国内FXの レバレッジ規制が強化、海外FXに投資家が流れる!

更新日:

FX ニュース 海外FX ニュース 海外FX レバレッジ

FXの魅力の一つは、なんといってもレバレッジです。少額資金でも大きなトレードができる、つまり、資金効率、投資効率の良さが売りです。

レバレッジとは『てこ』のことで、まさに、小さな力で大きな物を動かせるという意味で、FXでは、小さな『資金量』で大きな『取引』が可能です。

株式の『現物株』取引では、30万円の資金で30万円分の取引しかできませんが、国内FXではレバレッジ規制により最大25倍、海外FXでは500倍くらいが標準です。

国内FX口座でもかつては数百倍のレバレッジが可能でしたが、『レバレッジ=ハイリスク、投資家保護のため』という理由で、金融庁が2010年にレバレッジ規制を導入し最大50倍に引き下げ、2011年には最大25倍までに引き下げられました。

金融庁は、レバレッジ倍率をそのままに放置すると、「FX初心者の中には無闇に高いレバレッジで取引をしてしまうリスクがある」という理由で規制を導入していますが、正しい規制ではないことは確かです。

その理由は以下の通りです。

レバレッジは、『同じ取引量ならば』、

  • ハイレバの方が、少ない資金量で取引ができるので資金効率が高くなる
  • レバレッジが高くても低くても損益は同じで変わらない、つまり、損益上のリスクは変わらない

ものであり、ポジションの管理さえできればハイレバレッジでもリ損失スクは決して高くなりません。むしろ、ハイレバレッジのメリットである「資金効率(投資効率)の高さ」を活用した方が稼ぐことができます。

国内FX   法人口座にもレバレッジ規制を導入

国内FXでのレバレッジ規制は個人口座だけが対象で、法人口座は対象外であったので、FXトレードを行っているトレーダーたちの中には規制から逃れるために『法人口座』を作っていました。

しかし、2015年から国内FX業者が自主規制を開始し、こぞって法人口座のレバレッジを引き下げ始めました。
法令による『法人口座のレバレッジ規制』の導入ではありませんが、金融庁による指導があったのは間違いないようです。

その結果、国内FXの法人口座は、GMOクリック証券とYJFX!は200倍から100倍に引き下げ、なんと、SBI FXトレードに関しては200倍から個人口座と同じく最大25倍までレバレッジを引き下げてしまいました。

そして、2017年9月には、金融庁はレバレッジ最大10倍まで引き下げる可能性があることを公表し、国内FXでのさらなるレバレッジ倍率の低下傾向が鮮明になりました。

海外FXに国内投資家が流れている

上述の自主規制によるレバレッジの引き下げによって、国内FX口座を利用しているトレーダーたちが『国内FXのレバレッジの終焉』を唱えるようになってきており、海外FXに注目が集まっています。

その理由は、海外FX口座は、個人口座、法人口座ともにレバレッジ規制の対象外だということと、大きな損失が発生しても、損失が証拠金残高の範囲内で済む『ゼロカット制度(追証ゼロサービス)』を導入しているからです。

さらに、2016年4月13日の日経新聞の記事によれば、金融庁は2017年にも金融商品取引法(金商法)の改正し、これまでレバレッジ規制の対象外であった法人にもレバレッジ規制を適用することを決定しました。

この国内FXの法人口座に対するレバレッジ規制強化のニュースが流れてから、海外FX主要各社では口座開設のペースが上がってきていると言われています。

FX取引、法人も倍率規制 金融庁 来年にも通貨ごとに上限

投資環境が進んでいる海外FXのレバレッジ最大の平均は400~500倍であり、XMは最大888倍、HotForexは最大1,000倍なので注目されている海外FX業者です。

XMは2016年2月に総口座数が50万の大台を突破し、国内FXで取引高1位のGMOクリック証券の約40万口座を抜き、口座数国内1位のDMM.com証券と互角で並びました。

そして、2018年に入ってから口座開設数は100万件を突破し世界で代表するFX業者になっています。

関連記事: 海外FX  XM(エックスエム) 総口座開設数が50万を突破!!

海外FX おすすめ業者を紹介中!

海外FX業者選びに迷ったら、おすすめ業者をチェック!

海外FX口座比較まとめ 海外FX業者ランキング

 

-FX ニュース, 海外FX ニュース, 海外FX レバレッジ
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.