリスクを回避するために、おすすめしたいのがVPSサーバー(仮想専用サーバー)の活用です。

ここでは、約定に遅延が発生してしまうメカニズムと海外FXで利用できる無料のVPSサービスについて解説いたします。

約定スピードが遅くなる原因は?

サーバーの距離とレイテンシー(遅延)

レイテンシー(遅延)は基本的にインターバンク市場のサーバーから遠くなるほど大きくなります。

トレーダーのPC  FX業者のサーバー  インターバンク市場のサーバー

サーバー間の距離が近いほど約定スピードは速くなります(遠ければ遅くなります)

 

海外FX業者のサーバー(ロンドンやニューヨ―ク)  インターバンク市場のサーバー(ロンドンやニューヨーク)

通常、海外FX業者のサーバーはロンドンやニューヨークにあるのでレイテンシー(遅延)は大して生じません

 

トレーダーのPC(日本)  海外FX業者のサーバー(ロンドンやニューヨーク)

トレーダーのPCは、日本とロンドン間、日本とニューヨーク間で距離があるので200ミリ秒~300ミリ秒のレイテンシー(遅延速度)が生じます

%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e9%81%85%e5%bb%b6

海外FX業者が提供しているVPSサーバーがおすすめ

VPSサーバーは、海外FX業者がサーバー業者から借りているサーバー環境でMT4などのトレードプラットフォームを運用するものです。例えばキプロス系のFX業者などはロンドンやニューヨークにわざわざVPSサーバーを設置して約定力と約定スピードを高めています。

XMのVPSサーバーはロンドンに設置されている

XMのVPSサーバーはロンドンに設置されており、自社のサーバーが設置されているデータセンターから約1.0kmの距離に位置しているためレイテンシー(遅延)はまったく生じないためVPSサーバーの活用がおすすめなのです。

トレーダーのPC(日本)  FX業者のサーバー(ロンドンやニューヨーク) 

      

トレーダーのPC(日本)  海外FX業者のVPSサーバー(ロンドンやニューヨーク)  海外FX業者のサーバー(同左)

に置き換わり、ほぼ同じ場所となるので200ミリ~300の遅延スピードが解消されることになります。

 

今までのレイテンシー(遅延)が350ミリ秒であった場合、VPSサーバー経由となることで

現状のレイテンシー(遅延): 350ミリ秒 - 距離のロスト分: 300ミリ秒 = 50ミリ秒(0.05秒)
に向上することになります。

 

なお、日本のサーバー業者のVPSサーバーは日本にあるので距離的にレイテンシーは解消されないことがあるので注意しましょう。

XM(エックスエム)の無料VPSがおすすめ

XMでは下記の条件をクリアしていれば無料でVPSを利用できるのでおすすめです。

  • 最低金額(有効証拠金‐クレジット)USD 5,000以上
  • 1か月に最低でも5回以上のトレードがある

XMの無料VPSのメリット

XMは約定力に優れていますが、VPSサービスを用いることで取引環境をより一層強化すことが可能です。
XMのVPSを利用するとロンドンにあるXMのデータセンターから至近距離 (1.5mk)に配置されているVPSに光ファイバーでアクセスでき以下のメリットがあります。

  • 約定スピードをもっと高速化できる
  • 365日24時間、常時MT4/MT5をオンライン接続し稼働できる
  • どこからでもアクセスできる
  • 自動売買(EA)やシグナル取引に最適

特に自動売買(EA)を行う場合にパソコンの電源すら入れなくても稼働させたままにできるので、パソコンの不具合などが発生しても問題なくトレードが行われます。

上記の条件をクリアしていない場合でも、会員ページにて月々28米ドル(約2,800円)の手数料で「XM MT4 VPS サービス」を利用できるので人気が高いです。
日本のサーバー業者のVPSサーバーの月々のレンタル料金が2,400円であることを考えると費用的に妥当な価格設定となっています。

XM(エックスエム)は、世界最大のVPSプロバイダーであるBEEKS FINANCIAL CLOUD社を採用しています。BEEKS FINANCIAL CLOUD社のVPSサーバーは同社のロンドンのデータセンターを経由してホストされ、遅延が生じないVPSサービスを提供しています。

トレーダーのPC (MT4/MT5)  ⇒  BEEKS FINANCIAL CLOUDのVPSサーバー(ロンドン) ⇒  XMのサーバー(ロンドン)

無料または手ごろな料金で利用できるXMのVPSサービスを導入することで安定した取引環境を築くことができるので、特に、自動売買(EA)を行っているトレーダーにはおすすめです。

関連記事: XM(エックスエム)の評判・レビュー
関連記事: XM(エックスエム)の口座開設

-XM(XMTrading), 海外FX おすすめ情報
-, , , , ,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | おすすめ海外FX業者を独自調査し厳選! , 2019 All Rights Reserved.