ドル123円前半で動意薄、短期筋の参加少なく

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高/円安の123.20/22円の気配だった。

シンガポール市場が休場で短期筋の参加が少なく、総じて動意に乏しかった。安く始まった日経平均株価が値を戻した局面では、ドル/円もややじり高となった。

 

午後に日経平均株価が下げ幅を縮めプラス圏に浮上する中で、ドル/円もじり高気味で推移した。

ただ、シンガポール市場の休場もあって、朝方から総じて動意薄の展開が続いた。東京市場での値幅は123.03─123.26円の23銭だった。

 

午前の取引では、9月の国際収支統計を挟んでドルは一時123.03円まで弱含んだ。

米国株や日経平均が下落し、リスクオンの巻き戻しがみられるなか、インターバンクでは「ドルの戻り売り」のスタンスを決め込む参加者もみられた。

 

ただ、仲値公示にかけては切り返し、一時123.26円に上昇。

「ドル一段高を見込む輸出勢は、焦って売る気は全くなさそう。

輸入勢は、足元のドル高が一過性と見る向きもあり、ドル買い意欲が盛り上がらない」(金融機関)という。

 

底堅さが意識された一方、買い上がる材料にも乏しかった。

雇用統計で大幅高となったことを受け「久々にレンジを上抜けてきたので、目線を慣らすための良い機会といえる」(国内金融機関)との声が出ていた。

 

中国国家統計局が10日発表した10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比1.3%上昇となり、9月の1.6%上昇から鈍化した。

ロイターが集計したエコノミスト予想の1.5%上昇にも届かなかった。

生産者物価指数(PPI)は前年同月比5.9%低下と、44カ月連続で低下した。

低下幅は9月と同水準だった。

 

ドル/円は、目立った反応を示さなかったが、発表後はじり安となった。

 

日本の財務省が発表した国際収支統計によると、経常収支は、「第一次所得収支」が黒字幅を縮小し「貿易・サービス収支」が黒字転換したことから、2014年7月以降15カ月連続の黒字となった。

ドル/円 JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円 EURJPY=

午後3時現在 123.20/22 1.0744/48 132.38/42

午前9時現在 123.04/06 1.0758/62 132.38/42

NY午後5時 123.10/15 1.0748/54 132.40/44

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
Pin It このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。