海外FXと国内FXを徹底比較まとめ

海外FXと国内FXを徹底比較!

FX口座の開設を検討する際、海外FX口座と国内FX口座のどちらを選ぶべきかと悩む方も多いと思います。

ここでは、それぞれの特徴を徹底的に比較しながら徹底的に解説いたします。

海外FX/国内FX 比較表

海外FX業者/国内FX業者 比較
比較項目 海外FX口座 国内FX口座
レバレッジ 最大1000倍という口座もある、最大400~500倍くらいが多い、少ない元手で取引できるので資金効率が高い 規制により最大25倍、海外FXとの比較では、資金効率は40分の1と低い。
スプレッド FX会社の適正利益を基準にしてリーズナブルな設定となっている 0.1pips~0.3pipsといった極めて低いスプレッドを提供している口座も多い
注文処理方法 ほとんどがECN/STP方式のNDD方式を採用、トレーダー/FX会社間の取引の透明性が高い OTC方式なのでFX会社の注文処理内容が実際にはよく見えないので取引の透明性が低い
ロスカット ロスカット制度採用、ゼロカットがあるので追証が発生しない ロスカット制度採用、証拠金残高がマイナスとなると追証が発生する
ゼロカット ゼロカット制度採用、証拠金残高がマイナスになっても追証が発生しない ない(ないため証拠金以上の損失に対し追証が発生する)
金融ライセンス 各国の金融当局からのライセンス取得が必要 日本の金融庁の許認可が必要
資金管理方法 「分別管理」が多いが、投資家補償基金や金融サービス補償機構に加盟する業者では、万一の場合でも補償制度により投資家の資金が保護される 信託保全が義務

レバレッジ比較

国内FXでは『レバレッジ倍率が高い=損失リスクが高い』という理由で、レバレッジ規制により最大25倍となっていますが、その考え方は海外FX口座にも当てはまるでしょうか?

そもそもレバレッジ倍率とは、必要となる証拠金を決める係数であり、レバレッジ倍率は、損益の振れ幅を左右するものではありません。

同じ取引額(通貨数)であれば、国内FXの最大25倍でも海外FXの数百倍でも両者の損益は同じでありリスクも変わりません。

海外FXでは、ゼロカット制度があるお陰で損失によって口座残高がマイナスになっても口座残高がゼロに戻されるので、レバレッジ倍率の高低に関係なくトレーダーの損失は証拠金だけとなります。

したがって、海外FXでは、レバレッジ倍率が高い=損失リスクが高い、という考え方は当てはまりません。

ゼロカット制度を採用している海外FX口座であれば、レバレッジ倍率の如何にかかわらず損失リスクを抑えながらハイレバレッジにより資金効率の高い取引ができることから、少ない元手でもスピーディーに利益を増やすことが出来ます。

スプレッド比較

数字だけを見れば国内FX業者は海外FX業者よりかなり狭いスプレッドを提供しています。

スプレッドは取引手数料であるため、安ければ安いほど良い、ということで安さだけを重視してしまいがちです、はたして、それでよいのでしょうか?

「安物買いの銭失い」ということわざをご存知でしょう。

通常、安いのには安いなりの理由があると考えるべきです。

その理由を知るためには、FX会社の注文処理方法の違いを理解しなければなりません、以下で解説致します。

注文処理方法比較

国内FX業者は極めて安いスプレッドだけで経営していけるでしょうか?

実は、スプレッド以外の収入源を確保しながら運営しているのです。

国内FX口座はDD方式

国内FX業者は主にDD方式を採用しています。

DD方式では、トレーダーからの注文は直接インターバンクには流されず、国内FX業者内で注文処理が行われます。 そのため、トレーダーとFX業者の相対取引となり、利益相反取引となります。

利益相反取引では、必ず、一方が儲かればもう一方が損をします。

国内FX業者は、利益相反取引において『競馬の呑み行為』と同じような不正操作ができるので、トレーダーに負けてもらって、損をさせながら利益をあげているのです。  

海外FX口座はNDD方式

一方、海外FX業者は主にNDD方式を採用しています。

NDD方式では、トレーダーからの注文がインターバンクへ直接流され、ディーラーが一切取引に関与しないので海外FX会社の利益の源泉はスプレッドだけになります。

したがって、海外FX業者は、トレーダーが儲かり続けることによって多くのスプレッド収入を得ることを希望するのでWin-Winの関係を築こうとします。

市場取引において透明性の高い取引が確保される方式なのです。

このように注文処理方法に大きな違いがあるため、表面的なスプレッドの高低だけで口座開設を検討することは危険であり、 ブローカー(仲介業者)としてスプレッドだけを収益源としている海外FXの方が『正しい経営』を行っていることから、海外FX口座を開設する方が安全なのです。

損失を抑えるための制度比較(ゼロカット 対 ロスカット)

ゼロカット制度

海外FX業者が導入しているゼロカット制度は、証拠金以上の損失が発生して口座残高がマイナスとなったとしても口座残高をゼロに戻すため『追証が発生しません』。

トレーダーの損失は入金した証拠金だけとなるため損失を抑えながら、ハイレバレッジによって利益を効率よく増やすことができます。

ロスカット制度

一方、国内FX会社が導入しているロスカット制度とは、証拠金残高に対しロスカット(強制決済)する条件を設定することで損失を抑制しようとするものです。

しかし、スリッページ(すべり)によって条件設定とおりにロスカットが発動されないと損失が発生します。

スリッページは、為替相場が急変動すると為替市場での取引が瞬時に増えるためサーバーに過度の負荷がかかり、処理が追いつかなくなり発生します。 条件設定しておいたはずのロスカットが発動されず、証拠金残高以上の損失が発生し口座残高がマイナスとなると国内FX業者はトレーダーに追証を求めます。

スイスフランショックで大損害を被った国内FXトレーダー

2015年1月のスイスフランショックでは相場が信じられないくらい急激に変動しました。

その際、スリッページ(すべり)によって世界中のトレーダーの口座残高がマイナスとなりましたが、海外FX口座では、ゼロカットによって多くのトレーダーの口座残高がゼロに戻されて『追証を請求されませんでした』。

その一方で、国内FX口座で取引していたトレーダーの多くが下図の『ロスカット未収入金発生状況』のとおり巨額の追証を請求されてしまいました。

2015年1月スイスフランショックでは1口座あたり約167万円のロスカット未収入金が発生しています。

ロスカット未収入金とは追証のことであり、あくまで国内FX業者側で未収となっている証拠金残高以上のマイナス部分だけであり、トレーダーがもともと積んでいた証拠金は含まれていないので、トレーダーが被った損害は下図の金額よりずっと大きいはずです。  

以上のことから、ロスカット制度よりもゼロカット制度の方が実務上安全であると言えます。

(出典:金融先物取引協会)

参考記事: スイスフランショック時 海外FXと国内FX各社の対応比較

金融ライセンス比較

海外国内を問わずFX取引ブローカーとなるためには、金融ライセンスの取得が必要です。

国内外を問わず、金融ライセンスを取得しているFX業者は、金融監督機関の管理・監督・規制の下で営業しているので信用面で安全であると言えます。

いずれにしても、金融ライセンスを取得しているFX口座を選ばなければなりません。

海外FXは遠く離れているからその『安全性・信頼性』を確認できないと最初から諦めてしまうトレーダーもいますが、FX取引は日本国内でも海外でも同じオンライン取引なので、遠い近いを問題にせず、しっかりと金融ライセンスの取得状況を確認できれば問題はありません。

関連記事: 安全性は?安全な海外FX業者の見分け方

資金管理方法

分別管理または信託保全

国内FXでは、金融庁の規制により信託保全の採用が義務となっています。
信託保全の場合、顧客資金は銀行の「信託口座」に保管されるのでFX業者から完全に分離されます、よって、万が一の場合でも全額保護されます。

海外FXの場合、信託保全の採用は義務ではありませんが、金融ライセンスを取得している海外FX業者は「分別管理」が義務であり、ごく一部の海外FX業者では信託保全が採用されています。

分別管理とは、FX業者の事業資金を管理する口座とは別の銀行口座に顧客資金を分離保管するもので、信託保全ほどの完全分離ではありませんが、資金の公私混同を避けるための有効な資金管理方法です。

海外FXの信託保全

海外FXでは、「投資家補償基金(ICF)」と「金融サービス補償機構(FSCS)」に加盟している海外FX業者の口座に預託されている顧客資金の一定額までが補償される制度があり、以下の資金額まで補償されます。

  • 投資家補償基金(ICF)に加盟している海外業口座: 最大2万ユーロ(約250万円)までの顧客資金
  • 金融サービス補償機構(FSCS)に加盟している海外FX業者: 5万ポンド(約700万円)までの顧客資金

2万ユーロと5万ポンドまでという条件付きですが、顧客資金が守られる点では信託保全と同じです。

したがって、分別管理を採用していることに加えて投資家補償基金に加盟している海外FX業者はおすすめです。

まとめ

  • レバレッジが高い=ハイリスクではない。
  • 海外FXのハイレバレッジは少ない元手で大きな取引ができるため資金効率が良い。
  • 国内FX口座が採用しているDD取引は利益相反取引となるので、国内FX業者は『競馬の呑み行為』のような不正操作ができる。
  • 海外FX口座が採用しているNDD取引は利益相反取引にならないので、スプレッドだけが収益源となる、したがって、海外FX業者はレーダーが勝ち続けて取引の量を増やすことを望んでいる。
  • ゼロカット制度を採用している海外FX口座では追証が発生しないので安心。
  • FX取引はオンライン取引なので遠い近いは問題ではなく、金融ライセンスを取得している海外FX業者なら安心である。
  • 分別管理に加えて投資家補償基金に加盟している海外FXなら安心である。

 

おすすめ海外FX業者ランキング

number1

世界最高水準の海外FX業者! 日本でも顧客満足度No.1!

XM

総合評価93点

4.42点

*堅固な財務基盤、資本金360,000,000米ドル(約360億円)!

*口座開設時3,000円、初回入金100%、2回目以降入金20%のボーナスなどの特典が充実!

*安心のゼロカット制度が導入されている、証拠金以上の損失が発生しない!

*投資家補償基金に加盟しているのでトレーダーの資金が保護される!

*業界屈指のレバレッジ最大888倍、資金効率の高いトレードが可能!

*リクォート・注文拒否なし!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!

*ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMゼロ口座』の利用も可能!

*無料のFX売買シグナル情報の提供サービスあり!

FX業界No.1 の取引環境とボーナス制度!
最強のハイレバレッジ最大888倍!
確かなゼロカット制度がある!(追証ゼロサービス)

XM(エックスエム)は、全世界196ヶ国で展開、グローバルリーダーとして確固たる地位を築いています。キプロス証券取引委員会(CySEC)からライセンスを取得しており、信用力に加え素晴らしい取引環境を備えており日本でも非常に人気が高い会社です。

ロスカット水準20%、レバレッジ最大888倍、最低入金額5ドル、最少取引ロット10通貨~、信託保全も備わっており、スプレッドは決してトップクラスではないものの約定スピード・執行率はトップレベル、インターバンク直結のECN口座でのトレードが可能、ボーナス・キャンペーンの手厚さもナンバーワン、といったトレード環境面で総合力ナンバーワンです。

スイスフランショック、ギリシャショックや世界同時株安などでもゼロカットをしっかりと履行してトレーダーに追証を請求しなかった安心感、リスクフリーなボーナス資金を多用できるので初心者でも不安なくトレードできること、国内FX口座で経験をお持ちの方が海外FX口座を併用する際にもっとも利用されているのが『XM(エックスエム)』なので、迷ったらまずXM(エックスエム)で口座開設することをおすすめします。

最大レバレッジ ドル/円(ゼロ口座)  サポート ボーナス
赤丸 三角 青丸 赤丸
888倍 2.0pips~(~0.4pips) 日本語対応 口座開設$30 初回入金100%など


number1

抜群の取引環境!日本での人気拡大中の海外FX業者!

AXIORY

総合評価89点

4.24点

*スプレッドの低さは業界ナンバーワン!

*リアルタイムの平均スプレッド、最小スプレッド、最大スプレッドを開示、取引の透明性を重視している!

*提携リクイディティプロバイダー名を全て開示、取引の透明性を重視している!

*NDD方式、ECN方式の注文を採用しておりリクォート(約定拒否)が一切ない!

*トレーダーの資金は全額信託保全される!

*ECN口座(ナノスプレッド口座)の取引手数料は1ロット片道3ドルと安く業界トップクラス!

圧倒的な低スプレッド、高い約定力が強み!
顧客資金が全額返還される信託保全が導入されている!
確かなゼロカット制度がある!(追証ゼロサービス)

AXIORY(アキシオリー)は、2013年設立の新興FX会社ですが、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)とキプロス証券取引委員会(CySEC)からライセンスを取得しており、低スプレッドと高い約定力によって評価が高まっています。

業歴は決して長くありませんが、カスタマーサポート対応が良く、優れた約定力、最狭スプレッドレベルが売りです。リアルタイムの最少・平均・最大スプレッドやすべてのリクイディティプロバイダー(注文カバー先)をウェブ上で公表するなど情報公開に積極的で透明性を重視している業者です。

インターバンク直結のECN口座では片道3ドルと安く、米ドル・円やユーロ・米ドルの平均スプレッド0.2~0.3 pipsと合わせても0.8~0.9 pipsとかなり有利なトレードコストとなっています。

ランキング1位のXM(エックスエム)と同様、AXIORYもスイスフランショック、ギリシャショックや世界同時株安などでもゼロカットをしっかりと履行してトレーダーに追証を請求しておらず、サポート等の安心感とスプレッドを重視したい方にぴったりの海外FX業者です。

また、AXIORYでは信託保全が導入されているので、万が一のことがあっても顧客の資金は全額返還されるの安心できます。

最大レバレッジ ドル/円(ナノスプレッド口座) サポート ボーナス
青丸 赤丸 青丸 三角
400倍 1.3pips~(0.3pips~) 日本語対応


number1

の新興海外FX業者 日本での人気急上昇の成長株!

TitanFX

総合評価89点

4.14点

* 「信託保全」を導入、トレーダーの資産が全額保護される

*注文執行率99.7%で安定した約定力

*ECN口座スプレッド0.0pips/0.0銭~は業界トップレベル(米ドル/円0.1pips~)

*両建てトレード、スキャルピングもOK

トップ水準の低スプレッド!
ナショナルオーストラリア銀行信託口座での信託保全!
高水準の約定力、安定したトレード環境!

TitanFXは、2014年設立、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)から金融サービス業の認可を得ています。日本での人気が急上昇中で、今後大きな成長が期待できる海外FX業者です。

業界トップクラスの「優れた約定力」と「有利なスプレッド」を武器に日本での知名度と人気が上昇しています。

ECNを北米・アジア・シンガポールの金融データセンター内に配置、また、金融インフラ世界最大の「エクイニクス社(EQUINIX)」のコロケーションセンターを起用して高速の約定を実現しています。

また、50社以上の銀行およびリクイディティプロバイダーを通して最良のレートを確保できるので極めて狭いスプレッドも提供しています。

スタンダード口座(STP口座)のスプレッドは業界平均水準で全般的にリーズナブルです。
ブレード口座(ECN口座)の平均スプレッドは米ドル/円、ユーロ/ドルやユーロ/米ドルなどが0.1pipsと超低スプレッドで、ECN口座の取引手数料は片道3.5ドルと業界トップクラスの安さです。

ロスカット水準20%、最大レバレッジ500倍、最低入金額200ドル~といったトレード環境も売りとなっています。

預託金などの顧客資産はナショナルオーストラリア銀行の信託口座で信託保全されているので全額保護されるので安心して付き合える海外FX業者です。

最大レバレッジ ドル/円(ECN) サポート ボーナス
青丸 赤丸 赤丸 三角
500倍 1.0pips
(0.10pips)
日本語対応 なし


number1

世界一のFXサービスの提供を目指し急成長中の海外FX業者!

TitanFX

総合評価88点

3.87点

*世界で最も厳格なFCA(英国金融行為監督機構)から金融ライセンスを取得しており、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)からも登録認可を得ており信頼性が高い

*FSCS(金融サービス補償機構)により顧客資金が5万ポンドまで補償される

*約定スピードは業界最高水準であり、ス安定した約定力に定評あり

*ライブ口座(STP口座)のスプレッドは業界平均より狭く、ECN口座スプレッド0.1pips/0.0銭(ドル/円)~は業界トップレベル

*入出金の利便性が非常に良く、出金時間約1時間のオンライン決済サービス、国内銀行振込入金(三井住友銀行口座経由の入金)、LAND-FXプリペイドカードでATMからいつでも出金が可能

最も厳格なFCA(英国金融行為監督機構)から金融ライセンスを保有!
約定力など取引環境でも業界トップクラス!
低スプレッドでも業界水準を上回っており、大口トレーダーからも人気が高い!

LAND-FXは2016年にそれまでのニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)からの許認可に加え世界で最も厳格なFCA(英国金融行為監督機構)から金融ライセンスを取得しており、急成長中の海外FX業者です。

LAND-FXの強みは、何と言っても約定力と低スプレッドが業界水準よりも優れている点です。
特に約定スピードは驚異的な平均0.179秒、最高スピード0.035秒は業界でも群を抜いています。また、スプレッドはライブ口座(STP口座)1.0pips/ECN口座0.0pips(ドル/円)など業界水準よりも優れています。

入出金サービスが充実しており、特に出金は独自のLAND-FXマスターカードを利用すれば世界中のATMからいつでも出金でき、マスターカード加盟店やオンラインでのショッピングにも利用できるので人気が高いです。

資金管理はFCA(英国金融行為監督機構)の金融ライセンスの規定に基づき分別管理を導入しており安心して付き合える海外FX業者であると言えます。

最大レバレッジ ドル/円(ECN) サポート ボーナス
青丸 赤丸 赤丸 赤丸
500倍 1.0pips
(0.10pips)
日本語対応 あり


number1

金融ライセンス登録数No.1!急成長中の海外FX業者!

TRADERS TRUST

総合評価86点

4.24点

*厳格なキプロス証券取引委員会の金融ライセンスを保有している信頼性

*投資家補償基金(ICF)に加盟、2万ユーロ(約250万円)まで顧客資産が保護される安全性

*約定力が優れている(トレードシステムの強化、優良メガバンク主体の提携リクイディティプロバイダーを確保)

*NDD方式、ECN方式の注文を採用しておりリクォート(約定拒否)が一切ない!

*ECN口座の取引手数料2.5ドル(片道)は業界最安値水準!

*初めての人でもトレードができてしまうほど素晴らしい完全日本語のビデオ講座!

金融ライセンスに加え欧州10ヶ国での金融サービス業者登録
優れた約定力などに加え
日本人向けサービスの充実度は見逃せない!

Traders Trustは、キプロス証券取引委員会(CySEC)からライセンスを取得しており、ヨーロッパ規制当局(ERA)、英国金融行為監督機構など欧州10ヶ国の規制当局に登録しています。総合的にバランスのとれた営業を展開しており、日本向けのサービス体制は充実しています。

この業者独自の良さは初心者トレーダー向けのFX講座ビデオなどの教育コンテンツが非常に豊富な点です。

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドルあたりの取引を行うなら取引手数料無料の低スプレッド口座がおすすめです。
また、ECN口座のスプレッドも人気が高く、ほとんどの通貨でAXIORYと同等か少しだけ広い程度となっており、手数料往復5ドルはAXIORYの6ドルよりも安くおすすめです。

2015年に同業他社のトレードシステム部門を買収し約定力に磨きをかけていおり、この業者もキプロス本拠であることから投資家補償基金(ICF)に加盟(義務)しており最大2万ユーロまでの顧客資金が補償される信託保全が導入されています。

TradersTrustもスイスフランショック、ギリシャショックや世界同時株安などでもゼロカットを確実に履行してきており、日本語サポート体制も万全で安心して付き合える海外FX業者です。

最大レバレッジ ドル/円 スプレッド サポート ボーナス
青丸 青丸 赤丸 三角
500倍 1.5pips~ 日本語対応
動画講座あり


目の新興海外FX会社 日本での知名度はまだ低い成長株!

FXGLOBE

総合評価80点

4.14点

*入金100%ボーナスにより2倍の資金で取引を開始できる!(最高5000ドルまで)

最小スプレッド0.9pips~であり業界トップ水準が大きな魅力!

*FX全般の知識から分析手法、取引戦略等まで幅広い学習プログラムが用意されている!

トップ水準の低スプレッド

今なら高額ボーナスが付いてくる!

FXGLOBEは、2013年設立、キプロス証券取引委員会(CySEC)からライセンスを取得しており、英国金融行為監督機構、ドイツ金融監督庁(BAFIN)などの規制当局に登録しています。日本でのサポート体制の構築に力を入れており、今後大きな成長が期待できます。

最大レバレッジ ドル/円 スプレッド サポート ボーナス
青丸 三角 赤丸 青丸
500倍 2.0pips~ 日本語対応
動画講座あり
入金100%


目の新興海外FX会社 日本での知名度はまだ低い成長株!

Ace Forex

総合評価76点

3.68点

*レバレッジ最大500倍(マイクロ口座)/ スタンダード口座とVIP口座は最大100倍!

*注文方式はすべの口座でNDD方式とECN方式を採用。リクォート・注文拒否なく、他社と同等水準の約定力を持っている!

リーズナブルなスプレッド

米ドル通貨ペアは低スプレッド水準!

Ace Forexは、2014年3月にニュージーランド金融サービス業者登録(FSPR)ライセンスを取得した新興企業であるが、良心的なスプレッドと安定した約定力を提供している。日本でのサポート体制の構築に力を入れており、今後大きな成長が期待できます。

最大レバレッジ ドル/円 スプレッド サポート ボーナス
青丸 青丸 青丸 青丸
500倍 1.6pips~ 日本語対応 入金20%

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中2人がこの投稿は役に立ったと言っています。
Pin It このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。