投資マネー、米に回帰

投資マネー、米に回帰 2300億ドル、利上げにらむ 欧州追加緩和で加速も 米国の金融緩和で新興国などに向かっていたマネーが急速に米国内に回帰している。 12月中にも米連邦準備理事会(FRB)が9年ぶりに利上げするとの見方......

パリ同時テロ後の市場動向、影響は一時的か

リスクオフで株安・円高   急激な変動は回避 13日の夜に発生したパリの同時テロ後、初の取引 となる週明けのアジア・環太平洋市場では、リスクを 回避する動きが強まり、おおむね株安、円高の展開とな りました。 日経平均株価......

12月米FOMC後 米ドル/円相場の展望

15~16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)まであと1週間、市場では政策金利の引き上げがほぼ確実視されている。利上げ後の円相場の見通しに関する各専門家のコメント等を調べたところ、長期的には円安・株高の緩やかな持続を見込......

12月米国利上げ 市場に若干の不安感=BIS報告

国際決済銀行(BIS)は6日四半期報告を発表したが、今月に実施される見通しの米利上げについて、金融市場の反応は落ち着いているものの、若干の不安感が入り混じっているとの見解を示した。 米連邦準備理事会(FRB)の利上げに関......

停滞する欧州の経済成長

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は先週、インフレ目標達成に関連して「やらなければならないことはやる」と述べました。 コア・インフレは今年上昇しているものの経済成長率はぱっとせず、インフレ心理も弱い。 ECB理事会が来週......

中国経済減速の影響 日本経済は大丈夫か?

中国経済を見る場合、縦の視点と横の視点が必要に 先日発表された中国の2015年第3四半期GDP成長率は前年同期比6.9%増、09年第1四半期以来の低い水準となりました。 中国経済が減速しているのは確かです。しかし、中国経......

ドル高傾向は 年末までか

12月の米利上げ観測が強まるなか、米国が利上げすれば、その後はドルが軟調になるとの見方が出始めた。 輸出の弱含みや物価下落などドル高が米経済を下押しする影響が明確になり、米国の利上げペースは緩やかになるという見立てからだ......

米利上げならドル125円で売りか?

9月と10月の米連邦公開市場委員会(FOMC)は利上げを見送った。10月米雇用統計が強い内容になったことなどから考えて、年内最後となる12月のFOMCでの利上げが、現時点では「当確」と言ってもよさそうな状況である。 特に......