国内FX業者の「DD方式」相対取引の実態を暴く

更新日:

海外FX 初心者講座

国内FX業者のDD方式と不正操作の実態を暴く

国内FX業者と海外FX業者では、それぞれで採用しているトレーダーからの注文に対する取引方式が違うことは良く知られており、国内FX業者はDD方式、海外FX業者はNDD方式を採用しています。

DD方式は取引の透明性が低く、ここではその透明性の低さの理由から実際の不正操作の実例を解説し、不正操作ができない海外FXのNDD方式についても解説いたします。

国内FX業者は「DD方式(相対取引)」で不正操作できる

DD方式とは、投資家からの注文をインターバンク市場に流さず、トレーダーと「相対取引」を行うOTC取引(店頭取引)のことです。

DD方式では、国内FX業者は、トレーダーからの注文を為替市場で売買を行わず、FX業者とトレーダーが直接取引を行う「相対取引」を行っています。「相対取引」では、投資家とFX業者が互いに取引相手となるので「利益相反」の関係となります。

利益相反取引とは、

  • FX業者が儲かる=トレーダーが損する
  • トレーダーが儲かる=FX業者が損する

という取引関係となるものです。

したがって、国内FX業者は、トレーダーからの注文に応じて、自社が損しないようにカバー取引を行い、場合によっては不正操作が行われるリスクがあります。

DD方式(相対取引)ではカバー取引でリスクヘッジしている

カバー取引とは、FX業者がトレーダーからの注文内容に合わせて行う、リスクヘッジです。
FX業者から他の銀行へのリスクヘッジ注文を「カバー取引」といい、注文を出す相手先の銀行を「カバー先銀行」と呼んでいます。

トレーダーが儲かれば儲かるほど、FX業者の経営は圧迫されるので、トレーダーの注文に応じて、自らも他の銀行に対して、同様の注文を行い、リスクをヘッジしているのです。

常にカバー取引をしているとは限らない

カバー取引の頻度と額はFX会社によって異なりますが、FX業者のディーラーが間に入って、注文状況や相場を見ながらカバー取引を行い、リスクヘッジしながら、FX業者としてのできるだけ利益を上げるチャンスを作ろうとしています。

しかし、常にカバー取引が行われているわけではありません。

相対取引では、トレーダーの注文はインターバンク市場に流されないので、国内FX業者のディーラーがオーダーを抱えて、呑んだままにできます。

利益相反の関係では、トレーダーとの間で『勝つか負けるか』の関係にあるため、自社に不利なオーダーが入ると『トレーダーを負かそうとする』のです。

そのようなときにはカバー取引を行わず不正操作を行うことがあります。

カバー取引の代わりに行われる不正操作とは

国内FXでのDD方式

「DD取引」では、トレーダーの注文を呑む(抱える)ので「競馬の呑み取引」と同じような不正操作を行えます。

馬券(通貨)を買いたい人(トレーダー)が友人(FX会社)にお金(証拠金)を渡して購入を頼んでも、友人は馬券が当たらない可能性があるので馬券を購入せず、購入代金(証拠金)を自分のポケットに入れてしまう…

そんな不正取引が可能なのが国内FXのDD取引(店頭取引)なのです。

利益相反関係にあるため、国内FX業者は自分が損しないようにトレーダーを負かすために以下のような不正操作を行い、儲けを出そうとします。

  • 不正にレートをずらす
  • 不正にストップ狩りを行う
  • 不正にロスカット狩りを行う
  • 不正にスッページ(レートすべり)させる
  • 不正にシステムをダウンさせる

国内FX業者は、自社が損をしないためにこのような不正操作を行うので、国内FX業者の取引口座でトレードを行うと「不正操作によって負かされる」リスクがあり危険なのです。

国内FX業者が行う不正操作の実例

国内FX業者はDD方式を採用することで不正操作ができるわけですが、ここでは、実際にあった不正操作として、国内FX口座開設数No.1と言われているDMMFXが起こしたレート操作をご紹介します。

当サイトは定期的にDMMFXの約定力もチェックしており、その時に明らかなレート操作の事実を確認いたしました。

ご覧の通り、米ドル/円トレードの決済を行った時刻(05:59)のチャート画面でのレートは112円40銭台です。

国内FXのDD方式、不正操作の実例1

一方、同時刻(05:59)でのトレード画面では決済レートが113.010円となっており、損益がマイナスとなってしまっています、明らかなレート操作です。

国内FXのDD方式、不正操作の実例2

DMMのカスタマーサポートに対してラインで06:05位から数分おきに下記の問合せを繰り返しましたが、混雑しているの一本鎗で全く埒が明かない状況でした、カスタマーサポートの対応の悪さもにもがっかりでした。

国内FXのDD方式、不正操作の実例3

DMMFXによる不正操作の実例をご紹介しましたが、実は、DD方式を採用している国内FX業者であれば、どの業者でも不正操作は可能です。その度合や頻度はわかりませんが、DD方式を採用している国内FX業者で口座開設してトレードしてしまうと不正操作によって損失を余儀なくされるリスクがあり、国内FX業者とのトレードには十分な注意が必要だといえます。

海外FX業者はNDD方式を採用、不正操作できない

一方、海外FX業者は、トレーダーの注文がインターバンク市場に直結されるNDD方式(ノーディーリングデスク)を採用しており、海外FX業者のディーラーは注文や取引に関わることがなく、不正操作ができないので透明性が高いトレード環境が提供しています。

海外FX業者はNDD方式を採用しているので取引の透明性が高い

海外FX業者のディーラーは取引に関与できないので利益相反取引とならず、故意の操作が不可能なので「取引の透明性が高い」と言えるのです。

スプレッド収入を増やすためにウィンウィンの関係を築こうとする

海外FX業者はインターバンク市場に注文を直接流すだけなので、スプレッド収入が主な収益源となっています。

トレーダーが儲けて取引量を増やせばスプレッド収入も増えるので、海外FX業者は、トレーダーとウィンウィンの関係を築くために、トレーダーが儲かるような以下の施策を充実さています。

  • 口座開設ボーナス(未入金ボーナス)
  • 入金ボーナス
  • ロイヤルティ・プログラム
  • 無料VPS

などを提供しています。

海外FXが投資家が儲かるために提供しているサービスについては、以下をご覧ください。

まとめ

  • DD方式(相対取引)の国内FX業者は、トレーダーと利益相反関係にあり、業者が損しないようにカバー取引によってリスクヘッジを行っている
  • 国内FX業者は自社に不利な注文に対しては、損しないようにカバー取引を行わず不正操作を行える
  • 海外FX業者が採用しているNDD取引では、トレーダーの注文がインターバンク市場に直結されており不正操作ができない
  • そのため、海外FX業者は取次業者としてスプレッド収入を主な収益源にしている
  • 海外FX業者は、トレーダーが儲かりトレード量が増えてスプレッド収入が増えるようにボーナスなどの施策を充実させている

海外FX業者は、不正操作が不可能なNDD方式を採用しながら、ブローカー=取次業者としてスプレッド主体の手数料ビジネスに特化しており、ブローカー業を行いながら透明かつ安全なトレード環境を提供しているので、海外FXの方が安全かつ有利なトレードを行えると言えます。

 

-海外FX 初心者講座
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | おすすめハイレバ海外FX口座で稼ぐ! , 2019 All Rights Reserved.