海外FX口座 スプレッド比較ランキング

更新日:

海外FX スプレッド 海外FX 比較

海外FX業者 スプレッド比較

下記は2019年3月1日時点の平均スプレッドです。
STP口座は取引手数料なし、ECN口座のスプレッドは取引手数料込みです、各海外FX業者の取引手数料は下記のとおりです。

取引手数料(片道)

海外FX業者 取引手数料(ECN口座)
TitanFX 3.5ドル
AXIORY 3.0ドル
HotForex 3.0ドル
LAND-FX 3.5ドル
XM(XMTrading) 5.0ドル

海外FX業者 スプレッド

ECN口座のスプレッドは取引手数料込みです。

海外FX業者 USD/JPY
(STP口座)
USD/JPY
(ECN口座)
EUR/JPY
(STP口座)
EUR/JPY
(ECN口座)
TitanFX 1.4pips 0.3pips 1.4pips 0.7pips
AXIORY 0.9pips 0.4pips 1.0pips 0.8pips
HotForex 1.0pips 0.4pips 1.6pips 0.8pips
LAND-FX 1.4pips 0.9pips 1.9pips 1.0pips
XM(XMTrading) 1.7pips 0.5pips 1.7pips 0.5pips

その他の通貨ペア、最小スプレッドと平均スプレッドを比較したい方は下記の関連記事もご覧ください。

スプレッド=取引コストは重要

「スプレッド貧乏」という表現、ご存知ですか?

トレードスキルがあってトレード自体は上手なのになぜか利益が増えていかないトレーダーのことを「スプレッド貧乏」といいます。

特に小さい利幅を狙っていくスキャルピングでは取引回数が多くなる傾向があり、スプレッドが高いと取引コストがかさんでしまい「費用対効果」が低くなってしまうからです、

つまり、取引量・回数が多いトレーダーの場合、一見少ししか違わないスプレッドが利益を大幅に減らしてしまう原因となり得るので注意しなければなりません。

FX業者を変更するのを面倒臭がったり、少々広いスプレッドのままで構わないと考えず、できるだけ有利なスプレッドを提供している海外FX業者で口座開設しましょう。

スプレッド重視ならTitanFX、HotForex、AXIORYがおすすめ

また、スプレッドは約定力が弱いと広がる傾向があるので、当サイトでは優れた約定力と狭いスプレッドを提供している海外FX業者をランキングにしています。

TitanFX(タイタンFX)、AXIORY(アキシオリー)、HotForex(ホットフォレックス)のスプレッドは海外FX業界最狭・最安水準でありスプレッド重視の方にはおすすめの海外FX業者だと言えます。

海外FX スプレッド比較ランキング

海外FXのレバレッジ最大の平均は400倍~500倍ですが、当サイトが紹介している海外FX業者のレバレッジは最大400倍~1,000倍です。ハイレバはスキャルピング、デイトレードといった短期トレードに適しており、ハイレバレッジかつスプレッドの狭い海外FX口座がおすすめです。

ランキングは2019年3月1日時点の平均スプレッドをもとにしています。

順位をクリックすると評判・評価レビュー記事へ進みます。

第1位 TitanFX(タイタンFX)

第2位 AXIORY(アキシオリー)

第3位 HotForex(ホットフォレックス)

第4位 LAND-FX(ランドFX)

第5位 XM(XM Trading)

 

-海外FX スプレッド, 海外FX 比較
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | おすすめ海外FX業者を独自調査し厳選! , 2019 All Rights Reserved.