海外FX 損切りを制すものは、FXを制す

『損切りを制すものは、FXを制す』

海外FX、国内FX口座を問わず、FX取引における金言として重要なものです。 FX取引で勝つために重要な『損切り』について解説しましょう。

『損小利大』のための『損切り』

『損小利大』とは『利益を大きくするために損失を抑える』ことです。

損失を抑える方法の中でも最も大切なのが、『損切り』です。

損切りとは、予想が外れて為替レートが逆に動き、損失が出た時に、ポジションを手仕舞いして損失を確定することです。 思いのままにならない相場での『賢い身の振る舞い』が『損切』です。

損切りをしないままにすると…

レートが下り始めて再上昇する根拠もないのに、損切りせずに、ギャンブル的に待ち続けるのか、ある程度の損失を覚悟して一旦ポジションを決済して、次の取引に備えるのか…

損切せず持ち続けて、レートが上がり始めて利益が出たとしても、それはたまたま『運が良かっただけ』で、次回も運に恵まれるとは限りません。

損切りした途端レートが上がり始めるのでは、と必要以上に不安がるのも無用です。

根拠があって、自信を持って持ち続けて失敗するならまだしもですが、いつかは上がるだろうと『だらだらと』持ち続けてしまうと、マージンコールや強制ロスカットに突入する可能性があるので『損切り』の決断は非常に重要なのです。

逆も真なり、利益がでていても

損切りが上手でないトレーダーは利益確定も下手なことが多いかもしれません。

せっかく利益が出ているのに、『まだ上がるだろうと欲張って利益確定が遅れたことで』、利益が減ったり、利益が吹き飛んだりすることもあり得ます。

常にプラスの損益を維持しているトレーダーとは、 『損切のタイミングが明確で、損切りを実行できる決断力があり、利益が出ている時も利益を確定できるトレーダー』なのです。

『損切り』を取引コストとみなす

どんなに優れたスパートレーダーであっても『100%予想が当たる』ことはあり得ません。

思いのままにならない相場においては『初めから損することだってある』と割り切って『損切り』を取引コストだと考えるべきです。

FX取引を企業経営に例えれば、損切りを製造コストや販売管理コストと同様の必要コストだとみなし、どの位の損切りまでを『許容コスト』として認めるのか、を考えるべきなのです。

『損切り』のルール、固定か可変か?

『損切り』を徹底するためには、損切りのルールをあらかじめ設定する必要があります。

損切りのための『許容コスト』を決めて『損切り幅』を設定することになります。

『損切り幅』の設定方法には、『固定型』と『可変型』の二通りがあり、それぞれには以下のメリットとデメリットがあります。

(1) 『固定型』のメリット・デメリット

『許容コスト』に基づいて20 pipsまでとか30 pipsまでとか損切り幅を固定するものです。 ~Pipsまでとか幅を決めているので、迷いなく損切りを実行できるのがメリットです。

デメリットとしては、相場のボラティリティ(価格変動幅)が大きい場合、『損切りの幅』が相場に適さなくなり、簡単に損切りにかかってしまうことがあります。
また、10Pipsぐらいしか変動しないボラティリティ相場で、30Pipsとかを損切り幅にしたりすると相場に適さない無意味な設定となることがあります。

(2) 『可変型』のメリット・デメリット

直近の相場の実績値を基準値とみなして毎回損切り幅に適用するものです。 直近の高値や安値を超えるポイントで注文を出したり、MA(平均移動法)などの示されるトレンドの転換点を抜けるポイントで損切り注文を出したりする方法です。

直近の実績値をベンチマークとするので、これからの価格変動幅に追随しやすくなるメリットがあります。

デメリットは、毎回相場に合わせて損切りを設定するための時間と労力を必要としますが、固定値よりも精度が安定しやすいです。

可変型では、時間足によって損切りのポイントが変わったり、 損切り幅に合わせてポジションサイズを調整したり、 毎回、ポジションサイズを計算しながら取引を行うことになります。

『固定型』と『可変型』のどちらが優れているか、考え方が別れるかもしれませんが、『精度の安定しやすい可変型』を採用しているトレーダーが多いと言われています。

決めたルールは変えない

例えば、短い時間足で取引してきているのに… 『1時間足を見るとまだ損切りしなくてもよさそうだ、サポートがあるのでもう少し損切りを待ってみよう』のように、どんな理由を見つけても、損切りを遅らせることは絶対にやめるべきです。

既に述べたとおり、損切り幅はその『許容コスト』に基づいて設定しているため、遅らせることで許容コストを変えてしまうことになります。

また、FXとはメンタルゲームなので、遅らせたことが裏目に出て損失を出した場合の精神的ダメージは大きいでしょう。

『損小利大』のために、焦りが焦りを読んで失策を繰り返すことがないように、決めたルールを徹底し、損切りを取引コストだと割り切って機械的に実行していくことが大切です。

まとめ

  • 『損切りを制するものは、FXを制す』は『損小利大』によって実現する。
  • 損切りしないままだと、マージンコール~強制ロスカットが待ち構えているので危険。
  • 損切が上手くないトレーダーは利益確定も下手なことが多く、利益が縮小してしまうことがある。
  • 損切りを取引コストと割り切るべし。
  • 損切り幅には『固定型』と『可変型』があり、それぞれにメリット・デメリットがあるが、固定型の方が価格変動幅(ボラティリティ)に追随しやすく精度も安定しやすいのでおすすめ。
  • 決めたルールは変えない、最初に設定したルールで取引を貫くべき。

以上、FX取引で常に利益を維持していくためには『損切り』が重要なのです。

局面によっては『損切り』を避けて通らず、『もうちょっと』という誘惑に惑わされずに決めたルールさえ守れば誰でも『常勝』を目指すことができるはずです。

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。
Pin It このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。