XM(エックスエム)のスイスフランショック直後のゼロカット実施

XMがスイスフランショックの際にゼロカットを実施しました。
この機会に、たびたび質問を受ける、海外FXのゼロカット制度と国内FXのロスカット制度の違いについて解説いたします。

スイスフランショックの詳細については、当サイト『スイスフランショック時FX各社の対応比較』をご覧ください。

関連記事: 海外FX スイスフランショック時 海外FXと国内FX各社の対応比較

XMがとった迅速なゼロカット対応

2015年1月20日、XMは下記の通りスイスフランショックの影響で混乱した相場において、口座残高がマイナスとなったトレーダーのすべてに対し『ゼロカット』を実施しました。

XMは、全トレーダーに対して以下の通りゼロカットを実施したことを発表いたしました。

スイス国立銀行がEUR/CHFの上限撤廃を決定したことによって引き起こされた最近の市場での非常に大きな値動きによって、XMはスイス国立銀行による大混乱の影響は受けていないことをお客様に保証致します。

XMは常にマイナス残高の自動的な保護を提供していることをお客様に再度ご案内申し上げます。

XMは、この度のEURCHF通貨ペアの異例な値動き等の混乱時には、特にお客様に対する当社の忠誠心の現れとして、こちらのマイナス残高の自動的な保護を継続していく所存です。

先週中にマイナス口座残高が発生した全てのお客様は、当社の評判と強みへのお約束を果たす為に、マイナス残高が起こりうる他のケース同様に、マイナス残高は既にリセットされています。

EURCHFに関連する最新情報および市場解説は、チーフエコノミストであるミハリス・フロレンティアディス率いるXMインベストメント・リサーチデスクによって投稿されています。

xm-%e9%87%8d%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b-chf%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e6%9b%b4%e6%96%b0

海外FX業者のトレーダーに対するゼロカット実施の責任と義務

ゼロカット制度を採用している海外FXは、トレーダーに対する『取引規約』において、証拠金残高以上の損失を『ゼロに戻す義務の履行』を約束しています。

ロスカットが正常に作動せずに証拠金残高がマイナスに陥った場合、海外FX業者は今回のXMと同様にゼロカットを実施する義務があり、今回のスイスフランショックにおいてもその義務を果たしました。

その結果、今回もXMはトレーダーに対して一切『追証』を請求していません。

ゼロカット制度の詳細については、当サイト『FXの救世主 追証なしのゼロカット制度』をご覧ください。

関連記事: 海外FX FXの救世主 追証なしのゼロカット制度 VS ロスカット制度

ロスカット制度だけでは不十分、ゼロカットも必要

一方、国内FX業者はロスカットしか採用しておらず、ゼロカットを採用していません。
そのため、今回のスイスフランショックのような相場急変時にロスカットが正常に発動しないと、証拠金残高以上の損失が発生してしまい、必ず追証が発生してしまいます。

ロスカット制度とは、金融先物取引業協会が定めている規則で、法令と勘違いされていますが、実は単なる『自主規制ルール』です。

自主規制ルールでは、『顧客の損失が、当該顧客が預託する証拠金の額を上回ることがないよう、投資家の保護、市場の公平性及び業務の適正化を図ることを目的とする』と定められていますが、法令でないため、ロスカットによりトレーダーを必ず保護する義務はありません。

そのため、ゼロカットを導入していない国内FX業者は追証を要求できるのです。

詳細は、『国内FX口座のロスカット制度の危険性』をご覧ください。

関連記事: 海外FX 国内FX口座のロスカット制度の危険性

海外FXの「ハイレバレッジ&ゼロカット」の組み合わせが最適

国内FXではレバレッジ規制により最大レバレッジは25倍ですが、海外FXにはレバレッジ規制がないため少ない証拠金で済むので資金リスクを抑えることができます。レバレッジ倍率が高いほどロスカットしやすくなりますが、トレードに投じる資金の絶対額が小さいほど資金リスクを抑えるメリットがあります。

少ない証拠金でトレードできて、証拠金以上の損失が出てしまってもゼロカットによって損失は国内FXより少ない証拠金だけとなり、損失を抑えながらスムーズに利益を増やすことができることから国内FXの「レバレッジ規制+ロスカット」よりも海外FXの「ハイレバレッジ+ゼロカット」の方がトレードに有利であることは間違いないでしょう。

関連記事: 海外FX ハイレバレッジで稼ぎましょう!

まとめ

  • XMが実施したゼロカットはトレーダーに履行義務を約束しているもので、当サイト推奨5社を含む他の海外FX業者もスイスフランショックとギリシャショック等においてゼロカットを実施しています。
  • ゼロカットはトレーダーの証拠金残高がマイナスになっても、残高をゼロに戻されるので証拠金以上の損失を被る必要がなく海外FX口座の大きな魅力となっています。
  • 国内FXのロスカットシステムは法令ではなく『自主規制ルール』なので、国内FX業者は投資家保護を厳格に求められてなく、証拠金を上回る損失が発生するとトレーダーは『必ず追証を求められる』ことになります。

おすすめ海外FX業者
XM(エックスエム)の評価・評判

number1

世界最高水準の海外FX業者 日本でも顧客満足度No.1!

XM

総合評価 4.42点

4.42点

*口座開設時3,000、初回入金100%、2回目以降入金20%のボーナスなどの特典が充実!

リクォート・注文拒否なし!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!

*ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロ『XMゼロ口座』が登場!

業界No.1 の取引環境とボーナス制度!
最強のハイレバレッジ最大888倍!

XM(エックスエム)は、全世界196ヶ国で展開、グローバルリーダーとして確固たる地位を築いています。キプロス証券取引委員会(CySEC)からライセンスを取得しており、信用力に加え素晴らしい取引環境を備えており日本でも非常に人気が高い会社です。

ロスカット水準20%、レバレッジ最大888倍、最低入金額5ドル、最少取引ロット10通貨~、信託保全も備わっており、スプレッドは決してトップクラスではないものの約定スピード・執行率はトップレベル、インターバンク直結のECN口座でのトレードが可能、ボーナス・キャンペーンの手厚さもナンバーワン、といったトレード環境面で総合力ナンバーワンです。

スイスフランショック、ギリシャショックや世界同時株安などでもゼロカットをきちんと履行してトレーダーに追証を請求しなかった安心感、リスクフリーなボーナス資金を多用できるので初心者でも不安なくトレードできること、国内FX口座で経験をお持ちの方が海外FX口座を併用する際にもっとも利用されているのが『XM(エックスエム)』なので、迷ったらまずXM(エックスエム)で始めれば間違いはありません。

最大レバレッジ ドル/円(ゼロ口座)  サポート ボーナス
赤丸 三角 青丸 赤丸
888倍 2.0pips~(~0.4pips) 日本語対応 口座開設$30 初回入金100%など

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。
Pin It このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。