【FXの基礎】 FX取引に必要なこと…

【FXの基礎】   FX取引に必要なこと…

FX取引で必要なこととは何かを問われると、何かと難しい知識めいたものが必要と思われがちです、例えば、~方法の~テクニックについてのノウハウ、のようなものです。

しかし、FXにおいても、ノウハウを学ぶ以前にハウツーレベルでまず知っておくべき重要なことがあると思います。

ここでは、FX取引を楽しんでいただくに当たって理解しておいてほしい4つのポイントをまとめてみます、すべてはこの4点が基本中の基本、取引の土台になるものです。

「なくなってもいいお金」を使う

あらゆる投資にはリスクが付き物であり、FXにもリスクはあります。

投資では大きく利益を上げられることもあれば、損失を出すこともあります。

ですから、平均して利益を維持するのには損失を抑える工夫が必要なのですが、

FX取引を行う際は、『全額無くなってしまっても生活に支障を来さない程度の資金で』行うべきです。

これは、あらゆる投資を行う上で大前提となることです。

また、『資金的余裕がまったくない』ような状況で投資に入っていくと、『精神的な余裕のなさが判断を誤らせる』ことが多いのです。

投資ルールを明確にして貫く

事前にルールを決めてから取引を行いましょう。

これは、裁量取引であっても、EAやシグナルを利用する自動売買であっても、一度決めたらよほどの理由がない限り必ずルールを守ることです。

例えば、ストップロスや利益確定の条件=ルールをエントリー時に設定したら、それを安易に変えてはならない、ということです。

相場が思惑以上に伸び、今以上に含み益が増えそうなとき、利益確定の設定水準を高くしたくなる誘惑に駆られても負けないことです。

そのまま伸び続けてくれればいいですが、裏目に出て相場が下がってしまえば『後の祭り』です、当初の設定とおりに利益確定しておけば良かった、なんてことが起こり得るからです。

したがって、色んな誘惑や不安が押し寄せてきても、事前に決めた投資ルールを貫き通すことをおすすめします。

利益確保は定期的に

FX取引に馴れてくると利益が出るようになってきます。

元手資金を上回る利益を出せるようになったら、こまめに元手資金を回収して利益額だけを残して運用を回していけるようになりましょう。

各取引ごとに利益確定を行う如く、取引口座の投資資金の回収を行わなければなりません、元手資金さえ回収してしまえば赤字に陥ることがないからです。

理想的には、自分が常に維持するポジションの水準を決めて、それにふさわしい資金量を口座に残して運用を回していくことをおすすめします。

投資資金に見合った取引サイズを

ハイレバレッジ取引は海外FXの大きな魅力の一つですが、投資資金と必要証拠金のバランスを考えないとFX取引を楽しめません。

たとえば、米ドル/円取引で、レバレッジ500倍で標準の1ロット10万通貨で取引するならば、1千万円の取引サイズに対して10万円くらいの投資資金があればある程度の余裕をもって取引を楽しめるはずです。

また、ほとんどの海外FX口座は1万通貨や1,000通貨から取引できるので取引サイズを低めにしながらもっと長く楽しむことも可能です。

上記のいずれも重要で、すべてはこの4点が取引の土台になるもので、次は、儲けを増やすためのルールについて見ていきましょう。

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中2人がこの投稿は役に立ったと言っています。
Pin It このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。