海外FX口座 口座凍結、出金拒否の可能性は?

更新日:

海外FX 出金拒否 海外FX 初心者講座

海外FX業者でも出金拒否や口座凍結はあるのか?金融ライセンスを取得していない業者はまず危険です

海外FX業者による口座凍結、出金拒否はあるのか?

FXで稼いだら出金します、出金できてこそ今までの利益を手にすることができます。

ですから、理不尽な口座凍結や出金拒否を行わないFX業者を利用しなけれないけません。

では、海外FXでは口座凍結や出金拒否に遭遇することはあるのでしょうか?

残念ながら「あります」。

金融ライセンスを取得していない海外FX業者は要注意

海外FX業者の中には不当な口座凍結や出金拒否を行っていることもあります。

ただし、金融ライセンスを取得していない一部の海外FX業者が不当な理由で行っているケースがほとんどです。金融ライセンスを保有している海外FX業者はライセンスの規則に従わないと営業を継続できなくなるため、一般に不当な口座凍結や出金拒否を行うことはあり得ません。

トレードのルールを理解しておくことも重要

ルールに違反したトレードを行ってしまうと、金融ライセンスを保有している海外FX業者であっても口座凍結や出金拒否を行うこともあります。

口座凍結や出金拒否の憂き目に遭わないように以下のルールを理解した上でトレードしましょう。

ルールを理解しないままトレードを行い、無意識の内にボーナスの不正取得や違反トレードを行ってしまい、口座凍結や出金拒否に遭ってしまったと誤解してしまうことがあるので注意しましょう。

ボーナスの不正取得やなど違反を行うと口座凍結や出金拒否される

海外FX業者が定めている利用規約に違反した場合には口座凍結されます、代表的な規約違反には以下のものがあります。

複数口座間での両建てトレードが禁止されている場合がある

一般にFX業者は複数のトレード口座間での両建てトレードを禁止しています。同一の海外FX業者において2つ以上の口座を持っていて、2つ以上の口座間での両建てトレードは禁止されています。

また、ごく稀に同一口座内での両建てトレードも禁止しているケースもありますが、以下の海外FX業者は同一口座内での両建てトレードを認めています。

  • XM(エックスエム)
  • TitanFX(タイタンFX)
  • AXIORY(アキシオリー)
  • HotForex(ホットフォレックス)
  • LAND-FX(ランドFX)

他のFX業者との両建てトレードは禁止されている

通常、他のFX業者のトレード口座も用いた両建てトレードも禁止されています。例えば、国内FX口座と海外FX口座との間で行う両建てトレード、別のFX業者の口座を持っている友人やグループ内での両建て取引、裁定取引も違反となります。

裁定取引 (アービトレージ)は禁止されている

裁定取引(アービトラージ)とは市場間の価格差やレート差を利用して利益を上げようとする取引であり、他のFX業者間のレート差を利用して利益を上げる取引は禁止されています。

ボーナスを利用した両建てトレードは禁止

ボーナスを使った複数口座間の両建てトレードや他FX業者間の両建てトレードにボーナスを利用することを禁止しています。このようなトレードはボーナスを利用してリスクを負わずに利益を得ようとする行為だからです。このようなヘッジトレードはボーナスを提供している全ての海外FX業者が禁止しています。

上記の違反トレードを行うと口座凍結や出金拒否という措置を取られるリスクがあるので注意が必要です。

海外FX口座を長期間利用してない場合、出金できなくなる

6ヶ月~1年間くらいトレードを行わないと口座を保護するために口座凍結するルールを設けている海外FX業者があります。

口座残高がある場合に久々に出金しようとして出金できないケースが相当します。

長期間利用されていない海外FX口座が何らかのトラブルに巻き込まれないために一定期間を過ぎると口座凍結しているだけです。少額でも残高がある口座の保護を確実にする目的で口座凍結するだけなのでカスタマーサポートに連絡の上、口座再開申請書の提出などの所定の手続きを行えば口座の凍結は解除されます。

金融ライセンスを保有している海外FX業者は、口座凍結・出金拒否のリスクが少ない

上記のような違反トレードを行っていないのに口座凍結や出金拒否を行うのは金融ライセンスを取得していない悪質な海外FX業者がほとんどです。

金融ライセンスを取得していない、金融規制当局によって規制されていない海外FX業者は不当な口座凍結や出金拒否が容易に行えますが、金融ライセンスを取得している海外FX業者は金融規制当局の厳しいチェックが入っているので詐欺的行為を簡単にできません。

また、金融ライセンスを取得していない海外FX業者は取得している業者と比べると組織体制や財務基盤が劣っていることが多く資金繰りが厳しくなる傾向があるため不当な口座凍結や出金拒否を起こすリスクが高いのです。

したがって、不当な口座凍結や出金拒否に遭わないためには金融ライセンスを取得・維持している海外FX業者で口座開設しなければなりません。

FX業者が採用している取引方法が『口座凍結・出金拒否』に関係する

結論から言いますと、国内FXでは口座凍結リスクが高く、海外FX口座は凍結されにくいのです。

国内FXで口座凍結されやすい

なぜ国内FXでは口座凍結されやすいかというと、国内FXのほとんどがDD取引(ディーリングデスク方式)を採用しているからです。

DD取引では業者はトレーダーからの注文を為替取引市場には流さず、FX業者の為替ディーラーが注文を受け付けて業者内で抱えます。このDD取引ではFX業者とトレーダーの間に『利益相反取引(相対取引)』関係が生じます。

『利益相反取引』では取引当事者の一方が儲ければもう一方が損するため、国内FX業者は自社が損しないためにトレーダーの注文を拒否したり最悪は口座凍結するリスクがあります。とくにトレーダーが多額の利益を出し続けると口座凍結や出金拒否に遭うリスクが高くなります。

海外FXは口座凍結されにくい

海外FX口座のほとんどはNDD取引(ノンディーリング方式)という注文処理方法を採用しています。

NDD取引を採用している海外FX業者はトレーダーからの注文を為替取引市場にダイレクトに流すので海外FX業者のディーラーは一切取引に関与しません。そのため海外FX業者は基本的に単なる取次業者として仲介手数料であるスプレッドを主な収益源としています。海外FX業者の多くは本来の仲介業者(取次業者)としての役割を果たすことに徹しています。

スプレッドのみを収益源としている海外FX業者は、トレーダーがどんどん儲かりどんどん取引を増やすほどスプレッド収入が増えるため、トレーダーが稼ぎまくっても口座凍結や出金拒否を行うことはまずあり得ません。

まとめ 口座凍結・出金拒否

  • 海外FXでは主に金融ライセンスを保持していない業者が不当な口座凍結や出金拒否を行います。
  • 金融ライセンスを保持している正規の海外FX業者であっても、長期間利用されていない口座であるとラブル防止目的で口座凍結することがあります。
  • 金融ライセンスを保持している正規の海外FX業者であっても、トレーダーが違法トレードを行うと口座凍結することがあります。
  • 金融ライセンスを保持していない海外FX業者は金融規制当局の目が届かないことを良いことに不当な口座凍結や出金拒否を起こしやすいのです。
  • NDD方式を採用している海外FX業者の方が不当な口座凍結や出金拒否を起こしにくいです。

安全性、信頼性などが優れていて、収益性も望める海外FX口座開設を以下にご紹介いたします。

海外FX業者選びに迷ったら、おすすめ業者をチェック!

海外FX口座比較まとめ 海外FX おすすめの業者

 

-海外FX 出金拒否, 海外FX 初心者講座
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.