海外FX業者 資金管理方法で比較

更新日:

海外FX 初心者講座

海外FX口座  資金管理方法で比較(信託保全/分別管理で比較)

海外FX業者を選ぶ際には資金管理方法もチェックしておきましょう。

FXでの資金管理とは、FX業者がトレーダーから預かったトレード資金(証拠金)と運用益を管理することであり、その管理方法には

  • 信託保全
  • 分別管理

の2種類があります。

海外FXでは、信託保全は法的な義務ではありませんが、金融ライセンスを保持している海外FX業者は金融規制当局の厳しい管理監督によって分別管理を行う義務があり、全てではありませんが、下記の海外FX業者には信託保全が導入されています。

資金管理の安全性の観点から、金融ライセンスを保持し、分別管理と信託保全が導入されている海外FX業者で口座開設することをおすすめします。

当サイト厳選5社の全てが金融ライセンスを保持しており分別管理を行っています。

キプロス証券取引委員会から金融ライセンスを取得している6社(XM、HotForex、Traderstrust)は、最大20,000ユーロ(約50万円)までの顧客資金を保護する「投資家補償基金」に加盟し信託保全を導入しています。

LAND-FXは、FCA(英国金融行為監督機構)のライセンスを取得しており、FSCS(金融サービス補償機構)に加盟しているので最大5万ポンド(約700万円)まで資金が保護される信託保全が導入されています。

また、AXIORYではSparkasse銀行の信託口座に信託保全、TitanFXではNational Australia銀行の信託口座に信託保全しているので全額保護されます。

海外FX業者 信託保全 分別管理
XMXM_logo


投資家補償基金(ICF)により、
トレーダーの資産を最大20,000ユーロ(約250万円)まで補償

AXIORYAXIORY_logo_wp


トレーダーの資産「全額」を信託保全(Sparkasse銀行の信託口座に完全分離管理)

LAND-FXAXIORY_logo_wp


FSCS(金融サービス補償機構)により、
トレーダーの資産「5万ポンド(約700万円)」まで補償

TitanFXTitanFX_logo_wp


トレーダーの資産「全額」を信託保全(National Australia銀行の信託口座に完全分離管理)

HotForex
XM_logo


投資家補償基金(ICF)により、
トレーダーの資産を最大20,000ユーロ(約250万円)まで補償

Traderstrust  traderstrust_logo_wp


投資家補償基金(ICF)により、
トレーダーの資産を最大20,000ユーロ(約250万円)まで補償

関連記事: 海外FX業者の顧客資金管理方法
関連記事: 海外FX口座 信託保全で比較

-海外FX 初心者講座
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.