海外FXの出金方法とAML法(アンチ・マネー・ロンダリング法)

更新日:

海外FX 初心者講座

マネーロンダリングとは

マネーロンダリング(Money Laundering)とは「資金洗浄」のことです。

不正取引、違法行為などで得た資金や企業の隠し資金を、様々な方法で資金を移動させることによって資金の出所や流れをわからなくすることで合法な資金と変わらないようにすることです。

資金を銀行やタックスヘイブン(租税回避地)に存在する企業などに転々とさせることでその出所や受益者をわからなくする行為です。

アンチマネーロンダリングとは

このような資金洗浄行為を防止するために犯罪収益移転防止法による「アンチマネーロンダリング対策(AML: Anti Money Laundering)」が金融機関や一定の事業者に対して、

  • 取引時の本人確認
  • 本人確認記録の保存
  • 取引記録の保存
  • 犯罪によって取得された収益であるなどの疑わしい取引の届出等

が義務付けられています。

そして、資金の出所が見えなくなることを回避させるために、アンチマネーロンダリング(AML)によって資金を移動元にしか移せないことになっています。

海外FXの出金で知っておくべきAML

海外FXでの収益等を出金する上でAMLを理解しておくことは重要です。

海外FXでの入金・出金方法は主にクレジットカード、銀行送金、オンライン決済サービスを利用することが多いですが、AMLによって資金を資金元にしか移動出来ない規制があるため、海外FX口座から資金を出金する場合も資金元にしか移動ができないことになっています。

そのため基本的に出金方法は以下の通りとなります。

  • クレジットカードで入金した場合、入金で使用したクレジットカードへの出金しかできない
  • 海外送金で入金した場合は、入金元である銀行口座への出金しかできない
  • オンライン決済サービスで入金した場合、入金元であるオンライン決済サービスの口座への出金しかできない

海外FXで出金拒否と間違えられるAML規制

海外FX業者による出金拒否に遭ってしまったというトレーダーからの苦情などが取りざたされることがあります。
そのような苦情のほとんどはAML規制による入金元にしか出金できないというルールを理解していないトレーダーが誤った出金方法を選択することで出金できないケースがほとんどなのです。

例えば、クレジットカードで入金したのに海外送金で銀行口座へ出金しようとして出金拒否に遭ってしまったと誤解するケースがほとんどなのです。

海外FXで出金する際は、入金元への出金が求められることを忘れないようにしましょう!

関連記事: 海外FX 入金・出金について

-海外FX 初心者講座
-, , ,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | おすすめ海外FX業者を独自調査し厳選! , 2019 All Rights Reserved.