海外FXのレバレッジ500倍でどれくらい儲かるのかを検証した

更新日:

海外FX おすすめ情報 海外FX レバレッジ

海外FXでは国内FXのようなレバレッジ規制がないため、最大レバレッジ400倍~500倍が標準です。

ハイレバレッジはロスカットしやすくなりますが、国内FXの最大レバレッジ25倍と単純に比べると、海外FXの資金効率ははるかに高いです。

ここでは、レバレッジ500倍でどのくらい稼ぐことができるのか、また、ロスカットリスクをできるだけ抑えるトレードのやり方も含め、海外FXのハイレバレッジの投資効率を検証します。

最大レバレッジ500倍の稼ぐ力(資金効率)を検証

海外FXの標準的な最大レバレッジ500倍は、単純計算では、国内FXの最大レバレッジ25倍よりも資金効率は20倍も高いわけですが、ここでは、FXシミュレータを用いて、1,000万円を稼ぐまでのトレード回数とトレードで重要なロスカットリスクも考慮し、ロスカットの計算も行い投資効率を検証していきます。

FXシミュレータは最大1,000倍まで計算できる「JinsakuSoftOkiba」を使用しています。

海外FX レバレッジ500倍の計算

証拠金20,000円を最初の純資産とし、その純資産に獲得した利益を加算した資金でトレードを続けていくと何回で利益が1,000万円に達するかを計算します。

計算条件

  • 入金純資産額:20,000円(証拠金)
  • 最大レバレッジ:500倍
  • 通貨ペア:米ドル/円
  • 注文時レート:100円
  • エントリー:買い
  • 取引数量(ロット/10万通貨):その時々の最大可能枚数
  • ロスカット率:20%
  • 利確pips:50 pips

 

取引数量は自動計算されないので、当初証拠金に各回の利益を加算した証拠金残高に対しレバレッジ500倍を掛けて取引可能額をベースに算出します。

取引数量={証拠金残高(当初証拠金+各回の利益)X 500倍 ÷ 100円}÷ 100,000(1ロット)X 100

FXシミュレーターでレバレッジ500倍の利益を計算

この計算を複数回続けていきます。

レバレッジ500倍なら、5回目で1,000万円を超えるが...

下記の通り、20,000円でトレードを始めても5回目のトレードで利益が1,000万円を越えます。少額資金で始めてもハイレバレッジの資金効率が高いことを示しています。

有効証拠金
残高
ロット数
(ロット:10万通貨)
各回の利益 利益累計 ロスカットレベル
(逆行pips)
20,000円 1ロット 50,000円 50,000円 16 pips
70,000円 3.5ロット 175,000円 225,000円 16 pips
245,000円 12.25ロット 612,500円 837,500円 16 pips
857,500円 42.875ロット 2,143,750円 2,981,250円 16 pips
3,001,250円 150ロット 7,500,000円 10,481,250円 16 pips

1日の中で好条件な相場変動が2回、3回起これば初期資金20,000円だけでも数十万円の利益を獲得できる計算です。

しかし、逆行pipsが低く、すぐロスカットしてしまうリスクが高い問題があります。上記の条件でレバレッジ400倍にした場合でも逆行pipsは20 pipsなのでロスカットのリスクが高すぎます。

ロスカットのリスクを考慮して最大200倍までが妥当

ロスカットのリスクを考慮し、やはりもう少し初期資金を厚めにしてレバレッジも低く設定してみましょう。

計算条件

  • 入金純資産額:50,000円(証拠金)
  • 最大レバレッジ:200倍
  • 通貨ペア:米ドル/円
  • 注文時レート:100円
  • エントリー:買い
  • 取引数量(ロット/10万通貨):その時々の最大可能枚数
  • ロスカット率:20%
  • 利確pips:40 pips

 

今度は証拠金を2倍以上の50,000円に増やし、レバレッジを200倍に設定します。

計算上はレバレッジを200倍に下げても7回以上で利益が1,000万円以上に達し、逆行pipsも2倍以上も余裕が生まれます。利確を50pips以下で計算しても早いペースで大きな利益を出せることが容易に想像できると思います。しかし、逆行pipsがずっと40 pipsのままではロスカットする確率を抑えることはできないので、下記のような利益推移はまずあり得ないでしょう。

証拠金
(入金額)
ロット数
(ロット:10万通貨)
各回の利益 利益累計 ロスカットレベル
(逆行pips)
50,000円 1ロット 50,000円 50,000円 40 pips
100,000円 2ロット 100,000円 150,000円 40 pips
200,000円 4ロット 200,000円 350,000円 40 pips
400,000円 7.2ロット 400,000円 750,000円 40 pips
800,000円 16ロット 800,000円 1,550,000円 40 pips
1,600,000円 32ロット 1,600,000円 3,150,000円 40 pips
3,200,000円 64ロット 3,200,000円 6,350,000円 40 pips
6,400,000円 128ロット 6,400,000円 12,750,000円 40 pips

レバレッジ200倍以下、ロットを下げれば稼ぐ確率が上がる

初期資金が50,000円よりもっと大きいに越したことはありませんが、50,000円の証拠金でスタートし、利確が20pipsであっても増えた証拠金に対して毎回ロットサイズを控えめに設定していけばリスクを抑えながら利益を増やしていけます。

下記のように立ち上がりからロットを上げないことで逆行pipsを徐々に上げていき、ロスカットを喰らわないように地道に利益を増やすのです。とにかく、立ち上がりからつまずかないようにすることが重要です。

有効証拠金
残高
ロット数
(ロット:10万通貨)
各回の利益 利益累計 ロスカットレベル
(逆行pips)
50,000円 1ロット 20,000円 20,000円 40 pips
70,000円 1ロット 20,000円 40,000円 60 pips
90,000円 1ロット 20,000円 60,000円 80 pips
110,000円 1ロット 20,000円 80,000円 100 pips
130,000円 1ロット 20,000円 100,000円 120 pips
150,000円 1ロット 20,000円 120,000円 140 pips
170,000円 1ロット 20,000円 140,000円 160 pips

あとは、最低でも逆行pipsが100 pips以下にならないレベルでトレードを進める方がよいでしょう。

XMの100%ボーナス&レバレッジ200倍は、もっと儲かる確率が上がる

XMの最大レバレッジ888倍ですが、レバレッジ200倍までをおすすめします。

そして、XMでは初回のロスカットレベルをもっと下げ、儲かる確率をさらに高められます。

その理由は、XMではボーナス100%をもらえるので、上記と同じ50,000円を入金するだけで2倍の証拠金100,000万円でトレードできるからです。2倍の証拠金になりますがロットは1.5ロットに抑えて、利確は20 pipsで計算していきます。

有効証拠金
残高
ロット数
(ロット:10万通貨)
各回の利益 利益累計 ロスカットレベル
(逆行pips)
100,000円 1.5ロット 30,000円 30,000円 57 pips
130,000円 1.5ロット 30,000円 60,000円 77 pips
160,000円 1.5ロット 30,000円 90,000円 97 pips
190,000円 1.5ロット 30,000円 120,000円 117 pips
210,000円 1.5ロット 30,000円 150,000円 137 pips
240,000円 1.5ロット 30,000円 180,000円 157 pips
270,000円 1.5ロット 30,000円 210,000円 177 pips

上記の通りボーナスを利用することで1.5ロットに上げても逆行pipsは若干高くなります。利益累計も同じ7回のトレードで、XMの方が70,000円も多くなります。そして、有効証拠金がもっと増えていけば、時々ロット数をもっと高くしても、逆行pipsを高水準を維持させながら利益を増やしていくことも可能です。、

100%ボーナスの詳細については、以下の記事をお読みください。

 

国内FXのレバレッジ最大25倍の資金効率は低すぎる

国内FXの最大レバレッジを25倍では、レバレッジが極端に低すぎるので、取引金額があまりにも少額となるため取引数量(ロット枚数)が極端に小さくなります。

たとえば、XMと同じ初期証拠金100,000円でトレードできる金額は250万円、0.25ロット(25,000通貨)なので、利益はたった5,000円しか出ません。

 

海外FXのゼロカットで損失を抑制させながら稼ぐことが可能

最大レバレッジ200倍以下でトレードしたとしてもロスカットになる可能性は当然あります。
また、相場が大きく変動しロスカットが間に合わないような時にスリッページ(すべり)によって口座残高がマイナスになっても、海外FXにはゼロカット(追証なしサービス)があるのでロスカットだけの国内FXよりも損失リスクは低いのです。

海外FXのゼロカットは、証拠金以上の損失額をゼロに戻し、損失は証拠金以上にならないため追証を払わなくて済みます。つまり、トレーダーは最初に入金した証拠金以上の損失を被らないので、損失額は証拠金だけに限定されます。

ハイレバレッジはロスカットのリスクは高まりますが、ゼロカットが導入されている海外FX業者はおすすめです。

XMはゼロカットを導入しており、当サイト管理人も実践している「XMのハイレバレッジ&両建てトレード」も参考にしてください。

 

-海外FX おすすめ情報, 海外FX レバレッジ
-, ,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | おすすめ海外FX業者を独自調査し厳選! , 2019 All Rights Reserved.