【海外FX】安全性ランキング 信頼性が高い海外FX業者をズバリ紹介!

更新日:

海外FX 比較

  • 海外FX業者を利用してみたいけどちょっと不安...
  • 選ぶならしっかりと安全性・信頼性を確認してからでないと...

海外FXにはゼロカットやハイレバといったメリットがあるのはわかるけど、日本の金融庁に業者登録されていないから安全性が低いかも...といった不安を抱く方もいるでしょう。

しかし、海外FXに対し不安感を持つ必要はありません、安全性・信頼性に優れた海外FX業者が存在するからです。

ここでは、安全な海外FX業者を選ぶための評価ポイントを解説しながら、安全な海外FX業者を紹介していきます。

海外FX業者の安全性を評価するための基礎知識

海外FXにしろ国内FXにしろ、業者の安全性、信頼性を測る上で最も重要なのが金融ライセンスです。

金融ライセンスとは

金融ライセンスとは、金融規制当局がFX業者に与える「営業許可」です。

海外ではイギリスの金融行為監督機構(FCA)やキプロス証券取引委員会(CySec)など各国の規制当局の審査に合格した海外FX業者に金融ライセンスが与えられ、日本国内では金融庁で金融業者として登録されます。

日本の国内FX業者は、金融庁で「金融商品取引業者」の登録を行い、レバレッジ規制に従わなければなりませんが、海外FX業者は、日本の金融庁に登録する義務はありません。

海外FX業者は、海外を本拠としており、顧客資産を海外の銀行口座で管理したり取引サーバーも海外に設置しているので、日本の金融庁に登録する義務はありませんが、海外の規制当局から金融ライセンスを取得する義務があります。

海外FXでは信託保全が義務化されていない

海外FXでは信託保全が義務化されていないので、すべての海外FX業者が信託保全を導入しておらず、業者ごとに対応が異なることから不安視されることがあります。

信託保全が義務化されていませんが、海外の規制当局は、金融ライセンスを取得している海外FX業者に対して顧客の資産を事業資産から切り離して「分別管理」させることを義務付けています。

海外FX業者は、分別管理を怠ると「営業許可」を取り消されてしまうので、取り消されないように分別管理を徹底し、顧客資産の保護に努める必要があり、金融ライセンスを取得している海外FX業者は相応の安全性を備えていると言えます。

金融ライセンスにおける「分別管理」の義務

例えば英国金融行為監督機構(FCA)はCASS(顧客資金取扱規定)において分別管理を義務化しており、

  • CASS 7.13 Segregation of client money(顧客資金の分別管理)
  • CASS Sch 1 Record keeping requirements(顧客資金取扱いの記録保持の義務)
  • CASS 11.3 Responsibility for CASS operational oversight(顧客資金取扱い業務管理)....

など多くの規定を定めており、FCAやキプロス証券取引委員会(CySEC)などの金融ライセンスを取得している海外FX業者は、規制当局から「分別管理の実施状況を厳しくチェックされている」ことから安全性に不安が少ないのです。

FCA(金融行為監督機構)は、海外FX業者に分別管理を義務付けている

FCAサイトのCASS(顧客資金取扱規定)はこちら

海外FX業者が日本の金融庁で業者登録していなくても、海外で金融ライセンスを取得し、規制を受けている海外FX業者は相応の安全性を備えていることになります。

海外FXでの信託保全の考え方について

海外FXでは信託保全は義務化はされていませんが、国によっては「補償制度」が設けられています。

例えば、キプロス証券取引委員会 (CySEC)から金融ライセンスを取得している海外FX業者は「投資家補償基金 (ICF)」への加盟が義務付けられています。

投資家補償基金(ICF)による信託保全

キプロスライセンスを保有している海外FX業者の取引口座を預けている投資家の資産は、ICFによって、最大2万ユーロ (約250万円)まで保護されるので、補償上限額が決められていますが、実質的には信託保全が導入されていることになります。

  • XM(エックスエム)
  • HotForex(ホットフォレックス)

はキプロス証券取引委員会の金融ライセンスを保有しているので、投資家補償基金による信託保全の対象です。

 

キプロス証券取引委員会(CySEC)は金融ライセンスを取得している海外FX業者を利用しているトレーダーの資産を最大2万ユーロまで補償する

CySECサイトのICF(投資家補償基金)はこちら

金融サービス補償機構(FSCS)による信託保全

また、英国金融行為監督機構(FCA)から金融ライセンスを取得している海外FX業者の取引口座に預けている投資家の資産は、金融サービス補償機構 (FSCS)によって、最大5万ポンド (約700万円)まで保護されるので、CIFと同様、信託保全によって保護されています。

LAND-FX(ランドFX)が、金融サービス補償機構による信託保全の対象となっています。

金融行為監督機構(FCA)は金融ライセンスを取得している海外FX業者を利用しているトレーダーの資産を最大5万ポンドまで補償する

FSCSサイトの信託保全の情報はこちら

信託保全が導入されている海外FX業者がオススメ!

顧客資産を保護する信託保全が導入されているXM、HotForexとLAND-FX、顧客資産を大手銀行の信託口座に預けて信託保全を行っているTitanFXやAXIORYのような海外FX業者を選べば不安は少ないでしょう。

海外FX業者の安全性をチェックする評価ポイント

海外FXの安全性を評価する上で重要なポイントは、以下です。

  • 金融ライセンスの有無
  • 信託保全の有無
  • 企業規模(顧客数やサービス提供している年数)
  • 日本人向けのサービス提供年数や日本人スタッフ数

金融ライセンスの有無

金融ライセンスを取得している海外FX業者に対しては、規制当局が、

  • 業務の適法性(コンプライアンス順守、リスク管理体制)
  • 顧客に関する情報管理態勢
  • 顧客の証拠金の取扱い態勢
  • リスクやディーリングポリシー
  • 取引時確認等の態勢
  • 内部リスク管理の基準
  • 顧客資産の分別管理の基準
  • 苦情への対処・体制

などを規制・管理・監督することになっています。

上記の規制を守らない海外FX業者は金融ライセンスを取り消されるので、金融ライセンスを保有している海外FX業者は安全性が高いと評価できるのです。

信託保全の有無

FXにおける信託保全とは銀行の預金者を保護する「ペイオフ制度」と同じようなものであり、信託保全が導入されている海外FX業者を利用していれば預託している資産が守られます。

つまり、

  • 信託保全が導入されている海外FX業者=安全性が高い
  • 信託保全が導入されていない海外FX業者=安全性があいまい

という評価になります。

上記でも説明しましたが、海外FXでは金融ライセンスで義務化されている分別管理以外に、

  • 金融ライセンスに紐ついている信託保全
  • 信託口座で資産管理されている全額信託保全

を導入している海外FX業者を選ぶべきです。

後者の信託口座において全額信託保全を行っている海外FX業者は、銀行への信託管理の委託手数料がかかりますが、万が一のことがあっても顧客資産を守り抜くためにコストを掛けている顧客保護の意識が高い海外FX業者であることから分別管理だけよりも安全性が高いと評価できるのです。

企業規模(顧客数やサービス提供している年数)

顧客数が多く営業年数が長いほど安全性が高くなる傾向です。その理由は、海外FX業者が会社を設立していきなり50万人や100万人の顧客数まで増やせないからです。

会社を設立してからある程度の年数が経過していて、良いサービスの提供を継続していなければ顧客数が増えないからです。

日本人向けのサービス提供年数や日本人スタッフの数

また、日本人のトレーダーにとっては日本人向けの営業年数が長くカスタマーサポートのための日本人スタッフの数が多いほど安全性が高いと言えます。

その理由は、日本人スタッフを置かないまま、日本語ができるとはいっても外国人にカスタマーサポートをやらせている海外FX業者では、

  • 問合せやクレームが正確に伝わらない
  • 相手もしっかりと理解できないので親身に対応できない

といった問題が生じるからです。

したがって、日本人スタッフは多いほどよく複数名が在籍している海外FX業者を選んだ方が安全なのです。

海外FX業者 安全性 評価ランキング

1位: XM(エックスエム)評点: 4.0

安全性評価ポイント安全性安全性
評価レベル
安全性
評点
金融ライセンス母体のXM.COMはキプロス証券取引委員会 (CySEC)、欧州10ヶ国で金融業者登録、日本へはセーシェルライセンス★★★3.0
信託保全キプロスライセンスはICFにより2万ユーロまで信託保全★★★3.0
企業規模2009年~営業、顧客数100万人突破、全世界展開★★★★★5.0
日本人へのサービス提供年数
日本人スタッフ数
9年以上、日本人スタッフ20名以上★★★★★5.0
総合点4.0

2位: HotForex(ホットフォレックス)評点: 4.0

安全性評価ポイント安全性安全性
評価レベル
安全性
評点
金融ライセンスキプロス証券取引委員会(CySEC)、南アフリカ金融セクター行為監督機構(FSCA)からの金融ライセンス★★★★4.0
信託保全投資家補償基金(ICF)
最大2万ユーロまでの信託保全
★★★★4.0
企業規模2010年~、顧客数50万人以上★★★★4.0
日本人へのサービス提供年数
日本人スタッフ数
8年以上、日本人スタッフ2名★★★★4.0
総合点4.0

XMとHotForexの評点は同点ですが、

XMは日本の金融庁がキプロス証券取引委員会に圧力をかけた影響で日本向けにセーシェルライセンへの転換を余儀なくされただけであり、組織レベルとしては母体と同等の安全性があり、企業規模と日本向けのサービス面がHotForexよりも優れていると言えます。

3位: LAND-FX(ランドFX)評点: 3.75

安全性評価ポイント安全性安全性
評価レベル
安全性
評点
金融ライセンス英国金融行為監督機構(FCA)の金融ライセンス、
ニュージーランド証券投資委員会への業者登録
★★★★★5.0
信託保全金融サービス補償機構(FSCS)の
最大5万ポンドまでの信託保全
★★★★4.0
企業規模2013年~サービス提供、世界9拠点★★★3.0
日本人へのサービス提供年数
日本人スタッフ数
5年以上、日本人スタッフ4名★★★3.0
総合点3.75

4位: AXIORY(アキシオリー)評点: 3.75

安全性評価ポイント安全性安全性
評価レベル
安全性
評点
金融ライセンスベリーズ(IFSC)の金融ライセンス★★★3.0
信託保全Sparkasse銀行信託口座で全額信託保全★★★★★5.0
企業規模2013年~、世界8拠点★★★3.0
日本人へのサービス提供年数
日本人スタッフ数
5年以上、日本人スタッフ3名★★★★4.0
総合点3.75

LAND-FXとAXIORYの評点は同点ですが、LAND-FXのFCAライセンスはAXIORYのベリーズライセンスよりも優れています。

5位: TitanFX(タイタンFX)評点: 3.5

安全性評価ポイント安全性安全性
評価レベル
安全性
評点
金融ライセンスニュージーランド証券投資委員会で業者登録★★★3.0
信託保全NAB(ナショナルオーストラリア銀行)の
信託口座で全額信託保全
★★★★★5.0
企業規模2014年~、7拠点★★★3.0
日本人へのサービス提供年数
日本人スタッフ数
4年以上、日本人スタッフ2名★★★3.0
総合点3.5

海外FX業者 スプレッド・取引手数料などの口座概要

ランキング海外FX業者口座種類取引手数料
(pips, 片道)
平均スプレッド
米ドル/円(pips)
トータルコスト
(pips, 往復)
最大レバレッジ最低取引通貨数最低入金額信託保全/
分別管理
1位XM
(エックスエム)
ゼロ口座
ECN
5ドル(0.5)0.31.3500倍1,000通貨1万円相当キプロス口座:
2万ユーロまで信託保全
シェーシェル口座:
一部信託保全
2位AXIORY
(アキシオリー)
ナノスプレッド口座
ECN
3ドル(0.3)0.41.0400倍1,000通貨2万円相当全額信託保全(Sparkasse銀行の信託口座に分別管理)
3位TitanFX
(タイタンFX)
ブレード口座
ECN
3.5ドル(0.35)0.20.9500倍1,000通貨2万円相当全額信託保全(National Australia銀行の信託口座に分離管理)
4位HotForex
(ホットフォレックス)
ゼロ口座/VIP口座3ドル(0.3)0.20.8200倍/300倍1,000通貨1万円相当/2百万円相当キプロス口座:
2万ユーロまで信託保全
FSCA&FSC口座:
分別管理
5位LAND-FX
(ランドFX)
ECN口座
ECN
3.5ドル(0.35)0.51.2500倍1,000通貨20万円相当FCA口座:
5万ポンドまで信託保全

海外FX おすすめ業者を紹介中!

海外FX業者選びに迷ったら、おすすめ業者をチェック!

海外FX口座比較まとめ 海外FX業者ランキング

 

-海外FX 比較
-, , ,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.