日本 7~9月期GDP年率1%増 景気後退から景気足踏みへ

7-9月期の国内総生産(GDP)は物価変動の影響を除いた実質で、前期比年率1.0%増と速報値(0.8%減)から上方修正されました。

設備投資が引き上げられ、市場予想も上回り2期連続のマイナス成長は回避されました。

内閣府が8日発表したGDPは、前期比で0.3%増と速報値(0.2%減)から改定されました。

需要項目別では1日公表の法人企業統計を踏まえて設備投資が同0.6%増と、速報値(1.3%減)から引き上げられ、全体の約6割を占める個人消費は同 0.4%増と速報値(0.5%増)から引き下げられました。

7-9月期の実質GDPがプラスに転じたことで、2期連続のマイナス成長は回避され、4-6月期も年率0.7%減から年率0.5%減に上方修正されています。

多くのアナリストやエコノミストたちは7-9月期の成長率について「『景気後退』との見方を打ち消すもので、『景気足踏み』を確認する内容といってよいだろう」と評価、個人消費は下方修正されて在庫投資が上方修正されているとして、「先行きの成長を抑制する要因になる点には注意すべき」と指摘もあるようです。

公共投資は1.5%減と速報値(0.3%減)から下方修正され、輸出から輸入を差し引いた純輸出(外需)の寄与度はプラス0.1ポイントと速報値と同じ。

在庫のGDP全体に対する寄与度はマイナス0.2ポイントと速報値(マイナス 0.5ポイント)から上方修正された。

景気総評としては、日本銀行の黒田東彦総裁は 11月30 日の講演で、「日本経済のファンダメンタルズはしっかりしており、わが国の企業や家計を取り巻く環境は、数年前に比べて大きく好転している。

また、物価の基調も着実に改善している」と述べています。

本日 12/8の東京為替市場のドル円相場は、7~9月期GDP発表の結果が好感されて、円は主要16通貨全てに対して前日終値比で上昇。

対ドルでは一時1ドル=123円06銭と、先週末以来の高値を付けました。

朝方は、7-9月期の国内総生産(GDP)改定値の上方修正などを受け123円21銭まで上昇した後に伸び悩みましたが、日本株や中国株などアジア株が全般的に下落すると、円買い優勢が鮮明になりました。

Pin It このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。