海外FX口座 取引手数料で比較

更新日:

海外FX 比較

【海外FX】取引手数料が「ある」口座と「ない」口座を比較

海外FXでは取引手数料が「ある」口座と「ない」口座があります。

ほとんどの海外FX業者が取引方式としてNDD方式を採用しており、NDD方式にはSTP方式とECN方式の2つがあり、一般的に、STP口座がスタンダード口座、ECN口座は業者ごとに呼び方が異なります。

そして、取引手数料は、

  • STP方式=取引手数料なし
  • ECN方式=取引手数料あり

となっています。

そして、コスト的には、

  • 取引手数料がないSTP口座のスプレッド=普通
  • 取引手数料があるECN口座のスプレッド=狭い(安い)

ことがほとんどです。

また、一般的な利用のされ方としては以下の傾向があります。

  • 取引手数料がないSTP口座=ロットサイズが小さい注文に利用
  • 取引手数料があるECN口座=ある程度のロットサイズがある注文に利用

されることが多いです。

そして、

  • 小さいロットから始める初心者=STP方式のスタンダード口座を利用する傾向
  • 大きめのロットサイズで取引する中・上級者=ECN口座を利用する傾向

があります。

STP口座とECN口座の違いについての詳細は下記をご覧ください。

海外FX  ECN口座の取引手数料を比較

( )内は取引手数料込みのスプレッド。

海外FX業者 取引手数料
(片道)
米ドル/円 
(最小/平均)
ユーロ/円
(最小/平均)
XM 5.0ドル 0.0 / 0.3
(1.3)
0.0/0.5
(1.5)
TitanFX 3.0ドル 0.0 / 0.2
(0.8)
0.1/0.6
(0.9)
AXIORY 3.5ドル 0.0 / 0.4
(1.0)
0.0/0.7
(1.3)
HotForex 3.0ドル 0.0/ 0.2
(0.8)
0.1/0.8
(1.4)
LAND-FX 3.5ドル 0.0/0.9
(1.5)
0.0/1.0
(1.6)

その他の通貨ペア、英ポンド/円、豪ドル/円、カナダドル/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/米ドルの最小/平均スプレッドも比較したい方は下記の記事でご確認ください。

 

海外FX   ECN口座とSTP口座の違い

STP方式とECN方式では、トレーダーの注文はインターバンク市場またはECN市場に直接流されるので取引の透明性が高いと言われています。

STP方式では、トレーダーの注文は、金融機関やFX業者などのリクイディティプロバイダーが参加しているインターバンク市場に直接流され、提示されてくる為替レートの中から最も有利なレートと売買をマッチングさせます。

ECN方式では、トレーダーの注文は、FX業者が決めている不特定多数のリクイディティプロバイダーも参加しているECN市場に直接流されており、インターバンク市場に参加しているリクイディティプロバイダーから提示されてくるレートともマッチングされているため、STP方式よりも売買がスムーズに成立しやすいメリットがあります。

基本的にSTP方式は、ECN市場を補完するためのものであり、リクイディティプロバイダーの数はECN市場の方が多く、ECN口座の方が売買のマッチングがスムーズかつ有利なレートがマッチングされやすいのでECN口座のスプレッドの方が安いことが多いのです。

いずれにしても、STP方式とECN方式では、トレーダーの注文はインターバンク市場もしくはECN(電子取引所)に直接流されるので海外FX業者のディーラーが一切関与しないため取引の透明性と健全性が高いです。

NDD方式(ノー・ディーリング・デスク方式)の特徴

  • トレーダーの注文は取引市場に直結、海外FX業者のディーラーは全くトレードに関与しないので不正操作ができないため信頼性・安全性が高い
  • 「STP方式」= 取引手数料が「無料」+約定力は良い+スプレッドが普通
  • 「ECN方式」= 取引手数料が「有料」+約定力は優れている+スプレッドが安い

 

 

-海外FX 比較
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | おすすめハイレバ海外FX口座で稼ぐ! , 2019 All Rights Reserved.