海外FX 詐欺、出金拒否、ハイレバレッジなどは大丈夫なのか?

更新日:

海外FX 出金拒否 海外FX 初心者講座

海外FXの魅力は何と言ってもハイレバレッジ、ゼロカット(追証ゼロサービス)や手厚いボーナスキャンペーンなどの儲かるトレード環境が用意されていることです。

しかし、初めてFXを始める初心者や今まで国内FXでのトレードの経験しかない方の中には

  • 海外だから詐欺業者が多いのでは..
  • 出金拒否のリスクがあるかも...
  • ハイレバレッジトレードは危険なのでは...
  • 海外FXのトレードシステムを憶えるのは大変では...
  • 英語ができないとトレードできないのでは...

といった不安を抱くかもしれません。

そこで、ここではそんな不安に対して実際はどうなのかを解説していきます。

海外FX業者には詐欺業者が多いのでは?

金融ライセンスを取得している海外FX業者を選ぶ

海外FXのみならず万国共通して言えることですが、詐欺業者は出金拒否やトレードの不正操作を行うことが多く、金融ライセンスを取得していない業者と付き合うと詐欺に遭う危険性が非常に高いので、金融ライセンスを取得している海外FX業者で口座開設しなければいけません。

金融ライセンスを取得している海外FX業者の中で特におすすめは、EUのMiFID(金融商品市場指令)の規制に準拠しているキプロス証券取引委員会(CySEC)から金融ライセンスを取得している海外FX業者です。
MiFIDが定めている『利益相反防止の義務』に従わなければならないため、トレーダーからの注文を直接インターバンクに流すNDD(ノンディーリングデスク)という取引方式を採用しています。
NDD方式ではFX業者のディーラーがトレードに一切関与できないことから業者に有利となる不正操作(トレーダーに不利な操作)ができないのでトレードの透明性と信頼性が高く安全なのです。

当サイトの厳選5社の内

  • XM(エックスエム)
  • TRADERSTRUST(トレーダーズトラスト)

はキプロス証券取引委員会から金融ライセンスを取得しているので非常に信頼性が高い海外FX業者であると言えます。

トレーダーが儲かると海外FX業者も儲かる

海外FXでのトレードはインターバンクに直結しているので海外FX業者の利益はスプレッドだけとなっています。
海外FX業者はスプレッド収入を増やすために手厚いボーナス・キャンペーンを提供したりとトレーダーとのウィンウィン(WIN-WIN)の関係を重視しており日本の国内FXのトレード環境よりも優れているのです。

国内FXのDD取引は危険

国内FXでは金融ライセンスを取得している大手業者でさえもDD方式を採用しており、トレーダーの注文は為替取引市場に直結されることなく国内FX業者が注文を一旦抱えることになります。そのため、競馬の『ノミ行為』の同じ利益相反取引が行われるリスクがあるのです。

関連記事: MiFID(金融商品市場指令)とは?グローバルスタンダードの海外FX業者は?
関連記事: 海外FX  インターバンク市場とFX取引/海外FXと国内FXの違い

海外FXでは、出金拒否されることがある?

答えは、出金拒否されることはありません。

金融ライセンスを取得していない海外FX業者はが危険

これまで当サイトでも海外FX業者の実態調査を行ってきましたが、出金拒否するのは金融ライセンスを取得していない業者が圧倒的に多いのです。

金融ライセンスを取得している業者は時間とコストをかけて金融ライセンスを取得できる組織体制を構築してから金融規制当局の監督下で運営していますが、金融ライセンスを取得していない業者の営業体制はいい加減なことが多く、金融規制当局からのチェックも受けることがないので出金拒否する可能性が高いのです。

ですから、海外FX業者選ぶ際は必ず金融ライセンスを取得しているかを確認し、取得していない業者との取引は絶対に避けるべきです。

出金拒否と間違えやすいケース

金融ライセンスを取得している信頼できる海外FX口座であっても以下のケースではトレーダーは出金できないルールとなっています。これらのルールを理解しないまま出金しようとして出金できないため出金拒否に遭ったと勘違いするトレーダーが多いのです。

業者からもらったボーナス

通常ボーナスはトレード資金として利用できますが、ボーナスをそのまま引き出すことはできません。なお、ボーナス資金でトレードして得た利益は出金できます。

クレッジットカードでの出金限度額を越えた場合

出金トラブルで最も多いのがこのケースです。
トレーダーが出金ルールを理解していない、もしくはルールを守らないことが原因となっているものです。

クレジットカードでの出金にはアンチ・マネーロンダリング法(資金洗浄防止法、AML法)の規制が課されており、出金限度額はクレジットカードで入金した額までと決まっています。その限度額を越えて出金しようとしたトレーダーが出金拒否だと勘違いするケースがほとんどなのです。

当サイトが推奨する5社はすべて金融ライセンスを取得している信頼できる海外FX業者となっています。

関連記事: 海外FX5社の金融ライセンス登録情報
関連記事: 海外FX 詐欺業者 注意報!評判は?

海外FXのハイレバレッジはリスクなのか?

ハイレバレッジだから損失額が大きくなることはない

ハイレバレッジは海外FX口座ならではのサービスであり、少額資金で大きな取引ができるメリットがあることでよく知られています。
しかし、特に国内FXでのトレードの経験がある方は『高額な取引ができる分負けた時に損失が大きくなるのでは?』と思う方が多いかと思います。

しかし、実際は下記のとおりハイレバレッジであっても損失額が大きくなることはありません。レバレッジ倍率が高いとロスカットしやすくなることは確かですが、レバレッジの倍率が直接的に損益に影響することはないからです。

たとえば、10万円のトレードを行う場合、海外FX口座のレバレッジ500倍なら元手の証拠金は200円(10万円÷500)、国内FXの最大25倍なら4,000円(10万円÷25)となります。
この場合、海外FXの証拠金は、つまり元手資金は20分の1で済むので、ハイレバレッジの方が元手が少ない分負け分も少なくなるので(少ない元手だけが損失となるから)、ハイレバレッジ=『ハイリスク、危険』ではないのです。

追証の負担を無くす「ゼロカット」で損失を抑えることが可能

さらに、海外FX口座はゼロカット制度(追証ゼロサービス)を導入しています。
ゼロカットとは、証拠金以上の損失が発生しても口座残高をゼロにリセットしてくれるので損失は元手の証拠金だけとなるので追証が発生しません。

相場の急変時などでロスカットが間に合わなくて証拠金以上の損失が発生しても追証が発生せず損失は元手の証拠金だけとなります。
このようにリスクを限定してくれるので、損失を抑えながら利益を増やせるメリットがあるのが海外FXのゼロカットなのです。

ハイレバレッジによる『より少ない資金でより大きなトレードができる』というメリットに加えて万が一のことがあってもゼロカットによって損失が証拠金だけとなるので安心してトレードができるのです。

一方、国内FXでは証拠金以上の損失が発生すると必ず追証を請求されてしまうので利益を増やすためには不利です。

関連記事: 海外FXのハイレバレッジってリスクが大きいのですか?
関連記事: 海外FX ハイレバレッジで稼ぎましょう!

海外FXのトレードシステムを憶えるのは大変では?

海外FX口座では最新システムを導入しており、MT4が多くの口座で標準搭載されており、MT4は海外FX業界では最もポピュラーな汎用システムです。
自分のトレードスタイルに合わせて別の海外FX口座に変更しても基本的に同じ画面でトレードできるので一からシステムを学ぶ必要がありません。
なお、汎用システムなので業者に有利な操作等ができないといった『透明性が高いトレードが保証される』というメリットがあります。

一方、国内FX業者の中には各社が独自開発したトレードシステムを使用させていることが多く別の国内FX口座を利用する場合には操作を一から憶える必要があります。
また、汎用性のない独自開発システムでは国内FX業者が取引を操作できてしまうので海外FXよりも『取引の透明性が低い』ことが多いのです。

関連記事: 海外FX  MT4などの最新トレードツールに対応

海外FXでは、英語ができないと厳しいのでは?

当サイトで紹介している5社すべては日本人スタッフを常駐させながら日本語サポートに対応しています。
チャットトーク、メッセージ等すべて日本語なので英語はまったく必要ありません。 何かあった時にも日本語が通じるサポートがあるので安心なのです。

関連記事: 海外FX口座は英語ができなくても大丈夫?

海外FXでの入金は米ドルなのでは?

日本からトレードする場合は円建て口座にすれば為替手数料がかからないなど、円建て口座の方がドル建て口座よりメリットがあります。そして、多くの海外FX口座では円建て口座へ日本円での入金が可能となっています。

近年では従来のクレッジットカード入金に加え、日本の国内銀行口座から海外FX業者が指定する国内銀行口座への入金も可能となっており、円資金の入金がますます便利となってきています。

関連記事: 海外FXの日本国内銀行振込み入金が便利!
関連記事: 円建て口座とドル建て口座の違い、どっちがおすすめ?

 

-海外FX 出金拒否, 海外FX 初心者講座
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.