注文処理方法 DD方式とNDD方式の違い

更新日:

海外FX 初心者講座

国内FXのDD方式と海外FXのNDD方式、どちらが安全?DDは相対取引なので取引操作が可能、NDD方式はディーラーが取引に直接には関与しないので 安全

FX業者がトレーダーの注文を処理する方法にはDD方式(ディーリングデスク方式)とNDD方式(ノーディーリング方式)があります。

この2つの注文処理の違いが、トレードの成績に大きな影響を与えることをご存知ですか?

FXを始めるのであれば、取引の透明性と信頼性の面でDD方式とNDD方式に大きな違いがあることを必ず理解しておかなければなりません。

DD方式とNDD方式どちらがいいの?

100%NDD方式のFX口座の方が安全です。

NDD方式とは、一切ディーラーを介さず、トレーダーからの注文はインターバンクへ直結して流される注文処理方法で、海外FX業者のほとんどが採用している方法です。

DD方式とは、トレーダーからの注文をFX業者のディーラーが一旦受けて注文処理する方法で、主に日本の国内FX業者が採用しています。

両者の違いは、インターバンクと直接取引ができるかどうかです。

FXのDD方式orNDD方式の違い

国内FXのDD方式は、透明性が低くリスクがある

トレーダーの注文を国内FX業者が一旦受けて社内に抱えるため、トレーダーとFX業者のディーラーが1対1で取引する『相対取引』として両者間には『利益相反関係』が生じます。

利益相反関係では、顧客が損失を出すとFX業者がもうかり、顧客がもうかればFX業者が損失を出す、ことになります。

DD方式においては、もし顧客が利益を出しまくればFX業者に倒産リスクが生じます。そのリスクを抑えるためにFX業者のディーリングデスクにディーラーが配置されているのです。

ディーラーの役割はFX会社に利益をもたらすことであるため、他のトレーダーのオーダーと相殺したり、カバーしたり、ホールドしたりしながらFX業者が儲かるように操作を行います。

また、DD方式は価格変動が大きい時にリクオートが起こりやすく、顧客のポジションを故意に狙う「ストップ狩り」が発生しやすいとされています。

DD方式を採用している国内FX業者のスプレッドは極めて狭いところが多いですが、よく考えれば狭いスプレッドだけでは倒産してしまいます。 そのため、日本のFX業者はスプレッド以外でも利益を出さなければならないのでDD方式を採用しているのです。

トレーダーからの注文はインターバンクに流されず国内FX業者が注文を抱えてしまうので、注文がどのように処理されているかを把握できないので『DD方式はブラックボックス方式』だと言われています。

いずれにしても、利益相反取引なので、顧客が負ければ負けるほど利益が出る仕組みであることに違いはなく、取引自体の透明性と信頼性は低いと言えます。

海外FXのNDD方式は、インターバンク直結、透明性が高い

NDD(ノーディーリング)方式では、ディーラーが取引に一切関与しないので、トレーダーからの注文はそのままインターバンクに流されます。 DD方式で問題となる「利益相反関係」となる要素が全くないのがNDD方式です。

ディーラーが一切関与しないため、NDD方式を採用している海外FX業者の利益の源泉はスプレッドだけとなります。

トレーダーが利益を上げ続けて積極的に取引すればするほどスプレッドとして利益が入ってくるためトレーダーと海外FX業者にウィンウィンの関係が生まれます。トレーダーの注文する為替レートもインターバンクに直結しているので、リクオート、スリッページ、ストップ狩りも一切発生しない透明性の高い取引を行うことができます。

海外FXではNDD方式が標準

海外FXでは、NDD方式を採用している業者が圧倒的に多いですが、海外のトレーダーはFX口座を比較・評価する際には、目先のスプレッドの高低だけではなく、その海外FX口座がNDD方式なのか、DD方式なのかをチェックしてから利用するトレーダーが多いと言われています。

なぜならば、スプレッドがどんなに狭い口座であっても、DD方式を採用している業者はスプレッド以外の儲けを確保するために取引操作などを行うリスクがあり、そのリスクの方がトレーダーにとって重大だからです。

DD方式、NDD方式の違いのまとめ

  • DD方式とNDD方式を比較すれば、NDD方式の方が取引の透明性が高い
  • 国内FX業者が採用しているDD方式では、見かけ上は狭いスプレッドだが、スプレッド収入以外の儲けを確保するためにディーラーが取引操作を行える
  • 一方、海外FXでは、インターバンク市場に直結しているので、ディーラーが取引に関与できないので取引操作はできない
  • したがって、海外FXでは、リクオートやスリッページなどが発生するリスクが低い
  • 海外のトレーダーは、スプレッドがどんなに狭くても、DD方式を採用している取引口座を利用せず、NDD方式の口座を選ぶ傾向が強い

DD方式は「相対取引(利益相反取引)」を前提としているので、取引操作されてしまうとトレーダーが負かされるリスクがあるため、取引の透明性の高いNDD方式を選んだ方が良いことは間違いありません。

海外FX業者選びに迷ったら、おすすめ業者をチェック!

海外FX口座比較まとめ 海外FX おすすめの業者

 

-海外FX 初心者講座
-, , ,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.