ボリンジャーバンド ジョン・A・ボリンジャー (John A. Bollinger)

更新日:

FX 用語

ボリジャーバンドはテクニカル分析に使われるインジケーターの一つ。

トレンド系のテクニカル指標であり、特に、スキャルピング派のトレーダーが最も使用しているインジケーターだと言われている。

その名は考案者であるジョン・A・ボリンジャー (John A. Bollinger)の名前が付いているものである。

トレンド系のテクニカル指標。考案者はジョン・A・ボリンジャー (John A. Bollinger)。一般には逆張りに分類されることが多いが、ボリンジャーは順張りに使用している。「Bollinger on Bollinger Bands」(ISBN 0071373683)、「ボリンジャー・バンド入門」(ISBN 4939103536)にて、利用法が紹介されている。
ボリンジャーは1980年代に発表。ただし、平均+誤差の標準偏差という考え方は金融の世界に大昔からある。例えば、1973年に発表されたブラック・ショールズ方程式もこの考え方に基づいている。

算出方法は、

ボリンジャーバンド = x日の移動平均 ± x日の標準偏差 × y

yとしては、2が使われることが多い。移動平均は、単純移動平均が使われることが多いが、単純以外も使われることがある。単純以外を使用する場合は、標準偏差ではなく、移動平均に対する誤差の二乗平均平方根となる。

背後にある理論としては、値動きの正規分布を前提としている。線形自己回帰移動平均モデルと同じ考え方に基づいている。ただし、現実としては、平均からの誤差は正規分布から大きく離れた分布となる。そのため、あくまでも、ボラティリティを測る尺度として、誤差の二乗平均平方根が使われているに過ぎない。正規分布ではないことは、経済物理学を参照。

投資判断は、トレンドが出ているときは終値が上のバンドを上抜いたら買い、下のバンドを下抜いたら売り。レンジ相場のときは逆パターンに利用される。

 

引用: ウィキペディア テクニカル指標一覧より抜粋

関連記事: 海外FX スキャルピングのコツと注意点!

関連記事: 海外FX   スキャルピングに最適な海外FX業者は?

当サイトでも紹介している海外FX会社AXIORY(アキシオリー)は、低スプレッドとハイレバレッジを提供していて最もスキャルピングに適しています。

-FX 用語
-, ,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.