FX用語 ゼロカット

FX用語 ゼロカットシステム(追証ゼロサービス)

ゼロカットシステムとは、たとえば急激な相場変動で万が一証拠金がマイナスになってしまったとしても証拠金以上の損失をゼロに戻す、海外FXだけが導入しているシステムです、別名、『追証ゼロサービス』と呼ばれています。

国内FXと海外FXともに、顧客資産の保護の目的に、預けた証拠金以上の損失が発生しないよう、強制的に取引を決済させて取引を終了させるロスカットという仕組みがあります。

相場が急激に変動する場合、ロスカットが間に合わずに損失が証拠金を上回ってしまい、証拠金残高がマイナスになるとFX業者から追加の入金「追証」を求められることがあります。

ゼロカットシステムが導入されている海外FXでは、その不測の事態の時に証拠金がマイナスになっても追証を求めないため、つまり、損失は証拠金だけとなるので安心してトレードができます。

関連記事: FXの救世主 追証なしのゼロカット制度

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。
Pin It このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。