【FX特集】なぜFXは最強の投資であり海外FXが優れているのか?

目次

FXは最強の投資であり、海外FXが優れている点をズバリ解説!

代表的な投資にはFX、株式投資、仮想通貨、投資信託といったものがありますが、以下の点でそれぞれの投資を比較すると、FXが最強の投資であることがわかります。

  • 少額資金での始めやすさ
  • 情報の集めやすさ
  • 練習のしやすさ
  • トレードを放置できるのか
  • 不景気時のチャンス
  • 緊急避難のしやすさ
  • 利益を出す爆発力

これらのポイントを比較した詳細は後述しますが、FXには国内FXと海外FXがあり、両者は基本的にはほぼ同じでありながら海外FXの方が優れていることを事実に基づいて解説していきますのでしっかりと読み進めてください。

また、これからFXを始めるような初心者のために、

  • 自分に合ったFX投資スタイルの見つけ方
  • スタイルに適している海外FX業者を探す
  • 海外FXもルールを守れば全く怖くない
  • 帰宅後に効率良くスキャルピングで儲ける
  • 豊富なEA(自動売買)が見つかるMQL5

といったことも解説していきますのでしっかりと読み進めてください。

無理なく始められるのがFXの強み、そして海外FXが有利!

代表的な投資手法である「FX」「株式投資」「仮想通貨」「投資信託」の特徴と各比較項目を評価したものをまとめると以下の通りとなります。結論を言いますと、取り組みやすさ、稼ぎやすさの面でFXが最も優れており、さらに海外FXの方が国内FXよりも優れていることがわかります。

FX  外国為替証拠金取引のこと、ごく少額の資金から始められる、正しいルールに従えば世間で言われるほどリスクは高くない
株式投資  企業の株式を購入し、値上がり益と配当金などを得る投資、ある程度まとまった資金を用意できないと購入できる銘柄が限られる投資手法
仮想通貨  近年話題の投資、今後どのくらい成長するか衰退するか予測は困難、ブロックチェーン技術を用いた応用技術の将来性への理解も必要
投資信託  運用のプロに資金を委ねるタイプの投資、お手軽さは抜群だが、運用成績は保証されるわけでなく、良くも悪くも人任せで投資行為の醍醐味を味わえない
少額資金 情報収集
しやすさ
練習の
しやすさ
放置
できるか
不景気時
のチャンス
緊急避難
のしやすさ
稼ぐ
爆発力
FX

★★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★
海外FXが有利 国内・海外共通 海外FXが有利 国内・海外共通 国内・海外共通 国内・海外共通 海外FXが有利
レバレッジだけでなく、少額投資できる口座を選べば「超」少額からでも参入可能、海外FXは、ハイレバOK、マイクロ口座も豊富
FXの主要銘柄数は実質的に主要通貨、各通貨に関するニュースソースなどが豊富 デモトレードやバックテストにより、やろうとしている手法の優位性が分かりやすい、特に自動売買の選択肢は海外FXの方が多い
FXは24時間相場が動いているため自動売買が非常に盛ん、手動の場合でも注文予約が有効
買いだけでなく売りからも取引ができるため、不況時でも大きく儲けることが可能
流動性が非常に高いため、ほとんどの局面でポジションを決済出来、撤退戦略が容易
実は他の投資と比べFXはそんなに値動きしないが、売買機会が多いため、技術・腕があれば大きく稼げる、海外FXは、ハイレバOK、ゼロカットにより損失も抑えることができる
株式投資

★★★ ★★★ ★★ ★★★ ★★ ★★ ★★★★
数万円程度で買える銘柄もあるが買えない銘柄も多数、少額で買える銘柄が必ずしも有望でないことも 銘柄数が多すぎる、売買する銘柄数分の情報を収集する必要あり分析の手間も大きい 運用前のトレーニングは実質不可能、実際に購入しないと分からない部分が多い 長期保有なら放置できる、短中期だと取引可能時間が短く、板との兼ね合いもあり放置しにくい 全体的な株価が下がっている時期でも上がる銘柄もあるものの難易度は高い ストップ高、ストップ安の制度があり、極端に値動きする場面では売買が成立しにくいので難易度が高い 新興株が短期間で数十倍数百倍になることもあるが確実に購入できないこともある
仮想通貨

★★★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★★ ★★★★★
少額でも購入できる仮想通は多くレバレッジ取引もできる 商品自体の歴史が非常に浅く、業界も未成熟なため、情報の見極めの難易度が高い FXのようなチャート分析はあるものの過去データが少なすぎて検証しにくい 仮想通貨も長期保有なら可能だが、相場自体の変動率が極めて高くリスクコントロールしにくい 実体経済との相関性が低く、仮想通貨自体の見通しが不明なので判断しにくい 現物取引の場合、大きく値動きする場面では、不利な価格での売買を強いられる可能性がある 2017年末に大暴落したように、仮想通貨市場が今後どのくらいまで成長するか誰もわからない
投資信託

★★★ ★★★★★ ★★ ★★
インターネット上から購入することで、1万円程度でうんようできるものもある 複数の金融商品をパッケージ化したものの運用を第三者に委ねるため情報収集しにくい シミュレーションできるアプリなどはあるものの、運用前にどうなるかの予想は困難 銘柄の絞り込みなどでパソコンやスマホを操作することがあるが取引自体は他者任せ 株式が一定の割合を占めていることが多いため、株安の局面は得意ではない 頻繁に売買する性質の商品でないため、何かが起きたときの機動力には欠ける 複数の銘柄を組み合わせた商品である以降、場かう初的な利益を得ることは困難

同じFXでも海外FXへの関心が高まっている

もし海外FXが最強の投資の中で優れている投資であるならば、人々たちの海外FXへの関心が高くなってきていなければなりません、その点を明らかにしましょう。

世界最大の検索エンジンであるグーグルが提供しているツールの1つにグーグルトレンドというのがあります。このツールは、あるキーワードがどのくらい人々たちに関心を持たれていて検索されているかを調べられるものです。

下記画像グラフは海外FXが日本でも徐々に知れ渡るようになった2010年1月から2018年6月までの「FX」と「海外FX」という検索キーワードの人気推移を表しています、FXというのは日本ではいわゆる国内FXに当たり、海外FXは海外ブローカーによるFXサービスが中心となっているものです。

推移を見てお気付きだと思いますが、国内FXを中心とするFXというキーワードへの関心は緩やかに下降してきているのに対して海外FXは確実に上昇してきており、明らかに海外FXが投資手段として脚光を浴びてきていることを裏付けていると言えます。

FXのキーワード人気推移

FX グーグルトレンドでのキーワード人気推移

海外FXのキーワード人気推移

海外FX グーグルトレンドでのキーワード人気推移

自分に合ったFX投資スタイルの見つけ方(チェックポイント)

FXを始めるにあたり、人それぞれ準備できる資金はもちろん、生活パターンにより使える時間やトレードできる時間帯、知識レベルなどが異なるため、総合的に判断して自分に見合ったスタイルを見つけることが重要です、このことは海外FXでトレードしていくためにも必要なので、まず、FXのトレードスタイルを大別してから、自分に適したトレードスタイルのチェック方法も解説します。

FXは「2系統5種類」のスタイルがある

  • 系統1:裁量トレード ⇒ スキャルピング、デイトレード、スウィングトレード
  • 系統2:自動売買 プログラム系、リピート系
【系統1】
裁量トレード

売買の判断や実行をトレーダー自ら行うトレード手法。チャート分析力や情報収集力を高めることが望ましい。 スキャルピング 超短期売買手法であり、数秒~数分で取引を完了させる、1日に何度も取引を行い利益を積み重ねて行く手法。
デイトレード 日をまたぐことなく、その日のうちに取引を完了させる、スキャルピングとスウィングトレードの中間の手法。
スウィングトレード 数日~数週間、数ヶ月の期間で取引を行うスタイル。長期的な展望、含み損に耐え切れる資金量と戦略が必要。
【系統2】
自動売買

文字通りプログラムが自動的にトレードを行うもので、トレーダーは最初に戦略を決めて設定するだけ。 プログラム系 開発者がプログラムした戦略を用いて自動的にトレードを行う。トレーダーが行うのはプログラムを選択するだけであり、初心者でも運用しやすいですが、プログラムの戦略が勝てるものか否かの見極めは必要。
リピート系 自動売買であるが、トレーダー自らがリピート注文の設定を行う必要があり、そのルールに従って自動的に売買が繰り返される。設定にあたり相応の相場観を求められる。

自分に適したトレードスタイルをチェックしてみましょう!

上記でこんなスタイルなんだというのが分かっても、自分に適したスタイルを見つけるのは容易ではありません、そこで、次のチェックポイントを押さえれば自分にぴったりなトレードスタイルを見つけることができます。

該当項目が多いスタイルがオススメ

下記は各トレードスタイルに向いている人の特徴を挙げており、まず、自分がどのスタイルに適しているのか確認してみましょう。裁量トレードと自動売買にはメリット・デメリットがあり、どちらが絶対に有利ということは言い切れませんが、まず、自分の特徴から判断してどのスタイルが適しているのかを理解することが必要です。

こんな方はスキャルピング向き

  • 投資に使える資金が少ない
  • 集中力、判断力、身体能力が高い
  • PC操作がそれなりにできる自信がある

こんな方はデイトレード向き

  • 毎日トレードできる時間がある
  • 自分で考えて行動できる
  • 分析や検証など地味な作業が得意

こんな方はスウィングトレード向き

  • 投資に回せる潤沢な資金がある
  • 極力時間を使いたくない
  • 俯瞰的なものの見方ができる

こんな方はプログラム系向き

  • FXや投資の知識がほとんどない
  • 本業などが忙しくて時間を作れない
  • 放置でトレードしたい

こんな方はリピート系向き

  • 投資に使える資金に余裕がある
  • じっくりコツコツ稼ぎたい
  • 気分や感情に左右されやすい

上記の中で注意すべき点として挙げておきたいのは、スキャルピングは投資に使える資金が少ない人だけが行うべきなのかどうかです。結論から言えば、資金が潤沢な人であっても資金面以外の集中力と判断力が高いことや、自分で考えて行動できることなどが自分とマッチしていればどのスタイルでも取り組んでよいと言えます。

つまり、資金に余裕ある人ならば自分の性格や生活パターンに合わせてどのスタイルでもよく運用スタンスにも幅を持たせることができると言えます。

一気に稼ぎたい派?ほどよく稼ぐ派?コツコツ稼ぎたい派?

自分に合ったスタイルを見つけることと同様に重要なのが運用スタンスです。運用スタンスの一般的な考え方は、自分の資金力に合わせて、

  • 一気に稼げるか?
  • ほどよく稼ぐべきか?
  • コツコツと稼ぐべきか?

を考えながらリスクとの兼ね合いで運用スタンスを決めることです。

下記表は資金力と投資スタンスの関係を示しています。資金力が中ぐらい以上あれば運用スタンスに幅を持たせることができますが、問題は、資金力がない人は本当に一気に稼ぐことができないかどうかです。そこで、考慮する必要があるのがレバレッジの存在であり、低レバレッジの国内FXとハイレバレッジも活用できる海外FXでどのような違いがあるのかも理解しておくべきです、その点を次で説明します。

資金力 FXの経験・スキル 運用スタンス
一気に稼ぐ
ハイリスク・ハイリターン
ほどよく稼ぐ
ミドルリスク・ミドルリターン
コツコツ稼ぐ
ローリスク・ローリターン
資金:少ない
20万円以下
初心者
経験・スキルあり
資金:中ぐらい
50万円以上
初心者
経験・スキルあり
資金:多い
100万円以上
初心者
経験・スキルあり

資金力が少なければ海外FXのハイレバレッジを利用すべきか?

たとえば、20万円の資金から始めたい場合(下記の純資産額)、下記の通り、1ロット (10万通貨)の場合、国内FXではレバレッジ最大25%なので必要証拠金が足りず取引に参加できませんが、海外FXではレバレッジ50倍や100倍などで設定できるので取引に参加できます(海外FXでも25倍で設定できます)。

海外FXで注目すべき点は、ロスカットレベルが20%と低いことです。ロスカット水準が国内FXの半分以下なので、レバレッジ50倍や100倍であっても160~180 pipsまで変動しないとロスカットしないことからスキャルピングで取引できるレベルだと言えます。

また、0.1ロット (1万通貨)の場合でも注目すべきはロスカットレベルです、国内FXの半分以下の水準であることから下記のとおりロスカットレートはレバレッジが高い海外FXの方が有利であり、国内FXよりも少ない証拠金でも1,900 pips程度までの変動に耐えきれることからスキャルピングのみならずデイトレードやスィングトレードも不可能ではないと言えます。

資金が少ない人であっても、海外FXを利用することで国内FXよりも少しでも高いレバレッジで資金効率を高めることができることを理解しておきましょう。

国内FX 海外FX

純資産額(入金額)

20万円

ロスカットレベル

50% 20%
取引ロット① 1ロット(10万通貨)
取引金額①
(ドル/円:100円)
1,000万円
レバレッジ① 固定25倍 50倍 (変更可) 100倍(変更可)
必要証拠金① 取引不可 20万円 10万円
ロスカットレート① 取引不可 98.4円 (160 pips) 98.2円(180 pips)
取引ロット② 0.1ロット(1万通貨)
取引金額①
(ドル/円:100円)
100万円
レバレッジ② 固定25倍 50倍 (変更可) 100倍
必要証拠金② 4万円 2万円 1万円
ロスカットレート② 82 円(1,800 pips) 80.4 円(1,960.1 pips) 80.2円(1,980 pips) 

レバレッジの設定変更ができる海外FXはトレードしやすい

なお、上記の補足ですが、ほとんどの国内FXでは下記のDMM FXのようにレバレッジは変更できないのでレバレッジは最大25倍だけとなります。一方、例えば、海外FXのXM (エックスエム)では1倍から888倍までの15段階の任意設定・変更ができます。

海外FXでレバレッジ倍率を任意変更できるメリットは、相場環境の変化や資金残高やポジションの状況に対してできるだけ最適なレバレッジの設定を行いながらリスクコントロールが可能な点です。

たとえば、実損失や評価損失が発生してポジション評価額に対する有効証拠金が減って実効レバレッジが高くなってしまう場合、資金を追加して有効証拠金を増やすかレバレッジの倍率を下げて実効レバレッジを調整してロスカットリスクを低くする必要があります。

海外FXではレバレッジを任意設定できるので国内FXよりもレバレッジによるリスク管理が容易であることも理解しておきましょう。

実効レバレッジ管理の詳細は下記の関連記事をおすすめします。
関連記事:海外FX 「実効レバレッジの管理」とレバレッジの設定

海外FX XM (エックスエム)のレバレッジやロスカットレベルの詳細は下記の関連記事をお読みください。
関連記事:XM (エックスエム)の評判・レビュー

スキャルピングに適した海外FX業者とツール選び

ここで何故、スキャルピングだけを取り上げているかというと、スキャルピングは短時間での注文を繰り返す手法で、デイトレードやスウィングトレードよりもトレードコストが大きくなりやすいなどの理由から慎重にFX業者を選ぶ必要があるからです。

また、スキャルピングはFX業者の売買サーバーへの負荷をかけてしまい通常のトレードのスプレッドを広げてしまう原因となり得るため、FX業者によってはスキャルピングを禁止していることもあるので予め調べる必要もあります。

スキャルピングに有利なFX業者の選ぶ条件としては、

  • スキャルピングを禁止していないこと
  • トレードコストが安いこと
  • 約定スピードが優れていること

です、以下で解説しつつ有利なFX業者を紹介します。

スキャルピングを禁止しているFX業者

結論から言うと、国内FXではスキャルピングを禁止していることが多く、海外FXではスキャルピングに寛容な業者が多い傾向です。

まず、国内では大手業者をはじめ基本的にはスキャルピングを認めない傾向が強く、下記のDMMFXの取引約款のように「短時間での注文を繰り返し行う行為」は禁止事項となっています(下記、DMMFXとGMOクリック証券の取引約款をご参照)。

スキャルピングは小幅な利益を取引回数で大きくしていくスタイルなので、利益が大きくなると当然取引回数も多くなってしまい、禁止事項に該当するとして口座凍結されているケースが後を絶ちません。

DMMFXなど国内FX業者は短期売買 スキャルピングを禁止

DMM FX 取引約款  GMOクリック証券 取引約款

また、国内FX業者の約款をいくつも読んでみると、ルール自体の表現があいまいなことが多く、国内FX業者のさじ加減でトレーダーに対してどうにでもできる印象が強く、明確にスキャルピングを認めていないので口座凍結されるリスクがあると理解しておきましょう。

スキャルピングを禁止していない海外FX業者

一方、海外FXも全ての業者がスキャルピングに寛容なわけではありませんが、以下の海外FX業者 XM、AXIORY、TitanFXは明確にスキャルピングを認めています。

XM (エックスエム) 

海外FX XM エックスエムはスキャルピングを認めている

よくある質問:スキャルピングを認めていますか?
回答:はい、認めています


AXIORY (アキシオリー)

海外FX AXIORY アキシオリー スキャルピングを認めている

よくある質問:スキャルピング (超短期売買)はできますか。

回答:スキャルピングは可能です。また、スキャルピングの回数に制限を設けておりません。


TitanFX (タイタンFX)

海外FX TITANFX タイタンFX スキャルピングを認めています

特に取引量の多いトレーダー、スキャルパーにとって、高速約定スピートは、必要不可欠な取引要件の一つです。

TitaFXはスキャルピングを行うトレーダーのために高速約定に力を入れています。

以上のことから、スキャルピングを行うなら海外FX業者を利用する必要がると言えます。

トレードコストが安い海外FX業者は?

STP口座 (ドル/円)  平均スプレッド

1位 AXIORY: 0.9 pips

2位 TitanFX:1.3 pips

3位 XM:1.7 pips

ECN口座 (ドル/円)  平均スプレッド

※取引手数料込み

1位 AXIORY: 1.00 pips 

2位 TitanFX:0.80 pips

3位 XM:1.3 pips

トレードコスト面ではAXIORYとTitanFXのSTP/ECN口座はスキャルピングに適しています。XMは、下記のとおり約定力の安定感も加味すればECN口座がスキャルピングにおすすめです。

スプレッドの詳細は下記の関連記事もご参照ください。
関連記事: 海外FX 通貨ペア別スプレッドを比較

約定力の優れている海外FX業者は?

スキャルピングを行うには、スプレッドが安いだけでなく約定力も優れている海外FX業者でなければなりません。その理由は、表面スプレッドが安くても約定力が悪い場合はスプレッドが広くなるのでスキャルピングに向かないことになります。

AXIORY、TitanFX、XMの約定力は下記のとおりであり、3社とも優れた約定力を有しておりスキャルピングにも利用できる海外FX業者です。

海外FX業者 執行率
(1秒以内)
約定スピード
(最速:秒)
約定スピード
(平均:秒)
XM
(エックスエム)
100% 0.277 0.336
AXIORY
(アキシオリー)
99.84% 0.298 0.326
TitanFX
(タイタンFX)
99.70 0.266 0.450

約定力の詳細は下記の関連記事もご参照ください。
関連記事: 海外FX業者 約定力比較ランキング

海外FXもルールを守れば全く怖くない

FXはリスクが高そうだから、といったイメージを持っていたり、海外FXは海外のサービスだから不安を持っている人もいると思いますが、それは大きな誤解です。当然リスクが付きまといますが、FXのリスクの種類をしっかりと把握すれば、その一つ一つには対処する術があるので恐れる必要はありません。

一言でいえば、FXでは、大切な資金を防衛するための資金管理、とくに「損切り」を始めとするリスク管理が必須であり海外FXでも例外ではありません。

海外FXでも、リスクにはどれも対処法があるから大丈夫

海外FXでも対処すべきリスクの種類は基本的に国内FXと同じです。

海外FXならではハイレバレッジはハイリスクだと言われていますが、それは国内FXでのレバレッジが変更できないため海外FXでも最大レバレッジでのトレードしかできないように誤解されているからです。実際には海外FXのレバレッジは細かい任意設定・変更ができるので実効レバレッジの管理を通して資金リスク管理が容易なのです。

国内FXではロスカット制度だけですが、海外FXではロスカットに加えてゼロカットも導入されていて証拠金以上の損失が発生しないため元本割れの心配が要りません。

また、業者の倒産リスクも金融機関の信託口座で資金を分別管理したりキプロス証券取引員会と英国金融行為監督機構のライセンスを保有している海外FXの取引口座を持っている場合、投資家補償基金(ICF)や金融サービス補償機構(FSCS)により資金補償が受けられる制度も用意されています。

リスク種類 海外FXのメリット 対処法
元本割れ 海外FXには損失を拡大させないゼロカットが備わっている ゼロカット制度が備わっている海外FX口座を利用すれば元本割れ・追証の心配がいらない、最低限の損切り設定といったルールをしっかり守る
FX業者の破綻 資金の分別管理、投資家保護制度が容易されている 金融ライセンス規定により大手銀行の信託口座で厳格に分別管理されていたり、投資家補償基金などの公的機構による補償もある、従って、確実に金融ライセンスを保有している海外FX業者と付き合うべき
相場環境の変化 レバレッジ変更可能、ゼロカット レバレッジを変更できるので資金リスク管理が国内FXよりも容易、そのことを上手に活用すべき、ロスカットしかない国内FXよりも不測の事態での資金防衛力が優れている
取引中の操作 海外FXもデモ口座が充実している 取引を本格開始する前に、デモトレードで何度も練習し取引操作になれておく

損切り設定を怠らず致命的な損失を未然に回避しよう

損切りを徹底するために、損切りで得られるメリットを理解しましょう。

  • 取引ごとの損失額を、自分が冷静に判断を下せる範囲に限定できるため、収支を正確に把握・管理できる
  • 損失を抱え続ける精神的なストレスから解放され、冷静な判断と本業などに悪影響を及ぼさない
  • あらかじめ損切り注文を設定しておくことで、チャートに張り付く必要がなくなる
  • ポジションを決済せずに持ち続けることがなくなり、本来トレードすべきタイミングでの資金不足を回避できる

FXでは損切りの設定=相場で生き抜くための鉄則ルールを守っても不測の事態によって元本割れ(証拠金以上の損失の発生)のリスクが付きまとうが、上記の通りのゼロカットを始めとするメリットがあるので不安なく取引が行えます。

【スキャルピングのコツ】帰宅後に効率良くスキャルピングで稼ぎましょう!

日中にお勤めされていて帰宅後にスキャルピングで稼いでいるトレーダーは多いと言われています。夜の7時や8時頃に帰宅するサラリーマンやOLに人気があるのがニューヨーク時間のスキャルピングトレードです。

ここからは、帰宅後のニューヨーク時間でスキャルピングを行うコツを説明していきます、特に重要なコツは以下の通りです。

  • スキャルピングの極意は「大局分析」
  • 値動きの方向が読める局面を探す
  • 相場が落ち着いているときが狙い目

一つ一つを解説いたします。

スキャルピングにおける「大局分析」とは?

大局分析とは、いきなり短い時間足のチャートと見始めるのではなく、相場を幅広く眺めることから始めるのです。具体的にはMT4のチャートで下記の「8種類の通貨ペアの3つの時間軸を並べて、今の相場環境でどの通貨ペアが強いのか弱いのかを、確認します。

海外FX MT4で主要通貨ペアの力関係をチェック

縦軸ではドルエンストレート、クロス円、横軸ではユーロ、ポンド、豪ドル、NZドルの流れを、ぱっと見るだけで読み取りやすく、通貨の相関がわかります。もっと具体的にいうと、特定通貨の独歩高、独歩安、強弱をMT4の画面で見抜けます。このような確認をルーティン作業とすることで、今日はこの通貨ペアでこう攻めよう、といった具合に戦略の質を上げることができます。

ドルストレート クロス円 目  的
ユーロ/ドル
15分足
ユーロ/ドル
4時間足
ユーロ/ドル
週足
ドル/円
15分足
ドル/円
4時間足
ドル/円
週足
ユーロ、ドル、円の力関係を見るため
ポンド/ドル
15分足
ポンド/ドル
4時間足
ポンド/ドル
週足
ポンド/円
15分足
ポンド/円
4時間足
ポンド/円
週足
ポンド、ドル、円の力関係を見るため
豪ドル/米ドル
15分足
豪ドル/米ドル
4時間足
豪ドル/米ドル
週足
豪ドル/円
15分足
豪ドル/円
4時間足
豪ドル/円
週足
豪ドル、ドル、円の力関係を見るため
NZドル/米ドル
15分足
NZドル/米ドル
4時間足
NZドル/米ドル
週足
NZドル/円
15分足
NZドル/円
4時間足
NZドル/円
週足
NZドル、ドル、円の力関係を見るため

たとえば、ドルストレートの同一時間軸が全て下向きであれば、その時間軸において全体的にドルが買われている(上向きなら売られている)といったように相場の流れを把握し、その相場観によってスキャルピングの対象とすべき通貨ペアや取るべき戦略を決めます、場合によってはトレードを行わない決定も行います。

値動きの方向が読める居面を探す

主要通貨ペアの力関係から相場観を読むことができたら、さらに具体的な判断が行えるように以下の手順でスキャルピングできるチャンスを探ります。

  1. 4時間足がレンジ相場になっている通貨ペアを見つけことから始める
    ⇒レンジ相場は一定の値幅で規則的に上下する性質があるので、これからの値動きの方向を想定しやすい
    ⇒方向を想定できたら15分足に切り替える
    スキャルピングのコツ 4時間足でレンジ相場を探す
  2. 代表的な反転、続伸パターンをもとに「次に立つローソク足」を想定する
    ⇒反転と続伸パターンはさまざまですが、下記画像の青枠のパターン形成を見届けながら、その次のローソク足を想定し、その足でスキャルピングを行います
  3. 次の足を想定したら1分足に切り替えスキャルピングを繰り返す
    ⇒15分足で次の1本足を想定したわけなので1分足に切り替えると、想定した方向に1分足が15本立つので、その値動きのリズムに合わあせて「順張り」のスキャルピングを繰り返します。
    スキャルピングのコツ 15分足で想定したシナリオを1分足でスキャルピング

相場が落ち着いているときが狙い目

スキャルピングを行う場合は、ニューヨーク時間に当たる21時から23時ごろに経済指標発表があるかそうでないかでやり方を変えるべきです。経済指標発表がある場合は方向感がつかみにくいことが多く、それが落ち着く24時以降の方が上記のようなレンジが形成されやすい傾向があり狙い目です。

24時以降にトレードできない人は経済指標発表がない日の21時くらいからにスキャルピングを行うか、早起きな方ならオセアニア市場(ウェリントン・シドニー)で経済指標を避けながらトレードすると良く、また、朝7時から8時くらいは方向感がつかみにくい時間帯なので避けた方が良いと言えます。

低いレバレッジから高いレバレッジまでコントロールできる海外FXを活用している

まとめ FXが最強で海外FXがおすすめ

  • 無理なく始められる投資ナンバーワンはFX
  • 特に少額資金、稼ぐ爆発力では海外FXが国内FXよりも優れている
  • ハイレバレッジやゼロカットがある海外FXではトレードに幅を持たせることができる
  • 海外FXが優れていることが知れ渡るにつれて、グーグルでの「海外FX」という検索ワードの人気は国内FXよりも上昇している
  • 自分に合ったトレードスタイルを見つけ、海外FXでのレバレッジの活用方法をしっかりと理解すればロスカットリスクは国内FXとほとんど変わらない
  • 海外FXでのレバレッジは固定ではなく変更できるので相場環境に応じて戦略を立てやすく、資金リスク管理も容易である
  • 海外FX業者は国内FX業者よりもスキャルピングに対し明確に寛容であり、国内FXでは取引約款的にも口座凍結されてしまうリスクがある
  • XM (エックスエム)、TitanFX (タイタンFX)、AXIORY (アキシオリー)は明確にスキャルピングを認めている
  • TitanFXとAXIORYのスプレッドの狭さは業界でも最高水準、約定力も優れておりスキャルピングに適している
  • FXには通常元本割れのリスクが付きまとうが、ゼロカットがある海外FXでは証拠金以上の損失(追証)リスクがない
  • 金融ライセンスを取得しており、しっかりと分別管理している海外FX口座を利用すれば業者の倒産リスクを押さえることが可能
  • 国内FXの信託保全のように、万が一のことがあっても、中には公的な資金補償を受けられる海外FX口座もあるので安心
  • スキャルピングはレンジ相場を見つけ、反転または続伸パターンに従ってエントリータイミングを取ることが重要

おすすめ海外FX業者  評判・評価ランキング

number1

世界最高水準の海外FX業者! 日本でも顧客満足度No.1!

XM

総合評価93点

4.42点

*口座開設時3,000円、100%~20%入金ボーナスなどの特典が充実!

*安心のゼロカット制度が導入されている、証拠金以上の損失が発生しない!

*顧客資金は完全に分別管理されており安全に保管されている!

*業界屈指のレバレッジ最大888倍、資金効率の高いトレードが可能!

*リクォート・注文拒否なし!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!

*ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMゼロ口座』の利用も可能!

*無料のFX売買シグナル情報の提供サービスあり!

FX業界No.1 の取引環境とボーナス制度!
最強のハイレバレッジ最大888倍!
確かなゼロカット制度がある!(追証ゼロサービス)

XM Trading(Trading Point (Seychelles)Limited)は多数の市場でビジネスを展開し、優れたFX業者としての地位を確立しています。XM Tradingは、証券ディーラーのライセンスNo. SD010の下、セーシェル金融庁から金融ライセンスを得ており、信用力と優れた取引環境を備えていることから日本でも非常に人気が高い海外FX業者です。また、XM(Trading Point of Financial Instruments Limited)はキプロス証券取引委員会(CySEC)からライセンスを取得しており、全世界196ヶ国で展開、グローバルリーダーとして確固たる地位を築いています。

ロスカット水準20%、レバレッジ最大888倍、最低入金額5ドル、最少取引ロット10通貨~、信託保全も備わっており、スプレッドは決してトップクラスではないものの約定スピード・執行率はトップレベル、インターバンク直結のECN口座でのトレードが可能、ボーナス・キャンペーンの手厚さもナンバーワン、といったトレード環境面で総合力ナンバーワンです。

スイスフランショック、ギリシャショックや世界同時株安などでもゼロカットをしっかりと履行してトレーダーに追証を請求しなかった安心感、豊富なボーナス資金を多用できるので初心者でも不安なくトレードできること、国内FX口座で経験をお持ちの方が海外FX口座を併用する際にもっとも利用されているのが『XM Trading(XM トレーディング)』なので、迷ったらまずXM Tradingで口座開設することをおすすめします。

最大レバレッジ ドル/円(ゼロ口座)  サポート ボーナス
赤丸 三角 青丸 赤丸
888倍 2.0pips~(~0.4pips) 日本語対応 口座開設$30 初回入金100%など


number2

の新興海外FX業者 日本での人気急上昇の成長株!

TitanFX

総合評価89点

4.14点

* 「信託保全」を導入、トレーダーの資産が全額保護される

*注文執行率99.7%で安定した約定力

*ECN口座スプレッド0.0pips/0.0銭~は業界トップレベル(米ドル/円0.1pips~)

*両建てトレード、スキャルピングもOK

トップ水準の低スプレッド!
ナショナルオーストラリア銀行信託口座での信託保全!
高水準の約定力、安定したトレード環境!

TitanFXは、2014年設立、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)から金融サービス業の認可を得ています。日本での人気が急上昇中で、今後大きな成長が期待できる海外FX業者です。

業界トップクラスの「優れた約定力」と「有利なスプレッド」を武器に日本での知名度と人気が上昇しています。

ECNを北米・アジア・シンガポールの金融データセンター内に配置、また、金融インフラ世界最大の「エクイニクス社(EQUINIX)」のコロケーションセンターを起用して高速の約定を実現しています。

また、50社以上の銀行およびリクイディティプロバイダーを通して最良のレートを確保できるので極めて狭いスプレッドも提供しています。

スタンダード口座(STP口座)のスプレッドは業界平均水準で全般的にリーズナブルです。
ブレード口座(ECN口座)の平均スプレッドは米ドル/円、ユーロ/ドルやユーロ/米ドルなどが0.1pipsと超低スプレッドで、ECN口座の取引手数料は片道3.5ドルと業界トップクラスの安さです。

ロスカット水準20%、最大レバレッジ500倍、最低入金額200ドル~といったトレード環境も売りとなっています。

預託金などの顧客資産はナショナルオーストラリア銀行の信託口座で信託保全されているので全額保護されるので安心して付き合える海外FX業者です。

最大レバレッジ ドル/円(ECN) サポート ボーナス
青丸 赤丸 赤丸 三角
500倍 1.0pips
(0.10pips)
日本語対応 なし


number3

抜群の取引環境!日本での人気拡大中の海外FX業者!

AXIORY

総合評価89点

4.24点

*スプレッドの低さは業界ナンバーワン!

*リアルタイムの平均スプレッド、最小スプレッド、最大スプレッドを開示、取引の透明性を重視している!

*提携リクイディティプロバイダー名を全て開示、取引の透明性を重視している!

*NDD方式、ECN方式の注文を採用しておりリクォート(約定拒否)が一切ない!

*トレーダーの資金は全額信託保全される!

*ECN口座(ナノスプレッド口座)の取引手数料は1ロット片道3ドルと安く業界トップクラス!

圧倒的な低スプレッド、高い約定力が強み!
顧客資金が全額返還される信託保全が導入されている!
確かなゼロカット制度がある!(追証ゼロサービス)

AXIORY(アキシオリー)は、2013年設立の新興FX会社ですが、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)とキプロス証券取引委員会(CySEC)からライセンスを取得しており、低スプレッドと高い約定力によって評価が高まっています。

業歴は決して長くありませんが、カスタマーサポート対応が良く、優れた約定力、最狭スプレッドレベルが売りです。リアルタイムの最少・平均・最大スプレッドやすべてのリクイディティプロバイダー(注文カバー先)をウェブ上で公表するなど情報公開に積極的で透明性を重視している業者です。

インターバンク直結のECN口座では片道3ドルと安く、米ドル・円やユーロ・米ドルの平均スプレッド0.2~0.3 pipsと合わせても0.8~0.9 pipsとかなり有利なトレードコストとなっています。

ランキング1位のXM(エックスエム)と同様、AXIORYもスイスフランショック、ギリシャショックや世界同時株安などでもゼロカットをしっかりと履行してトレーダーに追証を請求しておらず、サポート等の安心感とスプレッドを重視したい方にぴったりの海外FX業者です。

また、AXIORYでは信託保全が導入されているので、万が一のことがあっても顧客の資金は全額返還されるの安心できます。

最大レバレッジ ドル/円(ナノスプレッド口座) サポート ボーナス
青丸 赤丸 青丸 三角
400倍 1.3pips~(0.3pips~) 日本語対応


number4

レバレッジ1,000倍低スプレッドと手厚いボーナスなどが魅力の海外FX業者!

land-fx

総合評価88点

3.87点

*ハイレバレッジ最大1,000倍は業界最高水準!

*口座開設ボーナス(50ドル)、100%入金ボーナスは業界屈指の手厚さ!

*STP口座のスプレッドは標準をやや下回る程度だが、ECN口座のスプレッドの安さ、取引手数料は業界トップレベル!

*約定スピードは業界最高水準、高い約定力(100%、1秒以内99.45%)を誇っている!

*独自のマスターカードを提供、即時入金、取引利益もカードに出金可能、マスターカード提携ATMでの現金引き出し・ショッピングも可能!

*証拠金以上の損失が発生しない追証なしのゼロカットが導入されている!

レバレッジ最大1,000倍、ECN口座のスプレッドは業界最狭レベル、
豊富なボーナスや約定力など取引環境は業界トップクラス!

HotForex(ホットフォレックス)は2010年から営業展開しているHF Marketsグループの統一ブランドです。2013年には名だたるグローバル企業とともに世界を代表するファイナンス系企業としてWorld Finance 100に選出されておりグローバルレベルで高い評価を得ています。

HF Marketsグループは、HF Markets(Europe)Ltd、HF Markets(SV) LtdとHF Markets SA(PTY) Ltdの3社で構成されており、日本向けには2015年よりHF Markets(SV)がサービス提供を行っています。

HF Markets(SV)は日本では新興海外FX業者ですが、ヨーロッパや東南アジア地域では多くの利用者を抱えており、グローバルレベルでは知名度と人気の高い海外FX業者です。

HotForexはキプロス証券取引委員会(CySec)、セントビンセント・グレナディーン金融庁などから金融ライセンスを取得しており、レバレッジ最大1000倍、低スプレッド、口座開設ボーナスと100%入金ボーナスが用意されており、スプレッドは特にECN口座が安く業界トップレベルとなっています。

もちろんゼロカット(追証なしサービス)も導入されているので稼ぎやすい取引環境と安全性を備えている海外FX業者といえます。

豊富な口座タイプを揃えており、マイクロ口座では初回入金/最低入金額500円(5米ドル)、ドル円1.0pips(STP平均)~、レバレッジ最大1,000倍/ロスカット(ストップアウト)10%といった初心者から中上級者まで扱いやすいトレード環境を提供しています。

2017年からは仮想通貨FX(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュ)の提供も行っており、FX、CFD(金属、エネルギー)、株価指数取引などを一つの取引口座で行いながら管理することが可能です。

HF Markets(SV) が提供している取引システムは母体であるHF Markets(Europe)と同じであり、トレーダーとの利益相反取引にならない信頼性の高いNDD方式(ノー・ディーリング・デスク方式)が採用されています。

最大レバレッジ ドル/円(ECN) サポート ボーナス
青丸 赤丸 赤丸 赤丸
1,000倍 0.9pips
(0.2pips)
日本語対応 あり


number5

世界一のFXサービスの提供を目指し急成長中の海外FX業者!

TitanFX

総合評価88点

3.87点

*世界で最も厳格なFCA(英国金融行為監督機構)から金融ライセンスを取得しており、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)からも登録認可を得ており信頼性が高い

*FSCS(金融サービス補償機構)により顧客資金が5万ポンドまで補償される

*約定スピードは業界最高水準であり、ス安定した約定力に定評あり

*ライブ口座(STP口座)のスプレッドは業界平均より狭く、ECN口座スプレッド0.1pips/0.0銭(ドル/円)~は業界トップレベル

*入出金の利便性が非常に良く、出金時間約1時間のオンライン決済サービス、国内銀行振込入金(三井住友銀行口座経由の入金)、LAND-FXプリペイドカードでATMからいつでも出金が可能

最も厳格なFCA(英国金融行為監督機構)から金融ライセンスを保有!
約定力など取引環境でも業界トップクラス!
低スプレッドでも業界水準を上回っており、大口トレーダーからも人気が高い!

LAND-FXは2016年にそれまでのニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)からの許認可に加え世界で最も厳格なFCA(英国金融行為監督機構)から金融ライセンスを取得しており、急成長中の海外FX業者です。

LAND-FXの強みは、何と言っても約定力と低スプレッドが業界水準よりも優れている点です。
特に約定スピードは驚異的な平均0.179秒、最高スピード0.035秒は業界でも群を抜いています。また、スプレッドはライブ口座(STP口座)1.0pips/ECN口座0.0pips(ドル/円)など業界水準よりも優れています。

入出金サービスが充実しており、特に出金は独自のLAND-FXマスターカードを利用すれば世界中のATMからいつでも出金でき、マスターカード加盟店やオンラインでのショッピングにも利用できるので人気が高いです。

資金管理はFCA(英国金融行為監督機構)の金融ライセンスの規定に基づき分別管理を導入しており安心して付き合える海外FX業者であると言えます。

最大レバレッジ ドル/円(ECN) サポート ボーナス
青丸 赤丸 赤丸 赤丸
500倍 1.0pips
(0.10pips)
日本語対応 あり

 

Pin It このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。