FXのマージンコールとロスカットレベルとは

更新日:

FX 用語

海外FX取引も投資なので予測を見誤れば損失が発生します。
相場予測がはずれて損失が発生すると有効証拠金が減少します。そのまま減少し口座残高がマイナスになると「追証」が発生してしまうため、損失を証拠金の範囲内に収めて「追証」の発生を防ぐ目的であるのが「マージンコール」と「ロスカット」です。

マージンコール(Margin Call)とは

FX取引や信用取引には、マージンコールというルールがあり、マージンとは証拠金のことです。

FX取引では、為替差損が出た場合には、預け入れた証拠金を割り込むリスクがあり、ロスカット(ポジションの強制決済)を防ぐためにマージンコールという仕組みがあるのです。

マージンコールとは、

預託した証拠金残高がある割合以下になると、証拠金の追加入金もしくはポジションの決済を促すための通知(コール)です。

マージンコールは、証拠金維持率がロスカット水準より少し高い証拠金維持率を割ったときにアラートが発動される仕組みになっています。

マージンコールによるアラート(警告)は、FX業者からメールやオンライン取引画面を通じてトレーダーに伝えられます。

マージンコールとロスカット

マージンコールは、ロスカット水準と連動して設定されているため、各業者の海外FX口座を比較する場合はマージンコールを重視するよりも、ロスカット水準を比較するべきです。

ロスカット水準(証拠金維持率)とは

ロスカットとは、ポジションを自動的に強制決済(終了)させることによって『損失を証拠金以内に抑える』ための仕組みです。

ロスカットは、ロスカット水準(証拠金維持率)によって決まります。

証拠金維持率(ロスカット水準)とは、

ポジションを自動的に強制決済させてしまう証拠金維持率のことであり、

証拠金維持率=(有効証拠金÷必要証拠金)×100

という計算式になります。

一般にロスカット水準は、海外FXでは20%~50%、国内FXでは50%~100%となっています。

ロスカット水準(証拠金維持率)海外FXと国内FXの比較

例えば、1ドル=100円の相場のときに1万ドル=100万円をレバレッジ100倍で買いポジションを建てた場合、必要証拠金は1万円になります。

1ドル=100円から相場が1ドル=99.5円に変動すると、1万ドルは99.5万円になり、5千円の損失が発生します。

証拠金は1万円だったためここから5千円を差し引いて、5千円が有効証拠金になり、

証拠金維持率=(有効証拠金5千円÷必要証拠金1万)×100=50.0%

となります。

さらに相場レートが下がった場合の証拠金維持率を見てみましょう。

上記と同じ条件で相場が1ドル=99.3円に変動すると、1万ドルは99.3万円になり、7千円の損失が発生します。

証拠金は1万円だったためここから7千円を差し引いて、3千円が有効証拠金になります。

証拠金維持率=(有効証拠金3千円÷必要証拠金1万)×100=30.0%

となります。

為替レートが変動して保有するポジションの金額が変動すれば、当然ながら証拠金維持率も変動することになります。

ロスカット水準(証拠金維持率)が100%以下では、フルレバレッジの状態から為替損が発生する方向にレートが動くと強制ロスカットされやすくなります。 

そのため、海外FXの大きな魅力であるハイレバレッジをうまく活用するには、ロスカットレベル(証拠金維持率)は低いほど有利です。

海外FX口座を利用する場合は、レバレッジは高い方が有利、ロスカット水準は低い方が有利なので、ロスカットレベルで海外FX業者を比較するためには、レバレッジとロスカット水準の両方を比較チェックすべきです。

海外FX レバレッジとロスカット水準比較

上記の相場が1ドル=99.3円に変動し、証拠金維持率が30%になった場合、AXIORY、TradertrustとACEFOREXではロスカットが発動されますが、XMとFXGLOBEでは発動されません。

海外FX業者 レバレッジ倍率 ロスカット水準
(証拠金維持率)
XM(XMTrading) 888倍 20%以下
TitanFX(タイタンFX) 500倍 20%以下
HotForex
(ホットフォレックス)
1,000倍 50%以下
LAND-FX(ランドFX) 500倍 30%以下
AXIORY(アキシオリー) 400倍 20%以下

まとめ

  • マージンコールとは、預託した証拠金残高がある割合以下に達しそうになると、残高を戻すよう追加証拠金の入金を促すアラート(警告)が発動されます。
  • マージンコールはFX業者からメールやオンラインの取引画面を通じてトレーダーに伝えられます。
  • 海外FX口座のマージンコールは、各社各様ですが、一般的にロスカットレベルと同水準か少し高い証拠金維持率を割った時にアラートが発動されることが多いです。
  • マージンコールはロスカットレベルと連動して設定されているため、海外FX口座同士を比較する際はマージンコールは重要でなく、ロスカットレベルで比較すべきです。
  • 為替レートが変動して保有ポジションが変動すれば、証拠金維持率も変動します。
  • ハイレバレッジ取引を行う場合では、ロスカットレベル(証拠金維持率)は低い方が有利です。
  • レバレッジが高く、ロスカットレベルが低い口座を選んだ方がいいです。

 

-FX 用語
-, ,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.